• かなやま湖 わかさぎ釣行
     平成24年1月31日  なんか、かなやま湖とホロカヤントー、交互に行ってる気がするなぁ 実は・・両湖ともに我が家からは150キロ程度、雪道だと3時間ほどかかるため 毎回同じ道路を通るのは飽きるのです・・   というわけで、今日はかなやま湖です あと、かなやま湖は減水の為、かなり水位が下がってきているはず・・ シーズン初期のポイントでは、今頃が爆釣期なのでは・・・と...
  • 豊見山(579m)
    ここ7年ほど元旦に藻岩山を初日の出を拝みに歩いています。そのため年始めの山は本当は藻岩山なのですが、いつも2日以降に歩く山を最初の山としています。今年はどこへ行くか迷いましたが、まだ雪が柔らかくラッセルが辛いので近場の山へ。(本当に根性なしですね!)目指すのは年始めの縁起が良さそう?な「南区の富士山」こと「藤野富士」へ。勇んで向かいましたが、何と登山口となる藤野霊園は10日まで閉鎖でした(残念)。さ...
  • 寿司ダイニングKIYOMASA(網走市)
    財布の中身がスカスカなので普段は安い居酒屋しか行きません。(というか行けません。)網走では高級居酒屋と言われる「寿司ダイニングKIYOMASA」へ行くことが出来ました。店内は薄暗く不思議な空間というか個室が連なっていました。メニューです。まずはいつもの通りビールです。(暗いせいか?ピンボケでした。)唐揚げです。枝豆。手作り寄せ豆腐。ブリのかま焼き。アサリの酒蒸し。野菜と海鮮天ぷら。小海老の唐揚げ。〆はにぎ...
  • エゾコゲラ
    年末に札幌連山(三角山~奥三角山)を歩いた時に大倉山手前で「ギィーギィー」と鳴き声が。声が聞こえる方をジッと見るといましたいましたエゾコゲラが。木をコツコツと削っています。よく見かけるのですが小さいので、普段持ち歩いているコンデジではなかなか撮せません。鳥や小動物を撮そうと購入した20倍のコンデジは重いので最近は旅行や動物園専用化してます。コゲラってどのくらいの大きさなのか図鑑を見たら約15cm。思った...
  • 中華料理/審陽飯店(北見市)
    仕事で北見に行き、ランチは中華料理に。街中にある北見ビアソンホテルの1階の審陽飯店へ。入った時は少なかった店内も帰る頃には満席です。人気のある店のようです。メニューです。定食もお手頃ですね。中華弁当(950円)を注文しました。ふたのあるオシャレな器でやってきました。ふたを取るとじゃーん、ボリューム満点です。ザーサイ、唐揚げ、春巻き、サラダ、小さい器はキクラゲ(だったはず)。ナスと豚肉の炒め物。エビチ...
  • 阿部山(703m)その2
    (「その1」から少しだけ続きます。)ピークが近づいてきました。上がるとニセピークでまだ先がありました。木を除けながら進みます。この辺まで来ると膝下位のラッセルです。平らな山頂部に到着。標識のある奥へ進みます。少なくなってきた峰風さんの山頂標識が残っていました。この標識と会えるのが楽しみでしたが最近ははずされ、寂しいものですね。平和の滝から登ってきたと思われるラッセルがありました。山頂で食事休憩して...
  • 阿部山(703m)その1
    6月に網走に転勤して山が近くなったせいか、歩いた日数は増えました。2011年の最後の山は阿部山でした。2年前にこの時期に挑戦したのですが橋を渡れず、川に落ちて撤退しました。今年は砂防ダムの工事を行っているという情報をHYMLにて知っていたのであえて挑戦。一応念のため、平和の滝の墓地の手前に車を止め、スノーハイクで出発。林道入口に来るとパワーショベルが道をふさいでいました。この日は車が3台止まっていまし...
  • れすとらんチコリ(紋別市)
    もうかなり前になりましたが、昨年の初秋に仕事の関係で雄武町の葬儀に参列し、挨拶する機会がありました。その葬儀に昔紋別市に勤務していた頃の友人も参列していて、遅い昼食をを食べながら昔話に花を咲かせました。場所は渚滑地区にある「れすとらんチコリ」国道沿いにあり、手書きの看板が目立ちます。私のいた頃はありませんでした。時間も時間なのでお店は空いていました。メニューも手書きでした。赤井川カツ飯(830円)を注...
  • 札幌連山(三角山~奥三角山)その2
    (「その1」から少しだけ続きます。)林道の分岐に出ると除雪がされていて、思わずラッキーと声がでました。左に折れ、盤渓方面へ向かいます。でも除雪はすぐに終了。工事車両のための除雪でした。残念。雪が中途半端に柔らかく、膝上までのラッセルで徐々に体力を消耗。盤渓まで0.8キロまでの標識時点でくじけそうになりました。それでも何とか進んで広いところにでました。何だか市民農園ぽい感じです。さらに道は続きますが、...
  • 札幌連山(三角山~奥三角山)その1
    勝手に札幌連山と命名している、年末恒例の三角山から奥三角山へのプチ縦走を実施しました。体力が続けば、少し足を伸ばして藻岩山までと思い、スノーシューを担ぎます。簡易アイゼンをつけて山の手側から出発。踏跡がしっかりついていて全然ラッセルの必要はありません。まずは三の坂に到着。スノーシューを背負ってるためか、下ってくる年配の人たちに随分と声をかけられました。「荷物あるな。」とか「どこまで行くんだ?」とか...

プロフィール

管理人

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ