2014年05月の記事 (1/3)

レストラン「イン・ザ・スイート」(帯広市)

少し前ですが職場で歓迎会を開催してもらいました。
今度の職場は支店の中でも一番人数が多いセクションで、車いすの方もいるのでみんな集まるとホテルになるみたいです。
そんな事情もあり、結婚式にも使われる高級レストラン「イン・ザ・スイート」で開催されました。





広い店内は女性陣が禁煙にしてくれ、鼻炎の薬を飲まないで済みましたので快適でした。
薬を飲んでアルコールを摂取すると少し悪酔いするのが気のせいかな?



ビールは瓶のプレミアムモルツでした。



まずは幹事のあいさつ。



私は新しい職場では新人ですが、乾杯を頼まれ、苦手な挨拶もあり、緊張しました。
まずは刺身です。



大皿からの取り方が下手で汚れていますが、焼ホタテとハモの蒲焼き



海老入りトマト味のパスタです。



チンゲン菜と魚の練り物のフライ。



ポテト&ベーコンにホワイトソース。



太巻きです。エビマヨと・・・・えーとたぶんサーモンかな。



途中からワインにチェンジ。



歓迎会と合わせて、2ヶ月の長期研修に参加する2年目職員の決意表明!



イン・ザ・スィートは料理が素晴らしいですね。
ちょっとした高級レストランです。

お腹がいっぱいになった二次会は、定年退職となり再任用となった大先輩と屋台街へ。



どこもいっぱいで知っている店もないので適当に焼鳥の店へ。



ここでは芋焼酎です。



お腹いっぱいでしたが、一応焼鳥も注文しました。



大先輩とは昔の職場の話しで盛り上がりました。
定年になっても元気でいられることは素晴らしいです。
私は自信ないなあ・・・・。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合18点(20点満点)
○味     ☆☆☆☆★ 4点
○ボリューム ☆☆☆☆☆ 5点
○価格    ☆☆☆☆★ 4点
○雰囲気   ☆☆☆☆☆ 5点
(及第点は3点)
スポンサーサイト

銭函天狗山(536.7m)

札幌へ帰省し、午後から用事があるのでサクッと歩くことができる銭函天狗山へ行ってきました。
最近は年1回ペースで歩いていますが、年々歩く時間が遅くなっています(笑)。
駐車場に車を止め、出発です。既に2台車がありました。



すぐに砂防ダムを通過。



しっかりと整備された笹道を進みます。



山荘が見え始めました。



銭函山荘に到着しました。



ここから左に折れます。



尾根沿いに進みます。
期待していた山菜はまだでした。



小川の渡河地点はドロドロです。



尾根への上りに近づくとまだ残雪がありました。



尾根への上りはドロドロズルズルで足場が悪く、難儀しました。



尾根に上がるとホッとしましたね。
ゴルフ場も既に営業してました。



尾根からの急坂は乾いていて、逆に滑りました。



岩場が現れると急坂が終わり、山頂基部がもうすぐです。



山頂が見えました。



基部に到着しました。



基部から山頂の裏側に回るように上って、山頂部に到着しました。



さらに進むと三等三角点天狗山のある三角点ピークです。



三角点付近にある小さい標識です。



さらにもう少し進むと岩場の山頂です。
ふう一時間弱かかりました。
メタボで体が重いです。もう少し痩せねば・・・。



リンゴを食べ、コーヒーを飲んで30分ほど休憩して下山しました。
10組くらいの人たちが上ってきました。
手軽なので人気があります。
この日のGPSログです。



この後、家に向かう途中、体力造りをしていたTさんを見かけ、翌日一緒に歩くことになりました。
お疲れ様でした。

○所要時間 2014/05/03(土) 往路〔0'55〕復路〔0'41〕
(内訳)往路:駐車場(9)銭天山荘(15)尾根(23)基部(8)山頂
    復路:山頂(5)基部(17)尾根(12)銭天山荘(7)駐車場

刺身寿司天ぷら「魚真」(うおまさ)(小樽市)

シリパ山では時間が早く軽い食事だったので下山後、小樽で食事しました。
女性陣は山歩きだけでは満足できないようです(笑)。
女性陣のリクエストを受け、久しぶりに小樽の魚真(うおまさ)に訪問しました。



このお店はその昔、小樽に住む知り合いに紹介されたお店でした。
それ以来たまに通っています。
美味しいし価格も手ごろで、ぼられる(ぼったくられる)心配がないのがいいです。



店内は改装され、座敷がテーブル席になってました。



メニューです。
光って見えにくいですが、生ちらし1800円、特上生ちらし2100円、特上にぎり1900円とお手頃価格です。



注文して、緑茶を飲みながら、待ちます。



出来上がってきました、まず小樽にぎり(12カン)2300円です。



私を含め、その他は生ちらし1800円でした。
どびんむしがサービスなのが嬉しいですね。



生ちらしです。
ウニ、イクラ、サーモン、ズワイガニ、はまち、玉子焼き、カズノコ、シャコ、マグロ、ホッキ、ホタテ、キュウリと具が沢山の生ちらし。



サービスのどびんむしです。



量もたっぷりでお腹いっぱいになりました。
山ガール達も満足していたようです。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合19点(20点満点)
○味     ☆☆☆☆☆ 5点
○ボリューム ☆☆☆☆☆ 5点
○価格    ☆☆☆☆☆ 5点
○雰囲気   ☆☆☆☆★ 4点
(及第点は3点)

シリパ山(295.8m)その2

(「その1」から続きます。)
途中、山菜を採っていたら山ガール達はどんどん先へ行ってしまいました。



大きく下ると、再び上りになりますが、この上りも急です。



境界石か何かの石標がありました。



さらに上ります。



わかりにくいですが、タヌキの溜め糞がありました。



スキー場のピークが近いです。



と思ったら、さらに先がありました(笑)。



スキー場のピークに到着しました。



アルミの箱のようなものが木にありました。
その左側が山頂への道です。



藪と思っていましたが、意外にしっかりと道がありました。



ところどころ笹が伸びて、藪化していますが、迷うことはありません。



上りです。



シリパ山に到着しました。



何としっかりと「尻場山」刻まれた自然石の標識がありました。



二等三角点「尻場崎」です。



食事休憩していたら、何やら小さい虫がモゾモゾ。
よく見たらマダニでした。
そそくさと片付けて、あわてて下山したら、記念撮影を忘れました。
もうダニがいるんですね。油断できない時期になりました。

帰路はスキー場ピークから周回して戻りました。
帰路も結構急です。



帰路は残雪やカタクリの群落がありとゆっくりと楽しみながら下山しました。
低山ですが急坂で意外としっかりとした山でした。
下山後は余市神社にお参り。



戻る途中に見えたシリパ山です。
手前のピークが204mコブ、次がスキー場のコブ、奥が山頂です。



鶴亀温泉で汗を流しました。
忘れずにダニチェックも。



この日のGPSログです。



この後、改築されたフゴッペ洞窟を見学し、小樽で食事をして戻りました。
風が少しありましたが、天気もよくて初回としてはまずまずでした。
みなさん、お疲れ様でした。

○所要時間 2014/04/29(火) 往路〔1'13〕復路〔1'10〕
(内訳)往路:余市神社(35)Co204(26)スキー場コブ(12)山頂
    復路:山頂(12)スキー場コブ(39)道路(16)余市神社

シリパ山(295.8m)その1

山ガールを引き連れ、今季初登山です。
まずは久しぶりなので軽くと言うリクエストを受け、余市のシリパ(尻場)山へ向かいました。
余市神社の脇の道路の入口に車を止めて、準備します。
久しぶりなのでスパッツの付け方も忘れ、大騒ぎ。先が思いやられます。



それでも何とか準備が終わり、出発。
まずは舗装道路を歩きます。



少し上ると尻場神社跡?の門がありました。



さらに進むと光照院がありました。



光照院の奥の石仏群です。



石仏群の脇にシリパ山への入口となる階段がありました。



階段を上がると1番のお地蔵さんがありました。



少し荒れた登山道(参道?)を上っていきます。



意外と急坂で山ガール達はゆっくりペースです。



雪で倒れたお地蔵さんを起こしながら進みました。



お堂のある広場が見えました。



広場からも急坂が続きます。



ロープも設置されていました。



進んでいくとアンテナが見えました。



アンテナから少し緩やかになりました。



204mコブに到着しました。



海側は絶壁でした。
木々が邪魔して展望はイマイチでした。



204mコブからは大きく下ります。



尾根道は細く危険なので木々につかまりながら進みます。



途中、山頂が見えました。



(「その2」へ続きます。)

惣菜ごはん屋でんしん(帯広市)

お昼に500円ランチという話しを聞いて訪問しました。
財布の中身が乏しいので、安いという情報はとても貴重です。



夜は居酒屋もやっているようです、



ランチはお弁当ですが店内でも食べられるようです。
主菜とごはんを選べます。



訪問した時点では空いていましたが、安いのですぐに満席になりました。



出来上がってきました。



メインの玉ねぎカツは玉子焼き付きでした。



健康的な副菜です。



副菜その2。



お新香です。



副菜もたくさんあって嬉しいのですが、何となく物足りない感じ・・・。
何でかな?・・・・店内ではおみそ汁もほしいかも。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合15点(20点満点)
○味     ☆☆☆★★ 3点
○ボリューム ☆☆☆★★ 3点
○価格    ☆☆☆☆☆ 5点
○雰囲気   ☆☆☆☆★ 4点
(及第点は3点)

ヒラメ・ヤリイカ狙いで積丹日本海

 
 
平成26年5月23・24日
 
 
 
 
お久しぶりです(^-^)
 
現在日高沿岸で海サクラ・海アメを狙って釣行していますが・・・
 
 
まぁ~~~~サクラ釣れません(笑)
 
 
 
噂では「釣れた」「釣れたらしい」・・・等、聞いていましたが・・・
 
 
 
少なくとも私がサーフにいる時に魚を見たことはありません
 
もしかしたら何処かで釣れていて、コンスタントに釣っている方もおられるかも知れません
 
ちょっと前に密猟者達は川で良く釣れたと言っていたようです
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
アメはまずまず釣れてくれていました・・・
 
 
 
 
 
 

 
アベレージは50前後と、なかなか楽しませてくれるサイズです
 
 
 
 
ところが最近アメの姿も見えなくなり・・・
 
何処へ行ってしまったのやら・・・(汗)
 
 
 
まぁ、日高サクラはそれ程期待していませんでしたし・・・
 
近所で振れる事が何よりなので、空き時間には通いますよ♪
 
咲くまで待とうサクラマス・・・(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと前置き長くなりましたが(笑)
 
本題です
 
 
23日から3連休です!!!
 
 
 
日高サーフは仕事前にも毎日行ってますし・・・
 
これは遠征でしょ♪
 
と、積丹行きを決定。。
 
 
 
 
サーフゲームは今お腹いっぱいなので(笑)、磯に立ちますよ!
 
あまり良い話は聞こえていませんが、ヤリイカとヒラメをターゲットにします
 
出来ればちょこっとホッケもお土産にしたいところ・・・
 
 
 
 
 
22日いつもの様に夜勤明けスタートですが、ちょっと遅れて15:00出発
 
19:00には目的の磯場に到着
 
 
 
狙いはヤリイカです!
 
 
 
 
磯にはヤリイカ狙いの浮き釣り師が2~3名?
 
エギンガーは居ません
 
微妙に嫌な予感がしながらキャスト開始・・・
 
 
 
・・・
 
 
 
 
・・・・・・
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
無反応っ!!
 
 
 
4時間程アレコレ試しますが、反応を得ることは出来ず
 
 
 
浮き釣りの方ともお話しましたが、今年は全く駄目だとか・・・
 
この日は皆さん釣れていない模様
 
 
 
 
ホントはワーム用タックルも持ち込んでいましたが、体力が活動限界に近づき竿を出せず・・・(汗)
 
良く考えてみると、最近は日高サーフに朝立っているので・・・夜勤入りの日も3時起きでした。。
 
釣り→仕事→釣り・・・で、既に40時間以上活動している事になります
 
 
これは・・・マズイ・・・
 
少し寝ないと、明日からの釣りに影響してしまう・・・
 
 
 
で、一次納竿
 
 
 
 
朝入る磯場まで移動し、就寝します
 
 
 
 
 
 
 
3:30・・・・
 
眠い・・・・(ーー;)
 
 
けど・・・
 
 
 
何とか起きれた(笑)
 
 
 
車からチョットばかり歩くので、必要そうな物は忘れず持っていきます
 
取り敢えず、メインはジグで・・・
 
やっぱりヒラメ用のミノー全般はいるだろう・・・
 
もしかしたら、サクラ・アメも居る?ジグミノーもいるか・・・
 
ヤリイカ・・・・も、やはり捨てがたい・・・
 
 
欲張っていたら・・いつも重量級のベストが、更に重量級に(笑)
 
結局シーバスロッド&エギングロッドの2タックルを持ち込みました。。
 
 
 
 
 
 
 
そして・・・
 
歩き始めて10分後・・・
 
 
 
 
エギ・・・・忘れた・・・(ToT)
 
やっぱり寝ぼけていたようです(汗)
 
 
 
もう取りに行きたくない!!エギングは無しっ!!
 
あ~~~、エギングロッドが邪魔くさい(>_<)
 
 
 
 
ブツブツ言いながら磯先端に到着。。
 
 
 
 
 
だ~れも居ません。貸切です♪
 
 
 
それもそのハズ!
 
 
 
暴風ですっ!(ToT)
 
 
 
磯の基部はそうでも無かったのですが、先端えらい吹いてます(汗)
 
 
 
まぁ、どっちみちエギは無理だったな・・・
 
取り敢えずジグの一択。。
 
 
それすら成立するのか??
 
 
 
 
で、擊投エアロ40g結んで4:30キャスト開始
 
 
 
飛ばねぇ~~
 
沈まねぇ~~~~~~
 
 
 
と文句を言いつつも、ホッケがヒット!!
 
 

 
久しぶりに魚が釣れた・・・楽しい♪
 
ここは車から離れているので、ホッケはリリース
 
 
それにしても、さっき写真見て気づきましたが・・・・吸殻!!!(怒)
 
こういう磯まで来る釣り人は、皆さん尊敬出来る釣り人であって欲しいです・・・
 
 
 
 
 
このあとホッケが2匹釣れましたが、流石に釣りの継続は困難・・・
 
少しは風裏になる岩山の向こうに移動・・・
 
 
 
 
 
横風だけど、ギリギリ釣りになります
 
・・・
 
 
・・・・・・
 
 
・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
暫くして・・・
 
キャスト、着底からのジャーク1発目で・・・・「ズシッ!!」
 
 
 
 
んん??!!
 
 
 
重いっ!!
 
 
 
 
けど・・・
 
 
まったく引かんっ?!
 
 
 
 
海藻??ゴミか???
 
 
 
 
結構巻いてきても、全く生命感なし
 
 
 
きっと、漫画に出てくるような「長ぐつ」釣れてもこんな引きなんだろうな~~
 
なんて考えながら表層付近・・・
 
 
グンッ!グンッ!
 
 
と、弱々しくも生命感!!
 
 
 
 
おっ?!魚だ!!
 
 
 
 
ま・・さ・・か・・・・
 
 
 
平べったいんじゃ、ないでしょうねぇ~~~!!
 
 
 
と、テンション急上昇!!
 
 
 
 
 
 
 
見えてきた!!
 
 
 
 
 
 
 
 
平べった・・・・
 
 
 
 
 
 
・・・・・くない!!!(笑)
 
 
 
 
 
 
 

 
アブでした(笑)
 
それにしても・・・
 
51cm!(笑) 何げに自己記録更新です
 
初の50UP、記録魚なのに・・・
 
 
このヤル気の無さと来たら・・・何ともやるせない感じです (ーー;)
 
 
ルアーでゴメンよ・・・・今度は生エサ食べて、元気になってくれよ・・と優しくリリース。。
 
 
 
 
 
 
 
 
次の1投目・・・
 
 
 
 
 
着底、ワンピッチ5回・・・次のジャークで・・・・「ズシッ!!!」
 
 
 
!!!!!!
 
 
 
 
?????
 
 
 
 
また・・・・
 
 
 
引かんっ!!!(笑)
 
 
 
 
 
またもや長ぐつの引きではありますが・・・
 
 
先ほどより若干生命反応が強い・・・
 
 
 
 
 
ま・・・・さ・・・・か・・・・・
 
 
 
 
 
平べったいんじゃ、ないでしょうねぇ~~~~!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いやいやいやいや・・・・
 
過剰な期待は禁物だ・・・
 
 
 
 
きっと、アブかな・・・???
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 
平べった~~~い♪
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ヒラメ 50cm   ヒットルアー擊投ジグエアロ40g
 
ホント、来て良かった!ありがとう御座います!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後数投で・・・
 
 
 

 
40cm弱のアブ
 
コイツが一番引きました(笑)
 
 
 
これで時合が終了。。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
3時間程振って反応ないので移動します
 
 
 
 
このあと2箇所ほど磯場入りますが、特に釣果なし
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夕マズメには朝の磯場に再び入釣・・・
 
 
 
 

 
ホッケを3匹ほどキープさせて貰います
 
ホッケも薄く、なかなか釣れないですね。。
 
 
20:00まで振って納竿しました
 
 
 
 
 
 
 
満足な釣果もあったし、ここで撤退するか考えましたが・・・
 
24日の朝マヅメもやろうかな・・・
 
 
と、就寝・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
24日 3:30・・・
 
 
暴風&波高し!!
 
 
 
 
 
もしかしたら、出来るかな??
 
とも思いましたが、単独行なのでここは撤退にします
 
 
 
 
 
このあと、色んなポイント見て回りましたが竿は出していません
 
 
 
 
 
 
 
撤収!!
 
 
 
 
 
夕マズメは日高サーフで・・・・
 
 
 
 

 
波高めでしたが、久々にアメ出ました♪
 
55cm位??
 
 
 
 
 
 
 
 
明日は相方も休みなので、朝マズメ振ったら様似の「うに祭り」に行ってきます
 
明日の夕食はご馳走だな。。♪
 
 
 
 
 
 
 
 
宜しければポチッと応援お願いします

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ナポリタン横丁(札幌市北区)

札幌で秀岳荘へ行った際に、気になっていていつも閉まっていた?「ナポリタン横丁」が営業していたので訪問しました。



入口にある自販機で食券を購入する学食みたいなシステムなのでメニューを見る余裕がありませんが注文した後に改めて見るメニューです



店内は狭く、L字のカウンターのみでした。





出来上がってきました、ナポバーグ(750円)です。



日本式のナポリタンにハンバーグをトッピングしただけですが、意外にボリュームがありました。



チーズをたっぷりふりかけていただきました。



ナポリタンは最近しばらく食べていませんでしたが懐かしい?味でした。
お腹いっぱいになりました。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合14点(20点満点)
○味     ☆☆☆★★ 3点
○ボリューム ☆☆☆☆★ 4点
○価格    ☆☆☆☆★ 4点
○雰囲気   ☆☆☆★★ 3点
(及第点は3点)

手稲山(1023.1m)その2

(「その1」から続きます。)
進んでいくと、いよいよガレ場です。



さすがにガレ場は雪が解けていました。



赤ペンキを目印に進みます。



ガレ場の上部は再び残雪です。



雲に覆われてきました。
滑り落ちないよう慎重に上っていきます。



踏み跡は登山道よりやや左手の急斜面を直登していましたが、そのまま辿って進みます。



ようやく傾斜が緩やかになってきました。



トラバースして直接向かいます。



ケルンへの最後の上りです。



ケルンが見えました。



雲の中のケルンに到着しました。



ケルンまでのつもりでしたが雲で展望もないので水分補給して、山頂へ向かいました。



山頂へ到着すると神社は雪の下でした。



端の方で、スキー場から来たスキーの方と少々雑談です。



新しい石碑がありましたが、今まで気が付きませんでした。



コーヒーを飲んで休憩していたら雲が取れてきました。



左に定山渓天狗岳、右方向は余市岳です。



春香山も顔を出しました。



奥に恵庭岳、空沼岳、手前に百松沢山、烏帽子岳。



下山は何回か踏み抜いて、結構疲れました。
この日のGPSログです。



やはりストックを持たなかったのは失敗でした。
この日は思ったより残雪がありましたが、今年は春山の期間が短そうで、ちょっと残念です。
お疲れ様でした。

○所要時間 2014/04/28(月) 往路〔2'17〕復路〔1'20〕
(内訳)往路:駐車場(16)砂防ダム(46)布敷の滝(28)ガレ場(38)ケルン(9)山頂
    復路:山頂(8)ケルン(16)ガレ場(13)布敷の滝(32)砂防ダム(11)駐車場

手稲山(1023.1m)その1

昭和新山下山後、札幌はもうすっかり雪がとけた感じで夏山モードでした。
寝坊したので遠くへ行く気にはならず、夏山のつもりで久しぶりに手稲山平和の滝コースへ。
平和の滝駐車場に到着すると、池に水芭蕉が咲いていました。



準備して出発です。



すっかり夏山モードでストックも持ちませんでしたが、少し進むと林道には残雪がたっぷり残っていました。



雪に足を取られながら、砂防ダムに到着しました。



さすがの雪解けのこの時期は水量が多いです。



砂防ダムから先はちょっとだけ路面が出てました。



送電線近くなると道が小川のようです。



送電線を通過すると、再び残雪です。



送電線を過ぎたアップダウンもところどころ溶けていました。



川に近づくと滑りやすいので要注意です。



橋があるのですがどこにあるのか分からず、この時期の渡河は怖いのです。



布敷の滝に近づくと沢は雪に埋まっていました。
足元からゴーゴーと水が流れる音が聞こえます。



ストックがないので、川が開いているところは慎重に進みます。



ようやく布敷の滝に到着しました。



この時期はやはり水量が多いです。



壊れた標識が頭を出していました。
この地点で約半分です。



滝を巻きます。



滝を無事に通過して安心するのもつかの間、すぐの急斜面となります。



一歩一歩ステップキックで慎重に上っていきます。



ようやく急斜面が終わり、ほっと一安心です。



(「その2」へ続きます。)