2014年11月の記事 (1/3)

レストランうらほろ亭(浦幌町)

職場の若者の浦幌町でランチしました。
場所は若者お薦めの「レストランうらほろ亭」です。



広い店内に次々にお客が来ました。



メニューです。
何がお薦めか若者に聞くと「スパカツ」という回答。
お店のシェフが釧路の泉屋で修行したらしいとのこと。



ということで注文したスパカツが出来上がってきました。



本家は細長い鉄板ですが、ここは丸い鉄板です。
ジュージューという熱さも本家同様です。



角度を変えると量が多いのが分かります。



チーズをトッピングしました。



何とか完食しましたが、やはり量が多くて、お腹が辛かったなあ。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合16点(20点満点)
○味     ☆☆☆☆★ 4点
○ボリューム ☆☆☆☆☆ 5点
○価格    ☆☆☆★★ 3点
○雰囲気   ☆☆☆☆★ 4点
(及第点は3点)
スポンサーサイト

最近のまとめ

 
 
お久しぶりです(^-^)
 
 
 
最近仕事が忙しく、勤務時間以外でも職場にいることが多くなり・・・
 
釣りには行ってますが、ブログを書く時間がなかなかとれませんでした(^_^;)
 
 
まぁ大した釣果は無いのですが、デジカメに入っていた画像を使って最近の釣行まとめにします
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11月11日 ダム湖釣行
 
 

 
 

 
 
細っこいアメマス3本のみ
 
結構釣れると思っていたのに、撃沈でした(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11月21日 ショアジギング新規開拓&ちょいマメエギング
 
 

 
 
この日はショアジギの新規開拓です
 
もう実際にキャッチするのは厳しくなってきている様ですので、来期以降の為にも色々開拓してみます
 
波はそれ程酷くはないですが、とにかく風が強かった(汗)
 
結局ポイント3箇所程入ってみましたが、磯歩き3時間・ロッドを振ったのは2時間位でしょうか?
 
釣果はホッケのみ・・・
 
 
 
 
帰りにやっとマトモにマメエギングしました(笑)
 
 

 
 
2時間程度の釣行ですが、楽しかったです。。
 
釣果は渋かったですが、やっぱエギング最高♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11月23日 ダム湖
 
この日はダム湖リベンジに行きました
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
1本だけ50くらいのアメ出ましたが、あとはニジ・ホウライが10本位?
 
数はまずまず釣れますが、サイズは出ないです。。
 
 
大型狙いで30g程のジグやジグミノー投げてましたが、活性低いので14gのスプーンでスローに攻めます
 
で・・・・
 
大型 ガツンッ!!
 
 
MAX30gのシーバスロッドなので、獲れるでしょ・・・・と油断していたらフック伸ばされフックアウト
 
フック変えておけば良かった。。
 
淡水で初めてあんなデカイの掛けました。。実際のサイズは解りませんが・・・デカかったなぁ・・・(ーー;)
 
 
淡水の大型トラウトは余り狙ってませんので、悔しさはそれ程ありませんが・・・
 
リベンジに来たはずが、とんだ忘れ物をした感じ・・・・またリベンジに来なければ。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11月25日 再びダム湖リベンジ
 
 

 
 

 
 

 
 
今回は余り数が出ません。。
 
あと水量が増えてきて、釣りできるスペースが大分無くなりましたね・・・
 
後半はウェーディングしながらの釣行で、写真撮影する岸がありません
 
今回は海サクラで使っているフックを使っていますが、そう上手くデカい奴が掛かるハズはありません(笑)
 
 
 
 
この日は「もっちゃん」さんと「AI」さんが釣りに来ていたので、後半ちょっと合流。。
 
流石にお二人共釣ってますね♪
 
 
 
 
途中キャストしたら・・・
 
「バキッッ!!」と良い音しながらバットから折れました (ーー;)
 
私はこれで強制終了。。
 
キャストでバット折れたのはこれで3本目・・
 
このロッドの使用頻度・使い方から見れば、まぁ耐久性は妥当な気がします
 
相方が海サクラ用に使っているロッドだし、どうしようかな・・・
 
 
 
 
 
 
今季このダム湖はこれで終了ですかね。。
 
 

 
 
冬眠準備ご苦労さまです。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11月26日 ショアジギング
 
 
今回も新規のポイントへ入ってみます
 
 

 
 
久々にアブ釣ったなぁ・・・
 
 
 
 

 
 
今回もホッケ祭り
 
ホッケとは言え、これだけ掛かると腕だるい(^_^;)
 
 
 

 
 
良いサイズも出ます。
 
ホッケは20本以上出ましたが、重たいので全てリリースです。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11月29日 エギング&ショアジギング
 
 
この日はもっちゃんさんがエギングに行く!・・・って事で喜んでお供する事に。。
 
私も今季2回目ですが、もっちゃんさんは人生2回目です(笑)
 
 
現地ではもっちゃんさんの友人「バラオ」さんにご案内頂きました。
 
 
 
しかし今日は何処も渋く、難しい釣りになりましたね。。
 
 
 

 
 

 
 
ポツリ・ポツリと釣れて・・・3時間位?でヤリ3杯のマメ13杯でした
 
バラオさんはここでお別れ。。
 
有難う御座いました。。また機会があれば御一緒しましょう(^-^)
 
 
 
 
朝マズメからは磯に入ります
 
私は一応ブリ狙い(本命ホッケ?)。。もっちゃんさんはホッケジギングです。。
 
土曜日なので有名ポイントは混雑しているでしょうから、マイナーポイントへと入ります
 
 
 
まぁ・・・ブリはやっぱり厳しいですね
 
ホッケは期待通りに爆釣です♪
 
 
私も途中からライトショアジギングに切り替えホッケ狙い。今回はキープします。。
 
 

 
 

 
 
小型のものはリリースしながら28本キープ
 
途中渋くなりましたが、それくらいからが楽しいですね
 
もっちゃんさんとトータルで80本以上は釣れたのでは無いでしょうか?
 
もっちゃんさんも30本弱キープ
 
 
帰りに2人して汗ダクになりながら運びます(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これで追いついたので、次回からは出来るだけタイムリーに更新出来ればと思います(^_^;)
 
お疲れ様でした。。
 
 
 
 
 
 
宜しければポチッと応援お願いします
 
 
 

(音調津)カラス山(123.3m)

オリコマナイ山を下山途中、正面に見えたカラス山です。



名前の由来は海岸近くでカラスが多かったかららしいのですが正確には不明です。
山頂には四等三角点「烏山」があります。
神社下に駐車するつもりでしたが民家の前で躊躇われたので、空き地に止めて出発します。



神社の階段の右の旧通学路があったのでそこを辿り、高台に上るとさらに道がありました。
地元の子ども達がカラス山で遊んだようなので神社か学校側から道があるのでは思っていましたが、とりあえず進んでみました。



途中で振り返ると校舎跡の建てられた総合センターが見えました。
奥にはオリコマナイ山が見えます。



上りきったところに広場があり、そこで道は終わっていました。



藪を漕いで少し進んでみましたが道がなかったので、諦めて斜面にそのまま取り付きました。



歩きやすい所を探しながら進みましたが、雪の下が意外にもザレ場もあって急坂で滑ります。
上部へ進むとミヤコザサとなりますが、丈が低いので全く問題なし。



稜線部に到着しました。



稜線にあったロープです。
やはり痕跡がありました。



山頂へ目指します。



カラス山の山頂に到着しました。
標識や目印はありませんでした。



雪を除くと三角点が頭をだしました。



山頂から眺める海がまさにトカチブルーです。





尾根沿いに戻ると何やら踏み跡がありました。



急坂になるとロープもありました。
やはり道があったようです。



神社の横にでました。



神社前に出て、入口を再度確認しますが、初めて見ると間違いなく見逃しますね(笑)。



音調津神社です。



GPSログですがウエストポーチに入れていたので少し乱れています。



無事に下山してえりもへ向かいました。
お疲れ様でした。

○所要時間 2014/11/15(土) 往路〔0'23〕復路〔0'13〕
(内訳)往路:駐車スペース(3)総合センター(6)斜面取付き(14)山頂
    復路:山頂(10)神社(3)駐車スペース

手打ちそば処大雪(鹿追町)

鹿追町で仕事があり、お昼の少し前だったのですが蕎麦屋さんでランチしました。
道の駅のすぐ向かいの「手打ちそば処大雪」さんです。



お昼少し前なので一番最初のお客でした。



メニューです。



エビ天丼+ミニそば付き(850円)を注文しました。



エビ天丼は、エビ天ぷら×3本と大葉の天ぷらがのっていました。
値段の割に充実していますが、もう少しカリッと揚げられてほしいところかな。



ミニそばは色の薄いつゆに、少し田舎蕎麦風なそばでした。
こしがしっかりあって、美味しい蕎麦です。



お新香は自家製ではなさそうです。



値段が安くボリュームもあってとてもお得でした。
お腹いっぱいになりました。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合16点(20点満点)
○味     ☆☆☆★★ 3点
○ボリューム ☆☆☆☆★ 4点
○価格    ☆☆☆☆☆ 5点
○雰囲気   ☆☆☆☆★ 4点
(及第点は3点)

オリコマナイ山(231.7m)

ダニが濃いのでずっと晩秋まで残しておいた南日高のえりも付近の山々。
この地域は雪が遅いので遅くまでいろいろ歩きたかったのですが予想外の降雪後の週末。
予報では天気は回復するものの、風が強いようなので土曜日は低山巡りをしながらえりもへ向かいます。

まずは広尾町の音調津にあるオリコマナイ山へ向かいました。
オリコマナイ隧道を越え、すぐに音調津の市街地を右に折れ、林道入口に車を止め、出発します。



予報通り天気はよいですが、風が強いです。



林道を進み、最初の作業道跡から取り付きます。



作業道は笹が被り、それに雪がさらっと乗っているだけなのです。



上へ行くと笹も薄く、雪が解けて歩きやすいです。



これは二つめの分岐です。
分岐は三つありましたがどちらも左でした。



作業道跡が平坦になった左端のところから尾根に取り付きます。



斜面を上っていきます。



山頂に到着しました。



木々で展望がなく、ピーク付近で三角点を探そうと思ったら足にぶつかって発見した三角点です。



何か目印がないかキョロキョロしたら見つけた三角点測量の残骸です。



すぐに尾根を伝って北峰へ向かいます。
下り斜面では滑って転びました。



コル付近から海が見えました。



上りです。



北峰尾根までもう少しです。



尾根に上がり北峰を望みます。



北峰に到着しました。



北峰は痩せて、本峰より眺めがよいかも。



木々の隙間から日高の山並みが望めました、。



帰路は北峰から尾根を伝って下ると林道にでて戻りました。
GPSログです。



この後、同じ地区のカラス山へ向かいました。
お疲れ様でした。

○所要時間 2014/11/15(土) 往路〔0'35〕復路〔0'37〕
(内訳)往路:林道入口(13)作業道跡(16)斜面取付き(6)山頂
    復路:山頂(10)北峰(14)林道(13)林道入口

レストランいしだ(豊頃町)

珍しく豊頃町でランチしました。
お目当ては役場近くのあるAコープの2Fにある「レストランいしだ」です。



階段を上った二階の入口です。



店内は何となくレトロで、座敷もありました。





メニューです。



もちろん注文したのはお店の名物で40年も豊頃町民に愛されている「豚チャーハン」(750円)です。



チャーハンの上に、十勝名物の豚丼の肉がトッピングです。



あっさり味のチャーハンに、味の濃い豚肉は意外にマッチして美味しいです。



珍しいメニューですがこれもありかな。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合15点(20点満点)
○味     ☆☆☆☆★ 4点
○ボリューム ☆☆☆★★ 3点
○価格    ☆☆☆☆★ 4点
○雰囲気   ☆☆☆☆★ 4点
(及第点は3点)

豊似湖~観音岳(932m)その3

(「その2」から続きます。)
前コブから豊似湖が見えました。
この時期はかろうじて見えましたが、夏は葉が茂って無理ですね。



前コブからは腰程度の笹藪を漕ぎながら進みます。
Pテープと踏み跡を辿ると少し歩きやすい感じでした。



あれ、もうピークかと思った地点です。



やはりニセピークでした。



最後も藪を漕いでピークへ向かいます。



標識もテープもない観音岳のピークに到着しました。
入山届けに記録されていたグループとは会わなかったので、観音岳から直接豊似湖へ下ったと思われます。



いろいろ諸説あるようですが、観音岳から続く尾根にある三枚岳と右に豊似岳です。



こちらは日高の山並みです。



少しアップしました。



えりも岬ですが、ここからは遠いですね。



観音岳からも豊似湖が見えましたが、ハート型はわかりません。



帰路は来た道をピストンして、ハートのくぼみの丘から残りの湖畔を歩きました。



帰りもナキウサギの声が聞こえていたので少し探しましたが、姿は見えませんでした。
この日のGPSログです。



帰路、国道沿いにあるフンベの滝に立ち寄りました。



海難の碑です。



説明標識です。



轟々と水流豊富なフンベの滝。



水流は何本かあるようです。



若いカモメにジッと見つめられました。
人間の女性にはもてませんが、カモメには好かれるのかも(笑)。



なかなか立ち寄れなかった大樹町の晩成温泉で汗を流しました。
珍しいお湯ではありますが、この日は混んでいてちょっとイマイチだったかも。



南日高はダニが濃くて夏はなかなか歩けませんが、この時期はまだまだ歩くことができ魅力的です。
お疲れ様でした。

○所要時間 2014/11/09(日) 往路〔1'49〕復路〔1'08〕
(内訳)往路:駐車場(5)豊似湖(44)沼見峠(25)奥山半僧坊(19)前コブ(16)山頂
    復路:山頂(10)前コブ(9)奥山半僧坊(13)沼見峠(31)豊似湖(5)駐車場

豊似湖~観音岳(932m)その2

(「その1」から続きます。)
黄色い小屋から猿留山道へ向かいます。



丘の細い尾根道から斜面へ。



斜面をジグを切って上っていき、振り返ると豊似湖が見えました。
何となくハート型かな。



猿留山道に合流しました。



山道はこんな感じです。
数年前から整備されているとは言え、しっかりとした立派な道です。



山道を辿って、沼見峠に到着しました。
整備されているせいかダニはいませんでした。



倒れている標識を起こしました。



峠に残る山道が出来た江戸時代の遺構です。
右は馬頭観世音菩薩で、左の石祠には中に石仏があるようです。



遺構の右から進みました。



少し進むと沼見峠というだけあって豊似湖が見えましたが、木々が邪魔ですね。
結局ハート型を確認するには上空からしかないようです。



峠から奥山半僧坊のコブまでの笹藪をどこまで歩けるかがこの日の課題でしたが、何としっかり笹刈りされていました。



偵察のつもりでしたが、一番の心配事が解消されたのでそのまま上ります。
刈られた笹で歩きにくいですが、刈られていなかったらたぶんこの時期は歩けなかったです。



奥山半僧坊のコブに上がりました。
このコブまで笹刈りしているようです。
正面に前コブとその奥に観音岳を望むことが出来ました。



奥山半僧坊の祠です。



奥山半僧坊のコブから丈の低いミヤコ笹を漕いで歩きます。
道のように見えるのはシカ&人間の踏み跡です。



膝程度の笹藪を進んでいきます。
時々立ち止まってダニチェックしますがたまに一匹いる程度でちょっと一安心です。



木々が増えてくると笹の丈が高くなり、藪が濃くなります。
やはり木々が風を防ぐせいかな?



ほどなく前コブに到着しました。



前コブから観音岳を望みます。



前コブから来し方を振り返ります。



(「その3」へ続きます。)

豊似湖~観音岳(932m)その1

雪が本格的に積もって完全に冬になるまでは南日高がターゲットです。
この日はまだ訪問したことのない豊似湖から観音岳を目指します。
帯広から車を走らせ、すっかり走りやすくなった黄金道路を進み、えりも町の目黒地区に入ったすぐのところに小さな案内標識がありました。
気をつけていないと見逃しそう。



案内標識で国道から町道へ入り、しばし走ると今度は立派な看板があり、林道へ。



緩やかに上っていくといきなり駐車場に到着しました。
奥に見えるのは三角の建物はトイレです。



ちょうど少し前に着いて準備をしていた方と少し話しをしました。
ナキウサギの写真を撮りに来ているようで、できれば鈴を自重してほしいとのこと。
準備をして鈴を鳴らさないようにして入口へ向かいます。



入口にあった案内図ですが、ナキウサギの絵はありませんでした???



歩き始めてすぐに痛々しい倒木処理の跡がありました。



すぐにナキウサギが生息するという岩石群の地形です。
さきほどの方もカメラを構えていて、チッチッと鳴き声が聞こえ、一瞬ですが姿も見えました。
こんな簡単にナキウサギを見られるとはちょっと驚きで感激です。



入口からたった5分でハート型で有名な豊似湖に到着しました。



こちらは右回り(時計の逆)の湖畔沿いの道です。



とりあえず意味はありませんが、左回り(時計回り)で進むことにしました。



湖畔です。まん中がハートのくぼんだ部分です。



湖畔の道を進みます。



氷河期の名残らしい湖畔のザレ場です。



少し笹が被ったところがあって、ズボンを見るとやはりダニがいました(涙)
やはりこの日も注意しながら歩きました。



観音岳が見えました。
左から奥山半僧坊、前コブ、観音岳です。



進んでいくといったん湖畔へ降りました。
ハートのくぼんだ部分は丘になっていました。



ハートのくぼみの丘を上ります。



くぼみの丘の上にはこんな建物がありました。



入口が閉じられていましたが、白龍大菩薩のようです。



こんなハシゴがありました。
上るとメタボな私には今にも壊れそうで、展望もほとんど変わらず・・・。



(「その2」へ続きます。)

そば処十間坂(小樽市)

小樽へ行った折、当初予定していた蕎麦屋さんは閉店・・・残念。
かなり前に訪問したことがあるものの、すっかり記憶が抜けていた「そば処十間坂」を訪問しました。





お昼を少し過ぎていましたが、そこそこ混んでいました。





メニューです。





相方が注文した「甘エビのかき揚げそば」。



私が注文したのは店長お薦めの「しゃこの天ざるそば」。
この日はしゃこを買いに小樽に来たのに(笑)。
でもしゃこの天ぷらって食べたことがないんですよね。



そばは二段重ねのセイロで、小さめですが量はたっぷりです。
麺はやや白めの中太といったところ。



天ぷらは、しゃこ、大葉、カボチャ、ピーマン。



うーん、しゃこは天ぷらよりは茹でたものの方が私は好きかも。



少し酸味のある返しに出汁がよく効いて、美味しいつゆでした。
美味しいおそばです。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合14点(20点満点)
○味     ☆☆☆★★ 3点
○ボリューム ☆☆☆☆★ 4点
○価格    ☆☆☆★★ 3点
○雰囲気   ☆☆☆☆★ 4点
(及第点は3点)