2014年03月の記事 (1/3)

さようなら網走

このたび4月の人事異動で帯広市へ転勤することになりました。



根室から網走に来て2年10ヶ月ですが、月日が経つのは早いです。
網走市の道路標識は「ニポポ」でした。



ニポポとは樺太アイヌのマスコットで御守りでもあります。
子どもの頃、親にお土産に買ってもらったことがあります。
このニポポは市内のあちこちにあります。
観光地にもあるので網走圏観光協会で「ニポポを探そう!」キャンペーンを行ってます。
これは駅前の外灯のニポポ。
よくよく探さないと見つけられません。



オホーツクバザールというお土産屋さんにあるニポポ。



網走刑務所博物館にあるニポポ。
博物館に入場しないと見られませんが、一番胴が短いニポポかも。



網走刑務所へ橋を渡ったところにある堤防土手のニポポ。



橋の手すりのニポポ。



国道の欄干のニポポ。



天都山にあるニポポです。



北方民族博物館内にあるニポポのルーツとなったニポポです。



網走市博物館内にあるニポポ。
これも原型に近いかもしれません。



海鮮市場にある巨大なニポポ。



街中アプトフォーにあるニポポです。



道の駅にあるニポポと売り物のニポポ。



とある居酒屋さんにある箸置きのニポポ。



網走刑務所で新たに考案された「ゆるキャラ・ニポくん」。



こんな到る所で見られるニポポともお別れです。
網走でもいろいろな人にお世話になりました。
どうもありがとうございました。
帯広に行ってもよろしくお願いします。
スポンサーサイト

わかさぎ釣り 最終戦 かなやま湖(時計台下)

 
 
平成26年3月26日
 
 
 
皆さんのブログを拝見し、最終戦に朱鞠内湖に行こうかとも考えていたのですが、やはり休みがとれません(^_^;)
 
別の日に行くか??
 
でも連休も無い・・・
 
 
 
色々悩んだ末・・・潔く今回で最終戦とする事にします!
 
 
 
場所は昨年と同じ、ホーム「かなやま湖」
 
 
 
今季1回目の時計台下では今一つな釣行となりましたので、リベンジとも言えますかね。。
 
 
 
 
 
 
 
今季最後の釣行・・・シーズンの〆として後悔のないように・・・
 
5:00には現着
 
1日やりきります!
 
 
 
 
 
 

 
大好きな朝の光景・・・
 
今季も見納めですね。。
 
 
 
常設テントは全て撤去されています
 
1番乗りでしたのでやや不安に思いましたが、浮き水も無し、問題なくアプローチ出来ます
 
 
 
 
大まかに決めていたポイント・・・
 
探索すると、良い反応です。。
 
 
 
更に周囲を細かく探索・・・
 
 
 
 
幾つか穴をあけ・・・・ここで間違いないはずっ!!
 
と、設営開始。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
テントのお客さんと露天のお客さんが数名来られていました
 
朝一は氷も硬いので立てやすかったですが、日中気温が高くペグは外れてしまいます
 
画像ではソリステですが、途中からスノーペグの使用に変えました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
得意の仕掛けが品切れとなりましたので、今回はowner仕掛けでいきます
 
 
 
秘伝プレミアDR 2刀流
穂先 GT-S 途中から マイティ煤竹(中硬)に変更
本錘1.5g+捨て錘3号+捨て糸 70cm 途中から 40cmに変更
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
開始前
 
水深は10.5m
 
探索時よりは魚影は少ないですが、悪くない反応です
 
やっぱり少し浮いてますね、捨て糸長め・棚は30cm上を釣っていきます
 
 
 
 
6:20開始
 
誘いに対する反応は良好です
 
入れ食いではありませんが、コンスタントに釣れてきます
 
 
 
 
 
30分もすると、群れも徐々に濃くなり・・・入れ食い状態に
 
どうやらポイント大正解♪
 
 
 
 
 
 
9:00頃には群れも底に集中していたので、捨て糸短くして底の釣りへ
 
活性高い為、穂先も固めのものに変えます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
中型~大型が多いです
 
楽しいですが、巻き上げ負荷が大きですね(汗)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
群れが濃い時には、こんな画像になります
 
昼頃になっても食い渋る事はありません。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今季かなやまXデーで一つ発見した技がありますが、この水深でも十分に威力を発揮します
 
ほんの小さな技ではありますが、私にとっては大発見
 
まだ、使い切れてはいませんが・・・
 
 
 
当然の事ながら、私の釣りに魔法は存在しません
 
基本、皆さんと同じように誘い・合わせ・取り込みを行っているだけです
 
 
私は1番に手返しの早さを求めていますが
 
道具の配置、合理的な動作、左右均等な手技、手の動線、効果的な目線の使い方
 
全ての無駄をギリギリまで縮めていきます
 
なので、これをやれば沢山釣れる。。というものは存在しません
 
 
 
もしも1サイクルの釣り動作の上で1秒も縮める事が出来たなら、
 
それは1日の釣りでは大きなアドバンテージとなります
 
 
今回発見した技は、もう限界かも知れない・・・と思っていた手返しに少なからず変革をもたらしています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
午後からも変わらぬペースで釣れ続けます・・・
 
 
と・・・朝から思っていましたが・・・
 
 
このペースは、おかしい・・・です
 
 
 
私は自分の手返しの限界は分かっていますし、どんなに釣っていたとしても想定の範囲です
 
 
それが、常に予想を上回ります・・・
 
 
 
 
 
 
なんだ? これ??
 
 
 
 
 
道具の進化・・・釣技の向上・・・なにより「かなやま湖」が最後に準備してくれたこの舞台・・・
 
 
 
全ての要素が重なり、自分でも理解できないパフォーマンスとなっています
 
 
 
 
 
何だか・・ちょっと感動すらおぼえます・・・
 
 
 
 
・・・・
 
 
・・・・・・
 
 
 
・・・・・・・・・
 
 
 
 
こんな・・・
 
 
世界があったんだ・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15:20納竿
 
 
 

 
 

 
釣果1802匹   自宅検量7.45㌔
 
 
 
 
ちょっと自分でも理解に苦しむ数字です
 
鹿越橋ポイントはまだまだXデーでの可能性は感じますが・・・
 
時計台下でこの数字は・・・
 
簡単には抜けませんよ(笑)
 
 
 
 
時間別釣果
 
6:20 開始
7:20 181 181/h
8:20 384 203/h
9:20 565 181/h
10:20 780 215/h
11:20 1021 241/h
12:20 1197 176/h
13:20 1407 210/h
14:20 1576 169/h
15:20 1802 226/h
 
 
 
 
 
お陰さまで、最後まで良い釣りをする事が出来ました。
 
かなやま最高♪
 
今季もありがとう御座いました m(_ _)m
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
岸際には浮き水はありませんが、雪が溶けて氷上はズブズブ&水たまりです
 
長靴だと厳しい場所もあるかも知れません
 
気温が高く、雪代も多くなっていると思います
 
氷厚は十分ですが、ダムの放水が止まれば、あっという間に水が浮いてくる可能性があります
 
これから釣行予定の皆様は十分注意なさって下さい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これにて2014シーズンわかさぎ釣りは終了と致します。。
 
 
今季も多くの皆様との出会いもあり、非常に充実したシーズンとなりました
 
残念ながら出会えなくとも、ブログ上で色々お世話になった方々・・・
 
 
本当にありがとう御座いました m(_ _)m
 
 
 
今後も釣行予定の皆様、安全に楽しい釣行なさって下さい(^-^)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
簡単ですがシーズンまとめ・・・
 
序盤で1戦間違えてタイトル書いていたので(笑) 全20戦となりました
 
 
かなやま湖 10回 やっぱりここがホームですね。何時行っても楽しいフィールドです。
ホロカヤントー 3回 来季は状況良くなるのでは?と予想しますが・・・今季壊れた小屋がショックでした(笑)
あそ湖 2回 1回目はやらかしました(汗) 来季は皆さんと会える時に行こう・・・
桂沢湖 1回 何げに初回の10束越えはここ(笑) 今季は長くやれたみたいですね。もう1回行けば良かった。
網走湖 1回 初釣行でした。ちょっとイメージと違いましたが、聖地ですからね。。感慨深い感じがありました。来季も鯉ワカさんに会いに行こうかな。
阿寒湖 1回 何時行っても、相性最悪(笑) ここに魚居ますか? もちろん来季も行きます。。
糠平湖 1回 釣果は例年イマイチ。でも必ず来季も行きます。温泉泊まりが定番化の恐れアリ(笑)
大沼 1回 現在知る数釣り最強フィールド。ここもシーズン1度は行きたいです。
 
 
 
 
シーズン累計釣果  12,624匹
 
昨年より釣れない時が多い気がしていましたが、累計は変わらないですね
 
何とも起伏の激しいシーズンだった印象です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に・・・
 
 
ブログでは紹介してませんでしたが、終盤戦になってから新兵器も導入しています
 
 
 
 

 
秘伝エスプリミニ
 
 
 
 
 
 

 
本来手持ち1刀流のスタイル構築の為、導入に思い至ったのですが・・・
 
それとは別にミニの2刀流の可能性も考え2台にしました
 
来季から、プレミアとミニの使い分けでの2刀流でいきます
 
試用もしてみましたが、ほぼイメージ通り。。
 
浅場爆釣2刀流という特殊な場面において、現在より更にワンランク上の釣りが展開できると思います
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは・・・・
 
 
 
 
 

 
また来季、寒くて熱い!! 氷上でお会いしましょう。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宜しければポチッと応援お願いします
 
 

拳骨山(667.2m)その2

(「その1」から少しだけ続きます。)
道の駅方向も木々が邪魔してイマイチです。



来し方を振り返ります。



風が強くなって寒いのですぐに岩頭へ向かって下ります。



三角点ピークと岩頭部のコルで休憩しようと思いましたが風が強く休めませんでした。



少し岩頭部に向かって、上れそうか確認しました。
左から回り込んで上れそうでしたが、怖いので止めました。
ヨレヨレで早く休憩したかったのもありますが・・・・。



下りはコルから最初に上ろうと思っていたコースを下りました。
上りはこちらからの方がいいかもしれません。
風の弱まったところで休憩して、何とかドンピシャで水道施設ところにでました。
川は開いていました。



それでも渡れる地点がありました。



水道施設です。



無事に駐車地点に戻るとスノーモービル軍団の車が数台駐車してました。
スキーの跡があったので拳骨山へ向かった人がいるのかも。
この日のGPSログです。



ホテル林夢で汗を流しました。
温泉ではないのが残念ですが、400円と安いし、空いているのでくつろげます。
結構お気に入りです。



岩頭部を上らなかったのは悔いが残りましたが、まあ仕方ないですね。
でも途中で諦めそうになりながら、何とか歩けたので満足です。
お疲れ様でした。

○所要時間 2014/03/23(日) 往路〔2'36〕復路〔1'13〕
(内訳)往路:駐車地点(27)取付地点(57)稜線尾根(1'12)山頂
    復路:山頂(21)作業跡(47)渡河(5)駐車地点

拳骨山(667.2m)その1

土曜日の夜に紋別で宴会した翌日、西興部村の拳骨山を歩きました。
西興部村の道の駅を過ぎ、道路から見えた拳骨山です。



予定していた林道が除雪されていなかったので、代替案で行者の滝から入りました」。



1キロほど入った水道施設のある地点が除雪最終地点でした。



スノーシューでスノーモービル跡を辿ります。



1.5キロほど歩いて橋のところにたどり着きました。
スノーブリッジはないだろうと思っていましたが、まだ何とか渡れそうでした。
これなら直接取り付けたかもしれません。失敗したかも。



橋を渡って取り付きました。



意外と急な斜面を上ります。



何とか支尾根に上って、稜線の尾根に向かいます。



稜線の尾根にたどり着くと、雪が柔らかくて、足元が崩れて上るのに一苦労。



汗だくになりながら何とかジグを切りながら進みました。



ところが岩頭が行く手を阻みます。



一瞬岩頭で進めず、断念したウトロ山を思い出しましたが、何とか巻けました。



クリアして稜線に戻って少し進むと再び岩頭がありました。



これも何とか巻けました。



ようやく山頂部の岩頭が見えました。



三つ目の岩頭は柔らかい雪で四つんばいになりながら正面突破しました。



何度もくじけそうになりながら、何とか岩頭をクリアできました。
稜線がいったん細くなり、、雪庇に注意して進みます。



やっとピークにたどり着きました。



と思いきや、ニセピークでした。



ようやく三角点のピークに到着です。
柔らかい雪でヘロヘロでした。
木々が邪魔して岩頭部がよく見えませんでした。



(「その2」へ少しだけ続きます。)

まかないフレンチをビオワインと/フレンチパンダ(札幌市中央区)

なんかいいお店があるということで札幌の山ガールと飲みに出かけました。
名前は「フレンチパンダ」・・・シュールなパンダの絵が目印です。



ビルの地下の入口。



お店に入るとパンダがお出迎えしてくれました。



店内は全て木のテーブル席で、体の硬い私はちょっと苦手です。



メニューの留め具もパンダでした。



まずはビールです。



いつのまにかパンダが後ろのテーブルでワインを飲んでました。



パテ・ド・カンパーニュ(パテのステーキ?)



シーザーサラダ。



手羽先。



フレンチパンダコロッケ?



提携している中華料理屋「布袋」の唐揚げ(ザンギ)。



ワインにチェンジです。
いつのまにか満席になっていました。



同じく布袋の「春巻き」です。



パスタ。



布袋の「点心」。



混んできたので2時間経ったところで、退席して2次会へ。
接客も気持ちよくて人気が出るのが分かりますね。
カジュアルにフランチを味わいたいときに良いですね。
また来たいお店です。

二次会はいろいろ歩いて「前菜屋So=Ko倉庫」へ。



ここも満席でしたがちょうどタイミングよく入店できました。
ワインです。



もうお腹はいっぱいなので軽いおつまみを注文しました。
ナチュラルチーズです。白糠だったかな?



リンゴの赤ワインコンポート。



自家製ピクルスの盛り合わせ。



ここもなかなか美味しいです。
今度は最初に来てみたいです。
ごちそうさまでした。

※フレンチパンダの評価です。
〔my評価〕総合16点(20点満点)
○味     ☆☆☆☆★ 4点
○ボリューム ☆☆☆★★ 3点
○価格    ☆☆☆☆★ 4点
○雰囲気   ☆☆☆☆☆ 5点
(及第点は3点)

フック巻き巻き

 
 
わかさぎ釣りも残すところあと僅か・・・
 
私的には後2回かなぁ・・・
 
と思っていた22日の休日・・・
 
 
 
思いっきり寝坊(笑)
 
 
時間的に行くことが出来ませんでした(^_^;)
 
 
暇になった22日は、久々に本流河川でシートラ・アメマス狙いしましたが、
 
まぁ予想通りのボウズ(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で・・・
 
4月からはサクラ開幕しますのでボチボチ準備です
 
 
 

 
 
 

 
例年の事ながら・・・
 
あぁ~~メンドクサイ(ーー;)
 
 
 
 
今日はもうちょっと頑張ります・・・
 
開幕までに何とか100本位は巻きたいなぁ
 
 
 
 
 
 
 
ラインも巻き替えないといけないし、
 
この前久々にサクラ狙いしたら何だかツインパにゴリ感が出た気がする・・・
 
今度オーバーホールするかな・・・
 
 
 
 
 
 
 
わかさぎは後1回で終了となりそうな感じです。。
 
ラストはやっぱ「かなやま」かな??
 
 
 
 
 
 
 
宜しければポチッと応援お願いします

 
 
 
 
 
 
 
 

手作りカフェ・スイバ(小清水町)

職場の仲間と以前から気になっていた小清水町にある「スイバ」へ訪問しました。
小清水町在住のKさんにアッシーになってもらい、帰路は近くの止別駅からJRで網走に戻る作戦です。
いそいそと準備して会社を出て、18:30にスイバに到着しました。
お店は手作りでまるであのガウディの作品のようです。









入口です。



市街地から少し離れていますが、お店は混んでいました。





食器も手作りです。



まずはビールです。



お店の主人はアジア各地を旅したというだけあってエスニック料理が中心です。
またアッシー役のKさんの先輩でもあるようです。
最初の料理は、生春巻き。



鶏肉のピリ辛。



えびせんとエビマヨ。



豚肉と野菜の串焼き。



スイバサラダ。



本日のおつまみ(サケのトバ)。



ピザです。



いろいろ盛り上がって時間がおしてきたのでお店を出ました。
凝った店内は二階もあるようでした。







なかなか良いお店です。
こんなお店が網走にも欲しいです。
網走についたら酔いも少し覚めていたので、また飲み直しました。
ふう、飲み過ぎですね。
Kさん、アッシー役ありがとうございました。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合16点(20点満点)
○味     ☆☆☆☆★ 4点
○ボリューム ☆☆☆★★ 3点
○価格    ☆☆☆☆★ 4点
○雰囲気   ☆☆☆☆☆ 5点
(及第点は3点)

カジュアルレストラン・アルカディア(網走市)

久しぶりに「アルカディア」でランチしました。



外にあるメニューです。



お昼を過ぎていたのでお客は誰もいませんでした。



私が注文したのは「アルカディア弁当」(1000円)。
弁当となっていたので和食を想像してましたが、完全に洋食でした。



エビフライ&野菜。



ビーフシチュー。



牛肉のサイコロステーキ。



デザートもしっかりついてました。



スープ。



ウーロン茶。



箸が鉛筆風でおしゃれでした。



さすがアルカデイアです、美味しいです。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合15点(20点満点)
○味     ☆☆☆☆☆ 5点
○ボリューム ☆☆☆★★ 3点
○価格    ☆☆☆★★ 3点
○雰囲気   ☆☆☆☆★ 4点

わかさぎ釣りと一酸化炭素中毒

 
 
 
 
既にご存知の皆様もおられるかと思います。
 
何人かのブロガーさんも注意喚起を行ってくれていますが・・
 
今年もまた「かなやま湖」で一酸化炭素中毒による死亡事故が起きてしまいました。
 
 
 
原因はやはり練炭ストーブの使用によるもの・・
 
 
基本的に全ての火器は、テント内での使用は禁止となっています。
 
しかし、その中でも炭・練炭等は常に多量の一酸化炭素を発生し続けており、
 
その危険度は圧倒的に高いと言えます。
 
 
 
テント等の密閉された空間に、炭・練炭等を持ち込むのは自殺行為です!
 
 
 
 
 
 
 
釣具店等もわかさぎ釣りコーナーに練炭ストーブを置いているのは如何なものか?と思っていましたが、
 
売るのであれば、しっかりとした注意喚起を同時に行って欲しいと感じます。
 
 
 
また、炭・練炭のみならず全ての火器から一酸化炭素は発生しています。
 
どんなストーブを使っているにしろ、常に換気をする事が重要です。
 
テントを閉め切って使える火器は存在しません。
 
 
 
 
 
 
 
わかさぎ釣りはお手軽な印象がある反面、重大事故と隣り合わせのリスクの高い釣りとも思います。
 
皆様もどうか安全管理には十分注意され、楽しいわかさぎライフを送りましょう
 
 
 
事故に遭われた方のご冥福を心よりお祈り致します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

四ッ峰(789.2m)全コブ?探索その2

(「その1」から続きます。)
いったん少し下って上ります。



送電線の鉄塔に近づくと前コブは裸山でした。



振り返るとコブ①とコブ②が重なって一つのコブのようです。
やはりコブ②は四ッ峰のコブじゃないのかもしれません。



前コブまでもう少しです。



前コブ(コブ③)に到着しました。



前コブからようやく本峰が見えました。



本峰へ向かって歩いているとラッセルがありました。
どうやら昨日のような感じです。



ほどなく本峰に到着しました。



手書きの標識です。



風がでてきて雪模様になってきたので、すぐに奥のコブ⑤へ向かいました。



少し右から回り込むように進みます。



上ります。



奥のコブ⑤は丸いコブでした。



コブ⑤は木々が茂って展望はイマイチです。
奥のコブ⑤から本峰を望みます。



本峰へ戻って、ツェルトを張って休憩して、前コブへ戻ると晴れてきました。
烏帽子岳がすぐ近くに大きく見えました。(写真の右です。)
そのすぐ隣は百松沢山です。
前に来たときは何も見えなかったので、やはり展望があると気持ちいいですね。



この時、定山渓天狗岳は雪雲の中でした。



上ってきた尾根まで戻って下っていると、また晴れました。



滝ノ沢大橋が見えるとまた少し曇ってきました。



この日のGPSログです。



いつもの渓流莊で汗を流して戻りました。
やはり四ッ峰は「①、②、本峰、⑤」の4つなのかもしれません。
くだらない?変な探索につきあってくれたMさんありがとうございました。
お疲れ様でした。

○所要時間 2014/03/15(土) 往路〔2'08〕復路〔1'04〕
(内訳)往路:駐車地点(27)取付地点(56)送電線下(12)コブ①(5)コブ②(15)コブ③
                                  (6)本峰(7)コブ⑤
    復路:コブ⑤(7)本峰(5)コブ③(11)送電線下(18)取付地点(23)駐車地点