• (ときがわ町)愛宕山(183m)
    埼玉旅行最終日は、レンタカーで埼玉大宮まで走るのみ。また早起きして、ホテルの近くの山を散策しました。この日は車で10分弱のところにある愛宕山です。地図では道はありませんでしたが、ネットで調べると山頂に神社があり、参道があるようです。取付き地点を見つけられずに少しちょろちょろしましたが(汗)、何とか見つけて道路脇に停めて出発。道路脇にお地蔵さんがありました。神社の参道の入口です。参道を進みます。倒木は...
  • (越生市)弘法山(164m)
    埼玉で宿泊したホテルの周辺には道のある低山が沢山あったので、朝食前に歩こうと思い、朝5時に目を覚ますとまだ真っ暗で、二度寝して夜明けを待ちました。しかし6時を過ぎてもなかなか明るくならず、仕方なくうす暗い中ホテルを出発、5分くらいで目指す弘法山への参道入口周辺の空地に駐車しました。アスファルトの参道を進み、林を抜けます。明るくなってきましたが、まだ陽が差してこないので、写真がブレブレ。広い駐車場があ...
  • 泉ヶ岳(1172m)その3
    (「その2」から続きます。)かもしかコースです。表コースです。ゆっくり休憩しようと思いましたが、再び雨が落ちてきたので、やむなく下山です。強風は収まりましたが、朝の好天がウソのように雲が低くたれこめています。少し下ると、ケルンのある広場に出ました。山頂より眺望があるせいか、方位盤もありました。雲の下方はすっきり望めました。岩場を下っていきます。さいの河原の標識がありました。ずっと石の道が続いていま...
  • 泉ヶ岳(1172m)その2
    (「その1」から続きます。)少しの間、なだらかな道でした。すぐに石がゴロゴロとした上りになりました。雨は止みましたが、今にも降り出しそうな天気の中、誰とも会わず、黙々と上っていきます。上りに飽きた頃、ようやく緩やかになりました。北泉ヶ岳に到着しました。強風でした。三等三角点:浦泉です。船形山への縦走路です。休憩していると、トレランの夫婦が縦走路からやってきました。山頂からはすっかり雲に覆われ、眺望...
  • 泉ヶ岳(1172m)その1
    台風一過の朝、風はものすごく強いですが気温は高く、ぴーかんでした。船形山へ向かい、長い林道を車で走っていると、何と倒木が。細い倒木でしたが、完全に折れておらず、どうにもならず。違う登山口へ向かいましたが、そちらは林道が洗堀され、普通車では無理との現地の方の情報。なので、船形山は諦めて泉ヶ岳を歩くことにしました。広い駐車場に到着すると、沢山の車でした。泉ヶ岳は、現地の方には手軽で人気のある山のようで...
  • 秋田駒ヶ岳(1638m)~乳頭山(1478m)その10
    (「その9から続きます。)さらに下っていくと立派な橋がありました。対岸の斜面から温泉が湧いていました。道は林道になって歩きやすくなりました。さらにまた温泉が湧いていました。これは下流の温泉の源泉のようでした。真新しい砂防ダムです。工事中でした。黒湯温泉に到着です。ここまで長く感じました。でももう少し歩かねばなりません。こちらが黒湯温泉の正面のようです。黒湯温泉から対岸に渡り、孫六温泉の前を通過しま...
  • 秋田駒ヶ岳(1638m)~乳頭山(1478m)その9
    (「その8から続きます。)山頂標識はもう一つありました。正面には笊森山です。遙か彼方に?秋田駒ヶ岳。岩木山と雲海。これは鳥海山でしょうか?秋田側には地塘がありました。切り立っている岩手側も少しだけ望みます。鉾がありました。名残惜しいですが、下山です。少し下ると分岐がありました。若者たちは田代平山荘の方へ進んだようです。私は黒湯へ下ります。(後で確認したら、田代平へ向かう方が楽なようでした・・・・)...
  • 秋田駒ヶ岳(1638m)~乳頭山(1478m)その8
    (「その7から続きます。)分岐の標識です。分岐から乳頭山へ向かいます。小さなコブから乳頭山を望みます。烏帽子岳よりやはり乳頭山がいいですね。しかし岩手山は本当に近いです。あの稜線を歩いてみたいです。千沼ヶ原との分岐が再びありました。さきほどの分岐から千沼ヶ原を経由して来られるようで、ちょっと残念でした。乳頭山は正面に見えます。ちゃんとおっぱいに見えますね。左に地塘がありました。振り返るとどっしりと...
  • 秋田駒ヶ岳(1638m)~乳頭山(1478m)その7
    (「その6から続きます。)分岐にあった案内図。ここから笹森山経由で八合目までエスケープできます。休憩して、もうここでエスケープしてもいいかなと弱気になっていると、元気な若者4人がやってきて、ちょっとだけ休憩して、颯爽とさきへ進んでいきました。私も活を入れて、予定どおり乳頭山へ向かいました。下りになると、次の笊森山と左手に目指す乳頭山を望めました。木道になりました。熊見平の標識です。笊森山への上りに...
  • 秋田駒ヶ岳(1638m)~乳頭山(1478m)その6
    (「その5から続きます。)横岳でちょっと休憩して、焼森へ向かいます。小焼砂がありました。小焼砂はほどんど高低差がないので楽勝です。すぐにケルンのある焼森に到着しました。焼森の山頂標識です。振り返ると、男女岳、阿弥陀池、男岳、横岳を望めました。さきには、手前に湯森山(右)と笹森山(左)、奥に笊森山(右)と乳頭山(左)、そして一番奥に雲がかかった岩手山を望めました。、ケルンの反対側にはこんな標識ありま...

プロフィール

管理人

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ