• ソーキップ沼(830m)その2
    (「その1」から続きます。)完全に残雪となりました。沢の源頭部近くになると二股になり、右へ。徐々に傾斜が急になってきました。残雪の急傾斜はさすがにスパイク長靴の方が楽です。本当に急です。滑落が怖いので、少しずつ左側のヤブの方へ向かってしまいます。上がりきったところでヤブへ突入します。最初は笹でした。続いてハイマツ漕ぎです。900mコブに上がりました。周りは雲の中で見えません。900mコブから降りて...
  • ソーキップ沼(830m)その1
    網走山岳会の伊藤さんに誘われ、幻のソーキップ沼を探しに行きました。伊藤さんは昨年7月にも探索に行ったのですが、沼ではなくアヤメが原だったようです。それで昨年より1月早い、探索となりました。メンバーは、沢歩きの精鋭5名とスパイク長靴の私の計6名です。網走、美幌、中標津から現地林道入口に大集合しました。当初、途中まで林道を車で進む予定でしたが、残雪がびっしりで進入できません。霧雨の中、結局最初から徒歩...
  • 軽食&喫茶エルコンドル(網走市)
    旧湧網線の卯原内駅跡にはSLと客車が展示されています。旧駅舎は鉄道記念館となっています。その1階にひっそり?と佇む「軽食&喫茶エルコンドル」。今回初めて訪問しました。店内はチリ・ボリビアの南米グッズがいっぱいです。メニューです。ワンコインランチを注文しました。店内を見ているうちに出来上がってきました。スープです。ハンバーグ。サラダライス。マスターに聞くと、南米音楽フォルクローレに魅せられ、時折コン...
  • 知西別岳(1317m)その3
    (「その2」から進みます。)刈り分けがあるとないとではまさに天国と地獄で、まったく違います。途中から見失しなうも何とか残雪にでました。ピーク手前は再びハイマツ地帯だったので左へ巻きます。巻きながら進みます。岩場も回り込みます。左手は急斜面で滑落しないよう慎重に歩みを進めます。正面を撮すのが精一杯でした。山頂へ無事到達してから。超急斜面を振り返りました。風も強いし、ちょっと緊張しましたね。正面に羅臼...
  • 知西別岳(1317m)その2
    (「その1」から進みます。)ゆっくりと休憩して出発です。羅臼湖に注ぎ込む小川付近は笹等が起きあがっていたので渡れる地点を探して通過しました。見えていた知西別岳も徐々に羅臼側からの出現する雲に覆われ、すっかり見えなくなりました。とりあえず斜面をやや左方向へ進みます。大沢に取り付く頃にはほとんど視界が無くなりました。これはピークはだめかなと半分諦めながら進んでいくと、突然視界が開けました。しかし、下は...
  • 知西別岳(1317m)その1
    GW前後の大雪で、知床峠の開通は遅れに遅れ、ようやく6月1日に開通しました。開通したら狙っていた知西別岳へやっと向かうことが出来ました。開通当日の7:45頃ゲートに到着すると、既に10台以上の列が出来ていました。報道陣も多数待機していました。ヒグマへのエサやり禁止キャンペーンをしていて、運悪く?翌日の朝刊に載ってしまいました。ゲートの手前まで見に行くと開通セレモニーの準備中でした。セレモニーが終わり、峠に...
  • 麻布永坂 更科本店(東京都港区)
    港区麻布十番は更科系そばの発祥の地のようです。更科そばは、蕎麦殻を外し、そば粉の中心部分(更科粉、一番粉)を使った、白いそば。この地で江戸時代末期に考案され、明治の始めまでのれん分けなどを一切しておらず、(旧)布屋太兵衛だけの営業だったようです。現在では、「麻布永坂 更科本店」、「永坂更科 布屋太兵衛」(旧)布屋太兵衛を継承)、「総本家 更科堀井」(店主が(旧)布屋太兵衛の創業者の直系)3店の老舗...
  • 「貴婦人と一角獣展」(国立新美術館)
    フランス国立クリュニー中世美術館の至宝が日本に初来日しています。国外へ旅に出るのは今から40年前の米国のメトロポリタン以来だそうです。やって来たのは仏作家ジョルジュ・サンドが絶賛した西暦1500年頃に制作された連作タピスリ。この先、たぶん生きている見ることはないでしょうから見ない訳にはいきません。美術館の入口のポスター。チケット売り場は空いていました。あのラファエロ展の混雑に比べると静かなこと。待ち時間...
  • 目黒富士(12m)
    東京の最終日、ちょいと早起きして地下鉄を乗り継いで目黒富士を歩きました。東急田園都市線の池尻大橋駅で下車し、少し歩くと上目黒氷川神社に到着です。 神社の由来です。この神社の上に目黒富士があるのですが、入口は神社左側にある交番横です。(交番入口にお巡りさんがいて監視?してたので、交番はさすがに撮せませんでした。)まずは現代の階段を上がります。階段の踊り場がいよいよ登山道の入口です。(ぼけました)一合...
  • The居酒屋・ニュー浅草(東京都台東区)
    上野からホテルへ戻って休憩後、夕食に浅草へ繰り出しました。お目当ては居酒屋のニュー浅草本店です。学生時代にみんなの淋しい財布の中身を出し合って、よく通ったお店です。私の通っていたお店は山の手沿線の某支店ですが、大学から駅へ向かう途中にあっったので、行きやすかったというのもありますね。とにかく安くて、一人当たり1000円もいらなかったはずです。当時は飲み物が200円くらいだったような気がします。もちろん二...

プロフィール

管理人

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ