• イチャンコッペ山(828.7m)その2
    (「その1」から続きます。)あとひとのぼりです。見えるピークが山頂なら嬉しいのですが・・・。きれいに撤去された旧反射板ピーク(785m)に到着しました。右奥に見えるのがイチャンコッペ山。振り返って左手が紋別岳です。右が恵庭岳。正面に風不死岳が見えます。水分補給して、広く刈り払われた道を山頂へ向かいます。いったん少し下って上り返します。この付近で下ってくる人と随分スライドしました。上り返しが急坂に見え...
  • イチャンコッペ山(828.7m)
    今年はまだテントを背負っての縦走をしていないので、昔の仲間とニセコを歩く予定をしていましたがまたもや週末に台風崩れの低気圧が通過すると言うことで、あえなく中止に。土曜日も朝方こそパラついていたものの、その後降る気配もなく、早めの決断をちょっと後悔するもの既に時遅し。結局、親戚孝行することにして、日中はだらだらと過ごし、夕方に札幌の家に居候している姉と一緒に、父方の伯母と1年ぶりに食事をしました。翌...
  • 楓沢ピストン+樽前山外輪周回その5
    (「その4」から続きます。)ガスが上がってきました。西山に到着しました。思ったより風があります。三等三角点「樽前山」です。ソーラー付きの基準点のようですガスの合間から風不死岳が見えました。ここも風が強く寒いので、すぐに東山へ向かいます。ガスが少し薄くなりました。奥宮に到着しました。さらにさきへ進みます。ガスガスになってきました。東山手前のコブが見えました。手前コブを通過して、七合目ヒュッテとの分岐...
  • 楓沢ピストン+樽前山外輪周回その4
    (「その3」から続きます。)ペウレ峰(932峰)までもう少し。途中で樽前山を振り返ります。遠く白老ガローも見えました。ケルンが築かれたペウレ峰(932峰)に到着しました。文字が消えた古い山頂標識と、やや新しい932峰という標識です。樽前山もくっきりです。こちらは風不死岳です。支笏湖も見えました。30分ほど休憩して歩きだすと樽前山にガスが現れました。樽前山の外輪分岐への上りです。樽前山からペウレ峰(932峰)を経...
  • 楓沢ピストン+樽前山外輪周回その3
    (「その2」から続きます。)最後の巨岩と思ったら、上ったさきにもう少しありました。渡してある枯れ木を利用して、よじ登ります。巨岩のないひらけた沢になりました。また少しだけ巨岩が現れました。崩れた巨岩の間を通過します。今度こそ本当に最後の巨岩です。雨水に浸食された岩を進みます。二股に来ました。これをさらに右へ進むと風不死岳の登山口にたどり着けるようですが、私たちは左へ進みます。しっかりと踏み跡がつい...
  • 楓沢ピストン+樽前山外輪周回その2
    (「その1」から続きます。)再び苔むした神秘的な景色が続きます。狭まって大人一人が通過できる沢幅となりました。巨岩で砂がせき止められてできた段差です。(右端を通過します。)ここは正面を突破します。ここは枯れ木を利用してよじ登ります。体の柔らかい?Tさんは右端の隙間をくぐり抜けます。最大?の難関には倒木が何本も渡してあります。昨年より上りやすく手や足がかけられるようにいろいろ工夫してありました。あり...
  • 楓沢ピストン+樽前山外輪周回その1
    久しぶりにTさんから連絡があり、Tさんからのリクエストにより支笏湖の楓沢から樽前山の外輪を周回し、楓沢をピストンするというロングコースです。Tさんの足も心配なので本当は樽前山の七合目ヒュッテに下山できれば楽なのですが・・・。札幌を出発する時点では予報に反して雨もぱらついていましたが、現地へ向かうと、曇り空で気温も高くなく、まあまあの天気です。楓沢に架かる紋別橋の次の橋のところに駐車して出発です。約...
  • 横岳(様茶平)(999.1m)その2
    (「その1」から続きます。)コブに上がって、さらにすすみます。小さなコブがまた現れました。コブを過ぎるとなだらかな稜線が続きます。またコブが見えました。コブに上がると文字が消えた標識がありました。様茶内だったかな?さらにもう少しさきへ進みます。進んでいくと横岳(様茶平)のピークに到着しました。肉眼では標識とテープが見えました。山頂標識です。東側にさらにもう一つ標識がありました。支笏湖方面がひらけて...
  • 横岳(様茶平)(999.1m)その1
    厚別峰・小滝沢山周回の翌日、最近よく名を聞く様茶平(さまちゃんぺ)を歩きました。以前にMさんからリクエストがあったけれど、機会を逸していました。様茶平(さまちゃんぺ)という変わった名前ですが、アイヌ語の「サマッキ」=「横になる」という意味に由来しているようで、この山がかって千歳方向から見ると、その山容から横岳と呼ばれていたことを知り、いつか歩きたいなあと思っていました。数年前の台風で橋が流され、登...
  • 北丸山(295m)
    ペタヌ山の夜、平昌オリンピックのメダルラッシュの嬉しさにちょっと飲みすぎ、翌朝、積丹方面に向かうものの天気がいまいちで、あっさりと諦めて、赤井川で歩き残している北丸山を歩きました。この北丸山は昨年12月に同じ赤井川にある(旭丘)丸山とセットで歩くつもりでしたが、車が途中でスタックして断念した山でもあります。現地の除雪最終地点の道路が広く除雪されていたので、道路わきに駐車させてもらい、スノーシューで出...

プロフィール

管理人

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ