• 春を背負って
    少し前に「春を背負って」を見てきました。監督は「劔岳 点の記」の木村さん。原作は奥多摩でしたが、映画は大汝休憩所を山小屋に仕立てた立山での長期ロケストーリーは、外資金融の花形トレーダーの息子・長嶺亨(松山ケンイチ)が、山小屋を経営していた父・勇夫(小林薫)の死を契機に、山小屋を継ぐことになりました。その山小屋で、ゴロさん(豊川悦治)や高澤愛(蒼井優)らと共に働き、生活し、絆を深め合っていく日常の情...
  • 永遠のゼロ
    この冬一番評判のよい「永遠のゼロ」を観てきました。この「永遠のゼロ」は零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを映画化した戦争ドラマです。祖母が亡くなったことで実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた孫の健太郎(三浦春馬)は興味を持った姉に引きずられるように実の祖父のことを調べることに。調べるにつれ、実の祖父は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったというのが分...
  • 「ザ・ファイター」&「大地の詩」(網走フィルムフェスティバル2011)
    映画館のない網走で映画に接する機会を増やそうとフィルムフェスティバルが開催されました。6本の映画が前売り1000円ですべて見ることができます。(レンタルDVDより安いです。)でも会場となったエコセンターのメインホールはスクリーンが小さいのが残念です。私がまず見たのが「ザ・ファイター」。アカデミー賞の助演男優・女優賞を独占したので興味がありました。面白かったのですが、最後が少しあっけなくて残念。もう一つ...
  • ブラックスワン
    レオンの頃の、ナタリー・ポートマンは好きだってけれど、その後、イマイチ。スターウォーズもでたけれど、ちょっと評価は微妙。そんなナタリーがオスカーを獲得した記念すべき映画です。ストーリーは、ニューヨークのバレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)。彼女は、踊りは完ぺきでまさに優等生。芸術監督トーマスは、花形だったベス(ウィノナ・ライダー)を降板させます。おお、その昔、結構気に入ってま...
  • 岳 みんなの山
    私も好きな漫画「岳 みんなの山」が映画化されましたので早速見てきました。最近の漫画の実写映画は、21世紀少年のように漫画のキャラに会うように俳優を選ぶ傾向。そういう意味では、巷に批判の多かった久美ちゃんを長澤まさみが演じるのは私はOK。野田正人の佐々木蔵之介、牧英紀の渡部篤郎もOK 谷村山荘のおばちゃんを演ずる市毛良枝は見事にはまってました。イマイチなのは三歩を演じた小栗旬とナオタかな?私としては小...
  • 太平洋の奇跡~FOXと呼ばれた男
    米軍にほとんど全滅(実際は自滅)させられ、完全に制圧された第二次大戦中のサイパン島。その中で北海道で言えば、藻岩山程度の山岳地帯のジャングルの中で1年半以上にも渡り、米軍に発見されず、米軍を翻弄し続けた竹之内豊扮する大場大尉率いる日本軍。何とその日本軍部隊は、一般住民を守りながら行動していたという。とても信じがたい予告編に興味を覚えて、予備知識もなく見て来ました。(しかも実話という。)でも予告編を...
  • トロン・レガシー
    予告編で見た映像がとても綺麗だったので気になって、少し前に見てきました。「アバター」をしのぐ「未来の新感覚3D」というのにも惹かれました。でも凄いという評判を聞かないから、意外とイマイチなのかなとも思いながら・・・。3D映画って私はメガネの上にメガネをかけなきゃいけないから結構つらいです。それに高い・・・2200円ってどう思いますか?ちなみに新IMAXシアターだから画面は大きく、音響も最高でしたが・・...
  • ベスト・キッド
    これまでジャッキー・チェンの出演した映画を幾つか見たけれど、あまり好きじゃないです。嫌いじゃないのですが、何かチャカチャカして、落ち着きないんですよね。そして主演がウィル・スミスの息子のジェイデン・スミス。ブレイクダンスがとても上手だそうですが、これって親の七光り?。そして内容もリメイクですから、何となく想像でき、それほど興味もわかずにいました。ある朝、何気なくめざましテレビを見ていたら、二人が出...
  • インセプション
    ディカプリオと渡辺謙が共演し、話題となっている「インセプション」見ました。面白い映画でしたが、非常に複雑でスピーディな展開、しかも難解。簡単に言えば映画「マトリックス」で侵入した虚構の世界から、さらにマトリックスの世界へ入り込むようなもの。話もころころと現実の話が混じって、どれが本当?と考え込むこと数度。見に行く場合は、ストーリーを少し勉強した方が数倍楽しめると思います。ネタバレしない?程度にスト...
  • 借りぐらしのアリエッティ
    久しぶりにジブリ・アニメを見ました。久しぶりと行っても「崖の上のポニョ」「ゲド戦記」を見てないだけで「ハウル」以来ですが。今回は英国の作家メアリー・ノートンの「床下の小人たち」が題材にして作られたもの。こういう小人のファンタジーというのは子どもの頃から好きです。ストーリーは簡単。古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものは、すべてその家から借りてくる。初めて聞く言葉「借りぐらし」の小人たちという設...

プロフィール

管理人

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ