JA11の記事 (1/1)

ついに別れの時。。。





今回は釣り記事ではありませんので悪しからず。。。







この記事を書こうか書くまいか、悩みましたが・・・








ついに、先日・・・・

我が愛車ジムニーJA11が、18年 370000キロに及ぶ旅を終える事となりました。。







ブログ記事に書くような事かどうか解りませんが・・・

晩年は結構色々な方からも「青い彗星?」なんて愛称で親しまれ??(笑) ていましたので、


やはり書いておく事にしました。。







私の回想記事なので、面白くは無いですよ。(笑)



PCに入っていた画像を漁りましたが、思っていたより愛車の画像は撮ってませんでしたね。(^^;



















青い彗星と呼ばれていましたが、元々は白い彗星でした。(笑)

青くなったのはラスト5年位ですかね?


ジムニーに乗り始めた当初は、仕事上車がどうしても必要だったため購入しましたが・・・

当時の私は単車乗りだった為、車に愛着は全く持っていませんでした。


単車に感じるような「相棒感」は車には得られない。。。こんな事を考えていたと思います。





その後仕事を変え、派遣の仕事をするようになると単車を持ち歩く事が不可能になり

車のみで移動していく事になります。



































愛車が写っている画像を色々貼ってみる。(笑)





仕事先が決まれば、荷物を送り車で移動。

そして期間終了すれば、また次の土地へ。。


仕事と仕事の合間は家がない為、基本的に車中泊で過ごします。。。

最長2ヶ月間ジムニーで暮らした事もありましたね。(笑)


















結構一緒に船も乗ったなぁ。。































そうして・・・色々な場所を走り回っている内に、いつの間にか掛け替えのない相棒になってましたねぇ。。




疲れ果てて、運転しなくてはならない時も・・・「頼むぜ、相棒。。」とステアリングを握れば、

「任せとけ。。。」 と答えてくれている気がしてました。(笑)(笑)





































もともと林道が好きだった事もあり、林道見つけたらゴソゴソ入っていき、随分と無理もさせました。

途中でスタックして痛い目見た事も数知れず。。。(ーー;)





















奥さんと丁度出会った頃に買ったので、2人の歴史ずっと一緒に過ごしてきたことにもなりますね。。


奥さんともホントに色んな所に行きましたね~。

上の不思議画像は、愛車ボンネットを「花火特等席」にしてた時のやつですね。(笑)






















この頃から青くなってます。(笑)

エンジンも換装して、新生ジムニーになってますね♪






















それでもやっぱり、故障・修理のイタチごっこ。。

そして遠出して車載工具しかない時に大体壊れるあるある。。(笑)

画像は鳥取の実家ですね。(^^;





JA11は最高の車だと今でも思うけど、ちょっと人にはお勧め出来ない。(笑)























ジムニー乗りは冬が大好き♪







だけど今年の冬は厳しかった・・・(^_^;)


もう塞ぎようが無い程穴のあいたボディは、濡れた路面走ると足元ビシャビシャになるし、

更にそれが凍ってスケートリンクみたいになるし、

吹雪の日は何故か車内に雪降ってるし。(笑)



そんなもん、全部「味だ!!」・・・と、本当はまだまだ乗っていたい気持ちはありましたが・・・

既にフレームも限界が来ていて、もう安全に乗ることが出来なくなった以上。。。




遂に旅を終える決意をしました。





総走行距離370000キロ

気がつけば埼玉・茨木・沖縄、この三県以外でコイツと走ったことのない県は無くなってた。


随分走ったもんだなぁ。。

























ラストラン・・・最後の勇姿。。















流石に前日、車の荷物を片付けている時は少し泣けた。。








ホント・・・


コイツのフロントガラスから、どれだけの景色を眺めてきたんだろう。

どれだけの夜を共に過ごしただろう。




コイツに乗って、どれだけの人に出会い、どれだけの人と別れて来たんだろう。


このハンドルを握り、どれだけ笑ってどれだけ泣いてきただろう。。




この小さなボディに溢れんばかりの好奇心を詰め込んで、どんだけ走り回ってきただろう。。。






とても語り尽くせない、言葉には出来ない程の思い出を、


本当に・・・本当にありがとう。。。


ありがとう。。。ありがとう。。。。。。























現在は新たな相棒となる車に乗っていますが・・・

今後は今までの様に車の公表はしない事にします。


まぁ、公表しても今までみたいに目立つ車ではないので私の特定は出来ないとは思いますが。(笑)


ブログ記事でポイント等を解らない様にしても、車で解るって事が今までちょっと問題だったので。(^^;




新たな車でも沢山思い出作れると良いなぁ。。。







スポンサーサイト

やっと愛車が帰ってきた(^^)!

 
平成24年7月9日
 
 
 
 
 
エンジン換装をしてもらっていた愛車JA11が、遂に帰ってきました(^^)!!
 
 
 
 

 
ファイターさんのクラフトマン660が収まっています
 
ついでにヒーターホース、バキュームホース、ファンベルトも交換してもらってます
 
 
 
 
 
 
 

 
夏タイヤも今回新調しまして…マキシス クリーピークローラーにホイールはノースリバーⅢです
 
 
 
 
 
 
 

 
釣り道具も積み込んだし、これでどこの釣り場でも心置きなく行けます(^_^)
 
まだ慣らし中ですが、今のところ調子良く回ってくれています
 
今回のエンジンも20万㌔位走ってほしいなぁ・・・
 
 
 

ジムニー JA11 エンジン換装

 
平成24年6月26日
 
 

 
私の相棒ジムニー君とも、随分と長い付き合いになっています
 
今までもあちこち起こるトラブルを何度も乗り越えてきましたが
 
エンジンだけは大きなトラブルもなく回り続けてくれていました
 
そのエンジンも走行距離230000㌔を超え、オイル上がり・下がり?どっちもか・・・
 
オイル交換後、3000㌔でオイルがスッカラカンになります(T_T)
 
今回、車検に出していたついでに・・・
 
この際、いつかはやらねば・・・と思っていたエンジン換装に踏み切ります!!
 
 
 
 
普通の安いリビルトを探すという手も考えましたが・・・
 
どうせやるなら以前から憧れていた、ファイターエンジニアリングさんにエンジンを制作依頼することに
 
さらに折角なので・・・ノーマルリビルトでは無く、ハイブースト仕様にしちゃいました
 
 
ファイターエンジニアリングHPより
クラフトマン660
メタルヘッドガスケット+ポート研磨+(秘)作業を施し、ハイブースト(ブースト圧1.2kg/m対応)仕様のエンジン
 
 
 
 
そして・・・2週間待ちまして・・・
 
 
 
 
ついに、newエンジンが到着しました!!
 
 
 
 

 

 

 
 
ファイターさんのHPでは普通にシルバーヘッドの画像でしたが
 
なんとブルーヘッドです
 
11乗りの方ならご存知でしょうが、初期F6Aはレッドヘッド、後期はシルバーヘッドでした
 
私的には後期シルバーヘッドへの憧れもありましたが・・・
 
 
ブルーヘッド・・・
 
 
めちゃくちゃカッコいいです!
 
カスタム感ありありです!!
 
 
 
 
 
 
 
そして、忘れてはいけないのが・・・
 

 
今までのエンジン!
 
いつでも気持ちよく回ってくれました
 
ホントに長い間お疲れ様、そして有り難う(T_T)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
車検にも手間取った事もあり、トータルで1ヶ月愛車から離れて暮らしています
 
はやくジムニーで走りた~~~い!!
 
 
 

ショックなショック

 
最近、愛車ジムニーJA11のリアサスがどうもおかしいです
 
林道走行などで大きめのギャップで跳ねた際、明らかに底付きしている様子・・・
 
いつものショップに立ち寄った際、チェックしてみると
 
ショックからオイル漏れが・・・(T_T)
 

 

 
右のリアショックが完全にオイル漏れしています
 
しかもっ!まだ交換して半年しか経っていません(>_<)
(といっても、半年で走行距離は15000㌔オーバーしています)
 
 
 
モンローは柔らかく乗り心地は良いんだけど、柔らか過ぎるのかなぁ~
 
恐らく最大の原因は・・・積載重量が多い事・・?だと思われます
 
私の場合、クロカン走行をしたりレースを走っている訳ではありません
 
メインカー&釣り使用なのですが、常時かなりの荷物を積んで走っています
 

 
こうしてみても、リアが沈んでいるのが分かります
 
半年前に同時にAPIOの「やわらちゃん」を組んでいますが、このリーフの柔らかさも原因かな?
 
 
 
新たに固いリーフを導入する余裕はありませんので、ショックを固く、高圧ガスショックに変更することにします
 
プロコンプ ES9000

(説明文)
プロコンプ ES9000は窒素ガスを高圧で封入し、特に重い車や積載重量の多い車の為に開発されました。低速では柔らかく、高速になるほど硬くなるプログレッシブ型を代表するショックですので、オン/オフを問わず活躍します。
 
はい、最高の謳い文句です
 
 
あと、リアの沈みに対して、タニグチの50mmロング3段シャックルを導入します
 
本来シャックルで車高を上げるのは非常に邪道ですが・・・
 
この組み合わせで入れている方も結構おられますし、取り敢えず入れてみます
 
(写真のシャックルは間違って届いた25mmロングです・・・返品再発送待ちです)
 
 
 
 
取り付け完了♪
 

 

 
30分もあれば十分交換可能です
 
ES9000はボディーが太いので心配していましたが、問題なく装着出来ましたね
 
 
 
装着後は、さすがに突き上げ感が結構ありますが、良い感じの固さです
 
私の場合はこれぐらいでないと駄目ですね
 
 
 
 
 
外したショック

 
完全にご臨終です、押しても戻って来ません
 
ついでに左のリアショックも少しオイルが漏れてました・・・(ーー;)
 
 

JA11 シャフトシール交換

 
平成24年2月13日
 
 
先日、11のドラムブレーキのチェックをしていたら、シャフトシールのオイル漏れが発覚!
 
今日行きつけのショップでシール交換してもらいました。
 
 
 
 
 

 
オイルが漏れてブレーキパッドにも付着しています。
 
 
 
 
 

 
シャフトを抜いたら・・(初めて見ました)
 
 
 
 
 
 

 
オイルシールが見えます。
 
 
 
 
 

 
新品のオイルシール♪
 
あとは組み付けて、ブレーキのエア抜きをしてもらい・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 

完成♪
 
ホント、社長さんいつもお世話になります。
 
 
 
これでまたガンガン走れます。