カラフトマスの記事 (1/1)

知床 カラフトマス釣行(その2)




前回からの続きです。。。





10日  2:30起床。。


出船する漁港に3:30集合なので、ボチボチ準備始めます。


タックルトラブルで釣りが出来なくなるのは最悪なので、

メインタックルの他に元々使おうと思っていたややハードなタックルと2セット持ち込みます。


民家もない自然の中に行くので、熊鈴とスプレーも装備していきます。






漁港到着して、船長に船代を支払います。

すると・・・

「なんか魚少なくなっちゃったから、余り釣れないと思うけどね~♪」

と・・・なんか悲しいアドバイス。。



ま・まぁ・・・魚が数欲しい訳じゃないしね。。(^_^;)


オーライです(笑)



私の他にお客さんは5名。

時間通りの3:30には出船。。。










朝マズメの海を疾走していきます。

今回は「滝の下」直行と言う事で、時間的には20~30分位?の乗船時間でしょうか?


到着時にはかなり明るいので、もうちょっと早くてもいい気もしますけどね。。








現地到着し船着場で下船。

船着場周辺には番屋がいくつか建っていますね。



そこからポイントに向かって歩いていきます。









ポイントの後ろには綺麗な滝が見えます。

これが「滝の下」の由来ですかね。。











皆さん思い思いのポイントに入っていきます。

このポイントは網の左側が最近良いポイントみたいなので、私もそちらの湾洞へ入ります。











開始しますが・・・反応ありませんねぇ~


思わず船長の言葉が頭をよぎりますが・・・(笑)




早々にその場所は見切り、網の右側にある磯場に移動します。。







程なくして・・・







コツンッ!!







カラフトはリトリーブスピードが遅いのもありますが、アタリも「コツン」や「モソッ」としたものが多いですね。

やさしいアタリからアワセをくれてやると、もの凄い勢いで走り出します。



磯場の岩の上で釣っているので、根も多くやりとりもスリリングです。

こりゃ、タモもいるでしょ!!

1人ツッコミを入れながらやりとり。。。




で・・・













いや~。。

やっぱ強いわ(笑)

楽しい。楽しい。。。♪













続いて・・・






2本目





目がカワイイ(笑)





尾鰭の斑点が特徴的ですね。

今まで売ってるのしか見てこなかったので、何とも思いませんでしたが

この尾鰭が非常に美しくカッコイイです。









その後も・・・







3本目  初のオスです。

サイズはこれまでと同様の55cm前後ですが、鼻先がややとんがってますね。

これより若い銀毛だと、オスメスの区別はどうやってつけるのだろう??














4本目 メスです。














で、次のヒット。。。




ヒットした途端に、今までと同じ魚か?と思うほどの強烈ファイト!!

やばい、やばい!!



多分根に潜る魚では無いと思いますが、根の周囲を走り回るのでラインが擦れない様に慎重にやり取り。。

ドラグは14ポンドでほぼMAXに近いと思われる設定。

MAX20gのロッドなので、バットどころかグリップまで曲がるほどフルベンド。。。



き・・・気持ちいいっ!!!(笑)






で・・・無事ランディング。。。(いや~タモいるわ~~(^_^;) )











比較物ないので、大きさ分かりにくいですね(笑)

素晴らしいナイスファイトでした♪





まだまだ銀毛ですが、イカツイ顔になってきてますね。

カッコイイです♪












十分に満足です。(^-^)

こんな世界遺産の中で釣りが出来て、カッチョイイ魚が釣れる。。

渡船代金はややお高いですが、これは来てよかったな~~♪



まだ時間は1時間以上ありますが、これ以上は持ち帰れなくなりますし・・・

あとはリリース予定で、魚を片付けます。

ここにもカミワザの「フィッシュキャリーバック」を持ち込みましたが、マジで大活躍(笑)






私は皆と少し離れた場所で釣っていたので、魚を片付けたら皆が釣りしている番屋方面に向います。





私ももう少し釣りしようかな。。と荷物を置いて準備していると・・・・


番屋方向から何か歩いてきます。。








?????








!!!!!!!!!!!!!!!!








うわっ!!親爺さんだ!!!!










釣りしている皆に叫びます!!

「お~~い!!!   熊っ!! 熊っっ!!!」





皆も気づいて急いで逃げる準備!

1人の方はヒット中で、急いで取り込み魚をそこらに放り投げます。




親爺さんも余程目的がハッキリしているのでしょう。

爆竹、笛、熊鈴・・・何鳴らしても怯みません。



まぁ人の姿見て、近づいてくるので今更音鳴らしても関係ないでしょうが・・・




取り敢えず熊から離れた方へと少しずつ逃げますが、まぁ逃げる場所もありません。





親爺さんは悠々と釣った魚が置いてある場所へ行くと、ガサガサ物色しています。








その内に、先ほど釣り上げられた活きの良いカラフトがあるのを発見すると

その魚を咥えて山へ帰って行きました。(^^;







我々は熊に気付いた船長が臨時で岸につけてくれたので、そこから船へ避難。。

置きっぱなしの荷物は、そこに船をつけて貰って回収出来ました。


終了時間も迫っていましたし、魚食べ終わった親爺さんが再び来ることを考えてここで終了。。




いやぁ・・・親爺さん出たのが終了間際で良かった(笑)

余りに怯まずに近づいて来るので、遂にカウンターアソールトを喰らわせる日が来るのか??

と本気で思いましたが、使う事が無くて良かった。。

あんなもん気の毒過ぎますからね(^^;)









最後ちょっとトラブルありましたが最高でした。。












ありがとう。。。











さて、漁港へ戻ってもまだ昼前です。。

当然の様にまた釣りを始めますが、ここである事に気付きます。。




もう3日間ほど風呂入ってないな。。

私は風呂がキライなので、風呂に入る時間があれば釣りしていたいですが・・・

毎日汗だくで釣りしてますし・・・


まぁ、ここは良識ある大人としては風呂くらい入らなければお隣の釣り人さんに申し訳ないな。。。

と言う事で、日中の内に風呂に行きます。



ついでに食料の買い出しと、移動ついでに夕マズメはウトロ側でやってみます。



で・・・



夕マズメはウトロ側に行きますが・・・

ダメですね。。魚居ない。。。

朝はどうだか分かりませんが、やってる人数多いのに誰も釣れてないし。

気配もなし。。


18:30には納竿。。。




11日の朝マズメだけやって帰る予定ですが、ラストも羅臼でやっていくとこにします。

今回毎晩お世話になっている空き地へ行き、車中泊。。。










11日 3:00起床。。


ここなら居るだろう!と思っていたポイントで1番乗りで待機。。

今回のカラフト釣行の集大成とも言えるメソッドで挑みます。







が・・・・・






なんてこったいっ!!!


魚が居ない!!!(多分。。)





今回初チャレンジではありますが、私が感じた事。。

カラフトは兎に角朝マズメが大事。

群れの回遊待ちをするより、足で群れを探した方が早い。





急遽ランガンに変更!!




2箇所入りますが、イマイチ気配がない。。



3箇所目。。


ここも群れがいる事は前日に確認していますが、ちょっと好みでないポイントだったので後回しにしていました。



行ってみると、デカイ群れがいます。

しかも回遊せずに群れてますね。



テトラの上からの釣りなので、サイトで狙えます。

時間は既に厳しい感じではありますが・・・









何とかヒット!!!








朝一外しましたが、何とか1本獲れました。(^^;



この後も目の前に群れはいるので、色々試してみます。

ピーカンの日中になると、ホントに喰いませんね。

サイトで見ていてもルアーを避けて泳いでいます。



たまに口を使いますが、本当にショートバイト。

獲れませんでしたが、バラシも数回。



ちょっと新発見だったのは、今回1度も投げる事が無かった18gのスプーン。

これ、逆にアリなんじゃ?と思って投げてみると・・・

続けて2回ヒットしたこと。


1本は食いが浅くてバレましたが、1本はバッチリフッキング。

が、テトラに擦れてラインブレイク。。(>_<)

流石にテトラからの釣りだと7フィートの弱点が露呈しますね。




食いが渋くなるとルアーを小さく小さく、遅く遅く、と考えがちですが

群れの中には色んな性格の魚がいて、どんなサイズ・カラーにスイッチが入るのかは分からないと言う事。

つまり、兎に角ルアーローテが大事ですね。


10:00には納竿。。。






いや~~!!知床カラフト釣行楽しかった!!!(^-^)

年に1回しか来れないでしょうが、来年も来たいな~~♪









帰りは標津~中標津~釧路~広尾経由で帰りましたが、こっちの方が近かった(笑)

距離も然ることながら、道路が良い。。

日中でも6時間ちょっとで帰ることが出来ました。

今回の遠征距離1150キロ。

帰りのルートで羅臼側でしか釣りしないなら900キロ以内で行けそう。










帰ってから・・・






一番デカかったオスは





クーラー入ってて曲がってますが、それでも65cm。

多分釣ったばかりでは67cm位はあったのかな?重さも測ってみれば良かった(^^;


同サイズだと、メスでサクラと同じ位。

オスは恐らくサクラより強いです。

それでこのサイズ・・・

ホントに素晴らしいファイターです。



勿論これよりデカいのも居るんですよね??





やはりタックルバランスは難しいですね。。

今回のロッドでも勿論獲れますが、混み合っているポイントだと結構周りに迷惑掛かるかも。。


そう考えると、混み合うポイントではシーバスロッドでウキルアー、ヒットしたら多少強引にランディング。。

こんな釣りがベストなのかも知れない。。


でもやっぱルアーマンとしてはルアー単体で釣りたい欲がある。

トゥイッチやリフト&フォール等のアクションにも結構好反応なので、

アクションで食わせられるのは大きな魅力。。









来年はどうやって狙おうかなぁ・・・(笑)


また行きます!(^-^)





宜しければポチッと応援お願いします



スポンサーサイト

知床 カラフトマス釣行(その1)



平成27年8月8日~11日






今回特に希望していたわけでも無いのに、突然5連休になりました(^_^;)


何の予定もしていませんでしたが・・・

折角なので、いつか行きたいと思っていた知床カラフト釣行に行くことにしました。。

カラフトマス初挑戦ですね♪




事前準備もしていませんでしたので、急遽スプーンを何個か追加購入。

スプーンは元々幾つか持っていますが、普段頻繁には使いませんので10g・14g・18gを補充します。

小さな5g・7g程度のスプーンは手持ちの物を使用。


想定していたタックルとしては・・・

レアニウム2500SにPE0.8号、リーダーはナイロン14ポンド

ロッドは9フィートMAX35gのラブラックスAGSを準備しました。


それにしても、カラフト釣りは狙い方が多様で、何をどう準備すれば良いか悩みましたね(汗)

ルアー単体?フロート付き?ウキルアー?ライトタックル?  ウキフカセ・・・は私は除外。。。


因みに上記タックルは私にはイマイチでした。(勿論これでも釣れますが・・・)






では本編。。




7日の深夜に張り切って出発しましたが、ちょっと疲れていたのもあり途中何度も仮眠・・・

行きは網走経由でウトロ側を目指します。


網走到着が8日の朝。。網走の釣具店にて新たにPE0.8号を購入、巻き直して貰います。



そのままのんびりドライブしながら昼前にはウトロ到着。。






が・・・着いてびっくり。。人・人・人!!!


まさかこんな観光地だったとは・・・(ーー;)


まぁ、土曜日・盆前・夏休み・世界遺産ですから、多少の覚悟はしていましたが・・・

これほどですか。。(汗)



ウトロの釣り場も覗きましたが、何かあんまりポイント多くありませんね??

こりゃ有名ポイントに集中する訳だ。

真昼間で釣れてる気配もなく、人も多いので早々にウトロを後にします。。









峠を越えて、羅臼側。。。









展望台からの羅臼漁港

ここから知床半島先端に向かいながらポイント探していきます。

初めて来る知床ですし、休みも沢山あるのでゆっくり下見します(笑)





今回私は何の情報も持たずに来ていますが、毎年良く耳にしていたのはウトロ周辺の名前だった気がします。

羅臼側はあまり耳慣れた地名はありませんが、ウトロ側に比べてポイントが多数ある印象です。。

まぁ、魚がいるかどうかは知りませんが(笑)

羅臼側も河口規制がある河川が2箇所程あるようなので、そこは注意が必要ですね。



良さそうなポイントを見つけたら・・・

駐車スペース・釣り場の立ち位置・網の入り方等を観察しながら下見していきます。






そうこうしている内に夕方・・・


結構風と波が高いのでサーフでの釣りは厳しい印象。濁ってますし。。。

夕マズメは竿を出そうと思っていたので、漁港でやってみることにします。

ルアーの動きも確認出来ますし、漁港は色々試すには良いですよね♪

ここはどうやら有名な漁港みたいですね。。釣り人も沢山おられます。




買ってきたルアー単体の動きや、フロートを付けた時のリトリーブスピード等を確認してみます。

漁港内ではルアー単体の釣り人は極わずかで、殆どがウキルアーかウキフカセですね。




この日の夕マズメ、私は残念ながらヒットなし。

魚は居るようで、2本釣れているのを見ました。


19:00には納竿して、車中泊。。

波も高めなので、朝マズメは漁港でやろうと眠りにつきます。






9日朝。。。ちょっと寝坊して4:00・・・

昨日の漁港に行ってみると・・・もの凄い車の数!!??



日曜日ではありますが・・・舐めてました(^^;

港内にも立つ場所無いくらい既に釣り人が・・・





こりゃダメだ・・・



と、昨日下見していたサーフへ。。




思ったより波が落ちていて、サーフでも十分釣りになりますね。

既に1級ポイントは空いてませんが、少し離れた場所で開始します。






・・・・


・・・・・・・


・・・・・・・・・・・




釣れない・・・(ーー;)






他の人釣ってるのに、釣れない。。。(汗)



立ち位置移動しても釣れない。。。





でもよく見ると、同じ2人組ばかりが掛けてる??


朝マズメ終わっても、その2人組は釣ります。。


どうやら5~7g程度のスプーンを使っている感じ。

ロッドもライトで、まるで管釣りで釣りしてるみたい。。。。




なるほどな~~。。

あんなバランスもありなんだなぁ・・・



私も小さなスプーンは持っていますが、流石に9フィートMAX35gのロッドでは5gを使う気にはなれません。。

自分の思っていたスタイルで貫きましたが、結局釣果を得ることが出来ず撃沈。。(ーー;)




移動します。



悔しい・・・ですが、エエもん見せて貰いました♪





私のスタイルも間違いでは無いと思いますが、ああゆう釣りの方が有効なのかな。。。


で・・・



ロッド変更。。。




たまたま積んでいた、7フィートMAX20gのトラウトロッドでいきます。

このロッドも珍しいパワークラスですが、日高の小さな河川で大きなトラウトを狙うために購入していた物です。



それに伴い、メインルアーを5g・7gでいきます。(もっと買っときゃ良かった(汗) )


















サーフと書いていますが、基本ゴロタ場です。

砂は殆ど無いので、ゴロタポイントが多いですね。








ランガンしながら、夕マズメ。。



誰も釣り人が居ないインレットポイント。。





ゴンッ!!!!







うおっ!!キタ!!!






ライトタックルとは言え・・・強い!!

なる程、これがカラフトか!!
















ありがとう御座います(^-^)

初カラフトマス♪ メスですね。。








ヒットルアーは5g、ブルー系のスプーン


そうか~~。。

これで来ちゃうのか~~~(^_^;)

悩む魚種ですね~~(笑)



取り敢えず効果も確認出来ましたし、釣っていてもルアー単体は楽しいのでバランスはこれでいきます。。





夕マズメにも2本掛けましたが、2本ともバラし・・・(^_^;)

うち1本は恐らく良型のオスで、素晴らしいファイトでした。。



19:00には納竿。。








さて、何となくコツも掴めてきた感じがしますし、この周辺でも魚は釣れますが・・・

折角知床に来たので、車でアプローチ出来ない半島先端周辺に磯渡し・・・コイツがやってみたいですね。。


渡船屋さんに連絡を入れると、明日でも大丈夫との返答。



10日は磯渡しで「滝の下」と言われるポイントへ行きます。

ワクワクしながら車中泊。。

明日は釣れるかな~~~♪







長くなったので(その2)へ続きます。。









宜しければポチッと応援お願いします