2014年12月の記事 (1/2)

わかさぎ釣り 第2戦 かなやま湖

 
 
平成26年12月30日
 
 
 
 
 
本日ホロカとかなやま悩みましたが、結局かなやま湖へ行ってきました(^-^)
 
 
現地到着し、6:00から活動開始。。
 
今日は朝一からやりますよ♪
 
 
 
気温高めですし氷上水浸し覚悟で行きましたが、結構固まっている。。
 
 
 
 
 
お目当ての周辺探索し、テント設営していると・・・
 
 
 
「ほぉすけさん。。。あ~そぼ~~。。。」
 
 
と不思議なご挨拶??
 
 
 
 
ん???
 
こんなキャラの知り合い居たっけな??
 
 
 
 
と思ったら・・・
 
なんと鯉ワカさんでした(笑)
 
 
 
おおっ!?
 
こんな時期に珍しい! 他の用事もあったようですが、はるばる網走からご参戦です(笑)
 
 
 
 
久々再開のご挨拶をし、お互いに準備。。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
朝はちょっと寂しい画像ですが、まぁOK
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
今日はちゃんとサシ持ってきてますよ(笑)
 
いつもの仕掛けですね。。
 
 
リール:秘伝プレミアDR
穂先:GT-S、途中からマイティ煤竹<スーパージャイロ>
本錘1.5g+捨て錘2号or3号
 
 
 
 
 
 
 
 
7:20開始
 
朝マヅメの爆を期待しましたが、それ程反応良くはありませんね。。
 
 
 
 
 
 

 
大体こんな感じで底ベタ反応。。
 
8:30頃から活性上がり、良い時は入れピクですね
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
反応良いと、こんな感じでしたが・・・朝だけだったなぁ・・・
 
 
 
 
 
 
 
9:00頃??
 
テントの外から「ほぉすけさん、おはよう御座います。」 の声。。
 
 
ttyyさんでした。。
 
おおっ!? お久しぶりです(^-^)
 
今日明日の連チャン釣行とか・・・羨ましい・・・
 
 
 
しかしまさか、こんなに「秘伝使い」が集まるとは・・・(笑)
 
 
 
 
 
10:00迄はマジメにやろうと思っていたので、お話我慢して集中。。
 
 
 
10:00・・・・休憩~~~♪
 
 
 
 
 
 
 
何せ、滅多に合わないお二人ですからね。。ちょっと調子に乗って長話 (^_^;)
 
外のテント画像収めたつもりが、良い写真が撮れてなかった為画像なし(汗)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11:00頃にはテントに戻り再び開始。。
 
この頃から反応ポツポツになったので、水中穂先へ変更
 
色々試しながら釣ります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・
 
・・・・う~~~ん。。。
 
やっぱ集中しきれないな (^_^;)
 
 
 
13:30頃から、またウロウロ・・・(笑)
 
お互い持ってない穂先だったり、道具だったり・・・とにかく色々興味深々な訳ですね。。
 
 
 
このままお話しながら14:30頃には鯉ワカさん撤収。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私もキリの良いところまで釣って15:00に納竿
 
 
 

 
 
 
 
 
最初時速計ってましたが、なんかよく分かんなくなったので本日はトータルのみ
 
ポイントは良い感じでした
 
日中渋い時間はありますが、ポツポツ釣れ続く感じ。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
サイズは前回と同じ位でしょうか??
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
これ、つけてみました。。
 
普段使いませんが、コールマン使ったときはサシ交換フックが付けれないので使えそう。。
 
 
 
 
 
 
 
鯉ワカさん、ttyyさん、本日はお疲れ様でした
 
またどこぞのフィールドでお会いしましょう(^-^)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お次は年明けホロカ釣行になる予定です。。
 
 
 
 
 
これが、本年最後の更新になりますね。
 
 
今年も1年ありがとう御座いました。
 
皆様良いお年をお迎えください m(_ _)m
 
 
 
 
 
宜しければポチッと応援お願いします
スポンサーサイト

わかさぎ釣り 第1戦 かなやま湖

 
 
平成26年12月26日
 
 
 
 
 
今季は寒い日が続き、早めの開幕となりましたね(^-^)
 
予告通り、かなやまへ行ってきた訳ですが・・・
 
 
 
 
 
 
実は、前日の25日夜・・・
 
準備も出来たし、あとは出発だな~~。。
 
なんて、呑気に相方とクリスマスケーキを食べてました(笑)
 
 
 
そして、ある大失敗に気付きます。
 
 
 
 
 
 
 
サシ・・・買ってない・・・・・・(ーー;)
 
 
 
 
 
 
なんで、忘れてたんだろ・・・
 
 
 
 
 
朝釣具屋が開いてから行ったのでは遅すぎます
 
 
 
・・・
 
 
・・・・・・
 
 
・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
よし、ワームで釣るか。。
 
 
 
 
ってな訳で・・・餌なしで開幕戦に望みます(笑)
 
 
 
 
 
 
今回は初戦ですし、コーチスクリューとかも試したいので明るくなってから活動開始します
 
現地到着は7:00
 
 
 
 
 
ホントは広く探索したかったのですが、基本積雪の下に浮き水がありズボベチャです。。
 
業者テントが立ち並ぶ周囲のみが踏まれてアイスになっていました
 
今回はスクリューペグが試したいので、その狭い範囲で適当に場所決め。。
 
 
 
 
テント設営し、お目当てのペグを試します。
 
 
 
 

 
カラビナ1個で固定は十分ですね。カラビナの狭い方からはボルトヘッドが抜けません。
 
 
 
 

 
まぁ、スクリューペグ自体は目新しい物ではなく、色々記事がありますので参考にされて下さい。
 
確かa.su.caさんは3~4年前位から使われていた様な・・・
 
 
私は下穴あけて使う!と言ってましたが・・・
 
実はネットでドリル注文する際、まちがってコンクリートドリル買っちゃいました。
 
当初、これでもイイんでない??
 
なんて思ってましたが、コンクリートドリルで氷に穴はあきません!(笑)
 
 
 
なので、今回はそのままねじ込みます。。
 
私のドリルは振動モード無いので、そのまま体重かけてねじ込んでいきます
 
・・・・・・・・
 
入ることは、入ります。。
 
 
 
が・・・・
 
 
まぁ・・・大変。。
 
 
 
あくまで個人的な意見ですが、これならソリステの方が10倍使いやすいです。。
 
やっぱり私は下穴無いと使う気にはなれませんね
 
下穴あれば、張り綱はかなり使えそう。
 
でもテントの4隅はやっぱペグの方が良い気がするなぁ・・・
 
 
この先も色々試してみます。。。
 
 
 
 
 
 
あと・・・
 
ソリステ卒業の1番のメリットと考えていたのは、ハンマーを持たなくて良いことです。
 
 
でも・・・
 
 
 
 
 
 

 
これ・・・
 
どうやって使おう・・・(笑)
 
 
 
 
考えてみれば上のリフレクター打ち込んだり、凍ったペグの周り砕いたり
 
結構ハンマーを使ってた気がする。。
 
やっぱりいるかなぁ・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前置きが長くなりましたが(笑)
 
 
 
 

 
準備完了!
 
魚がいればワームでもちょっとは釣れるでしょ
 
なんて考えで始めます
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ガルプパルスワームの小間切れです(笑)
 
ワームは爆釣時なんかは餌替えしなくて良いので使える場面もありますが・・・
 
 
 
 
 
・・・・
 
・・・・・・
 
 
まったく釣れん・・・
 
ってゆーか、魚全然居ない・・・
 
 
 
マジで1匹も釣れません(笑)
 
 
 
魚探も真っ白で、とてもワームで魚寄せるなんてことは期待できません(ーー;)
 
 
 
 
 
 
 
 
よしっ!サシ買いに行こうっ!!
 
 
ってことで、テントそのままでふらっと外出(笑)
 
ちょっと調べてみると、なんと南富良野にはサシ買える場所ありません!
 
仕方ないので、富良野まで走ります。
 
 
 
釣具屋1件目・・・
 
やってない・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
釣具屋2件目・・・
 
休み?・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
ナニコレ??
 
 
今日、こういう日??
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょいと途方に暮れますが・・・Googleマップ上にホーマックがあります!
 
もしかして・・・!!
 
 
 
 
 
♪♪♪
 
 
 
 
ありました♪
 
白サシ、赤サシ、ブドウ虫まで!!
 
流石ホーマック(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 

 
やっと帰ってきたのは12:00前
 
 
 
 
 
で・・・
 
 
 
 
 

 
お久しぶりで~す(^-^)
 
いや~釣れてよかった(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 

 
でも魚は少ないなぁ・・・
 
 
 
 
 
 
ちょっと釣りしてたら・・・「ほぉすけさん!どうですか??」
 
・・・の聞き覚えのある声が・・・
 
 
 
地元エキスパートの方でした。。
 
お久しぶりでした!今季も宜しくお願いします(^-^)
 
なんかお土産まで頂いて、ありがとう御座いました m(_ _)m
 
 
 
本日は常設テントを立てるために来たとのこと・・・
 
 
 
結構沖目に設営されてましたので、あんまり釣れないし沖目の探索もさせて貰います
 
色々お話聞かせて頂きましが、まじでエキスパート(汗) ためになりました。。。
 
 
その後、隣のテントの方ともお話させて頂きました。
 
なんかブログ見て頂いているようで、ありがとう御座います(^-^)
 
 
 
 
 
結局13:30頃からはマジメに釣り始めたでしょうか??
 
 
 
 
 

 
マイティ煤竹<スーパージャイロ> 水中穂先です。
 
斬新だなぁ・・・
 
色々書きたいところですが、もっと使ってからにしますかね。。
 
 
 
 
 
 
 
15:00で止めようかと思っていましたが、15:00前になって急に群が入りました。
 
30分でパタパタと数を伸ばし・・・
 
 
 
 

 
15:30 143匹にて納竿
 
 
 
 
 
 
 
 

 
サイズはアベレージでこんな感じ
 
食べるのに丁度良いですね♪
 
 
 
 
 
 
 
 

 
今日は飯食ってる時間なかったので、納竿後に呑気に鍋焼きうどん食べて帰ります(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本日はヤル気の問題もありますが、ちょっとポイント外したっぽいですね(^_^;)
 
魚の活性が低い訳ではなく、魚居なくて渋いです
 
魚探に映る魚影は殆ど釣れるので、魚探しが重要ですね
 
 
回遊ポイントに上手く入れば結構釣れそうな感じがします
 
 
 
 
 
週末皆様も出撃ですかね??
 
かなやまズボベチャですが、十分乗れますよ。。
 
是非踏み固めて下さい(笑)
 
 
 
 
次回はかなやまかホロカか、悩みます。。。
 
お疲れ様でした(^-^)
 
 
 
 
 
 
宜しければポチッと応援お願いします


 
 

スノーシューを購入しました!

これまで平地用にタブス、山歩き用にMSRを使用していましたが、昨年2つとも寿命となりました。
タブスは8年使用してパイプ部分が折れました。
MSRはデッキとフレームを接続する部分が摩耗して、代理店から修理不能と通告されました。
どちらも使い過ぎと私のメタボが原因なのかもしれません。

平地用のタブスは昨年、もと上司から使用していない物をいただきました(感謝)。
なので今回は山歩き用の物を購入しなければなりません。
どこのメーカーの物を購入するか迷いましたが、まずはこれまで使用してきたMSRの分析です。

私が使用していたのはライトニング・アッセント。
軽くて、フレームそのものがクランポンとなっているので横滑りに強いです。
ヒールリフターもあり、登攀用には最適なモデルだと思います。

しかし、デッキがゴムなのでハイマツ漕ぎを頻繁に行うと破れました(修理可能)
またフレームが細い分、いつのまにかゆがんでました。
そして一番の課題はデッキとフレームの接続金具です。
使用しているうちに摩耗して丸くなるのと、フレームにある穴も摩耗して広がってしまいました。
摩耗した金具は何回か取り替えてもらえましたが、フレームの穴が広がるともう修理不可能です。
あまりにも摩耗しているので仕事で使用しているのですかと問われました(笑)
ヘビーユーザー?!なら気になるところです。
でもそのような欠点があっても、それを遙かに上回る利点があったので違う物を買うには勇気が必要でした。

で、やはりMSRかなあと思い、買いに行くと、な、なんと円安の影響で4万円????「たかっ!」
並行輸入も考えましたが、昨年から国内で購入しないとサポートしてくれないようです。

タブスのものも考えましたが、同じく円高で高い。
札幌のメーカーも考えましたが、ヒールリヒターがないので残念ながら対象外。

やはり高いけどMSRかなあと思いながらネットで探します。
1月ほど経ってから偶然に「サレワ」というメーカーのスノーシューを発見。
安いし、MSRのように縦のクランポンもあるしよさげです。
ネットで買うかなと迷いながら探していると同じようなものをアトラスでも発見。
アトラスはモンベルで扱っており、サレワよりもアフタケアーが良さそうです。
アトラスではアスペクトとエンデバーがありましたが、両者を実際に見比べ、コスパのよい新製品のエンデバーを購入しました。




バントはヒールとフロントの各一本です。
フロントのバンド部分は完全にフラットになるようで収納が楽そうです。



ヒールリフターはもちろんあります。
急坂の際には必需品です。





裏側です。



前爪部分です。



横から見たところ。
MSRの良いところ取りの縦のクランポン。
別にクレームがしっかりあるのでゆがみに強そうです。



長さは24インチと28インチ。
以前から私の体重から25インチでは不満があったので、今回は28インチを購入しました。
後ろ部分のデッキが樹脂なので耐久性がちょっと気になりますが、この価格なら3年使用できれば元が取れそうなので、まあよしとしましょう。

まずは一回使用しました。
使用してみた感想は、トラバースは縦のクランポンがあるのでMSRと大差ない感じです。
フレームも前部がパイプなので弱さも感じませんでした。
でも長さがある分、今まで以上に切り回しに気を遣うのと、下りにはちょっとコツが必要なようです。
しばらく使用してみて、また感想を報告したいと思います。

わかさぎ出撃準備

 
 
こんばんは(^-^)
 
 
すっかり寒くなり、海も荒れてばかりの天気が続きますね。
 
まだソルトも心残りが多いこの頃ではありますが・・・
 
 
かなやま湖も既に開幕した様子。。。
 
 
 
これは・・もう・・・わかさぎ開幕するしかないですね!!
 
 
 
車も部屋も、冬用の装備に模様替えし・・・
 
次回わかさぎに出撃する準備しました
 
 
 
 
消耗品や新規導入品等は概ね揃っています。。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
まずは愛機「秘伝」のシリコンリング装着し、動作チェック行います
 
今季もお願いしますよ♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
仕掛けは今季もバリバス「新底中釣り七本鈎」がメインとなります
 
昨年は殆ど1.5号ばかりだったので、今季も1.5を多く購入。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新規購入品としては・・・
 
 
 
 
 

 
 
新たに電ドリ購入
 
今までのパナはパワーが今一つなのと、バッテリーが1個しかなかったので
 
高価なバッテリー追加購入するなら、新規にマキタ行っちゃえ~~ってなノリでポチッ! (^_^;)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あと・・・
 
 

 
 
新たに穂先購入
 
秘伝マイティ煤竹<スーパージャイロ>です。。。
 
<氷上専用>と迷いましたが、秘伝のリカちゃんさんのアドバイスもありこちらにしました。
 
どちらにしても興味深々の水中穂先仕様です
 
本来水中穂先は激渋時1刀流が基本かと思いますが、私は2刀流水中穂先です
 
私のスタイルも考慮して若干固めの仕上げにしてくれました
 
 
実は現在行われているクリスマスセールに便乗して、もう1種類穂先注文しています
 
まぁ、それはまたいつか・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ペグは今季よりコーチスクリューによるスクリューペグも試します
 
 
左のTペグも気に入っていますが、当時考えていたより使えない場面があました。
 
Tペグはガッチリ30cm以上氷が張ったフィールドやスノーにはバッチリです
 
が・・・ドリル穴に水が溜まる状況で固定し、さらに気温が低いと終了時に凍ってしまい取り外しが大変・・・
 
って事が起こります。
 
でもスノーペグとしては使い勝手も良いですし、これは外せません。。
 
 
で・・・ソリステを卒業するためにスクリューペグ導入です
 
色々諸先輩方のブログ参考にさせて頂きましたが・・・
 
やっぱり真氷がガッチリ張ったフィールドでは振動ドリル&先端加工コーチでも結構厳しい印象を受けます
 
 
なので、私は始めから下穴あけてからのスクリューの使用にします
 
まぁ、使ってみないと何とも言えませんので今季の課題です。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
あとは・・・
 
 
サビサビのアイスドリルの刃を研いでやります。。
 
 
 
 
 
 

 
結構アイスドリルの刃は使用中に外れてしまう事があるようなので
 
外したついでにスプリングワッシャーくらい新品にしてやった方が良いでしょうね。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
今まではアイスドリル程度、適当で良いかな・・・と手持ちのダイヤモンドシャープナーでタッチアップしてました
 
この角度でみると先端にセカンダリーベベルが付いてますね。
 
新品でこうだったのか?タッチアップでこうなったのかは覚えがありませんが
 
折角しっかり研ぐので、フラットゼロで研ぎあげます
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
荒砥でセカンダリーベベルを落とします
 
荒砥は「刃の黒幕」220番
 
この後、同じ黒幕シリーズ1500→5000で研ぎあげます
 
 
 
 
 
 
 
 

 
出来ました。。
 
仕上げは5000番&天然名倉ですから、最終6000番程度になってますかね
 
表面も磨けば綺麗でしょうが、どうせ錆びるし面倒なのでこのままでOK(笑)
 
かなり鈍角ではありますが、紙はスパッと切れます
 
こんなもんかな・・・
 
 
 
私は研ぎ好きなので砥石は慣れてますが、それでもちょっと時間かかりました
 
ナイフや包丁と違い、小さく固定が難しいので結構苦労するかも知れません。
 
興味のある方は新品交換前にチャレンジしてみては如何でしょうか?
 
 
 
 
 
さて、準備完了。。。
 
初戦は26日「かなやま湖」予定としています
 
 
 
 
今季も良いシーズンになりますように・・・
 
 
 
 
 
 
 
宜しければポチッと応援お願いします
 
 
 

大阪串カツ・かど家(帯広市)

職場の上司から誘われ、飲みに行きました。
場所は「大阪串カツ・かど家」





入口にあったメニューです。



福の神ビリケンもありました。さすが大阪風ですね。



訪問したときはガラガラでしたが、すぐに満席となりました。
人気があるようです。



おまかせセットにしました。
串10本にお総菜を4つのうちからセレクトします。



まずはビールとお通しです。



メンバーは4人でしたが、お総菜はみんなバラバラでした。
まん中は揚げ物をつけるソースと、キャベツです。



まずは5種類、二人分。


最初のを食べ終えた頃、残りの5種類が運ばれてきました。



ビールを2杯飲んで焼酎にチェンジ。
お店の流れている有線の音楽がちょうど私たちの年代の曲だったので話しが盛り上がりましたね。
4人だったので焼酎のボトルを空けたところで終わりにしました。



美味しくて安かったです。
今度、また来たいですね。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合17点(20点満点)
○味     ☆☆☆☆★ 4点
○ボリューム ☆☆☆☆★ 4点
○価格    ☆☆☆☆☆ 5点
○雰囲気   ☆☆☆☆★ 4点
(及第点は3点)

千年の丘(400.1m)

石山下山後、車のある駐車地点まで戻ると、せっかくだから千年の丘へ向かい林道を歩きました。



すぐに小高い丘があり、「え?もう?」と思って地図を確認すると、Co406コブでした。



せっかくだから立ち寄ります。
笹が刈られて歩きやすいです。



ピークに到着しましたが、平らでどこがピークか不明瞭です。
もちろん目印は何もありませんでした。



Co406ピークから見えた千年の丘です。



下った先すぐに前日の鹿の角の丘にあった物と同じ電気柵がありました。





電気柵を通過して、柵に沿ってカラマツの林を歩きます。



千年の丘が見えました。



枯れ草の野を上って、千年の丘へ向かいます。



千年の丘に上がると立派な道がありました。



千年の丘はピーク手前でお終いのようです。
ピークを目指します。



笹原を上ります。



ピーク付近です。



古いピンクテープがありました。



テープから少しのところに四等三角点がありました。



三角点付近から千年の森の建物です。



三角点ピークからそのまま下りました。
この日のGPSログです。



情報を教えてくれた「とかち帯広~北日高の山のふもとから」のとしさんに感謝です。
お疲れ様でした。

○所要時間 2014/11/30(日) 往路〔0'14〕復路〔0'11〕
(内訳)往路:十字路(6)Co406(5)道(3)三角点ピーク
    復路:三角点ピーク(6)電気柵(5)十字路

キッチンカフェ・ぴよろ(中札内村)

夏にカムエクを偵察に行ったときに、札内川園地内にあるキッチン・ぴよろに立ち寄りました。
結局、カムエクは天候と相性が悪く、来年へ持ち越しになりましたが。



日高山脈山岳センターに併設されています。



こんな感じです。



入口も山岳センターと一緒です。



山岳センターには日高山脈の紹介のほか、福岡大の学生を襲ったクマの剥製も展示されていました。
思ったより小型のクマでした。



実物大の一等三角点。
ふだんは頭の先しか見えないけどかなり深く埋め込まれているようです。



レストランへ。



メニューです。



注文したのは「ぴよろ丼」(680円)



中札内産の若どりと玉子を使っているようです。
ごろりとした鳥肉が軟らかく、量もたっぷりで優しい味でした。
ナルトが懐かしいですね。



みそ汁を撮ったら、写っている景色にピントが合ってピンボケになりました(笑)。



帰りにピョウタンの滝です。
この日は天気がイマイチで残念です。



札内川もきれいで清んでいます。



来年はカムエクを歩きたいですね。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合16点(20点満点)
○味     ☆☆☆★★ 3点
○ボリューム ☆☆☆☆★ 4点
○価格    ☆☆☆☆☆ 5点
○雰囲気   ☆☆☆☆★ 4点
(及第点は3点)

嵐の前のダム湖

 
 
平成26年12月16日
 
 
 
折角連勤終わって休みがやってきたと思えば、全道大荒れですね(^_^;)
 
 
ソルトの釣りはとても出来そうも無いので、ダム湖へ行ってきました
 
 
 
 
 
 
 

 
 
水温がまだ高め?なのか、結氷はしていませんね
 
不思議な形をした氷柱が沢山あります
 
 
 
 
目的のポイントに真っ直ぐ入り、1時間以上キャストしますが、全くアタリなし・・・
 
 
これはボウズ喰らいそうだな・・・と思いながら回遊待ち止めてランガンしていきます
 
 
 
 
で・・・
 
 
 
 
 
 

 
 
いた~~♪
 
サイズは小さいですが、嬉しい1匹です。。
 
 
 
 
 
 
 
連続で・・・
 
 

 
ニジ  37cm
 
 
 
 
 
 
 
魚影なのか時合なのか解りませんが、急にスイッチが入ったようにアタリがあります
 
 
 
この後、グンッッ!!と強いアタリ。。
 
これは良型っぽい!! っと慎重にやり取り・・・
 
 
 
 
 
 

 
き~た~~~!! いいヤツ出ました♪
 
アメマス 58cm
 
スケール当てて撮りたかったけど、元気良すぎて撮れません(笑)
 
 
 
 
 

 
 
こうして見ると60UPありそうに見えますけどね・・・
 
いや、嬉しかった!有難うございます。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後も・・・
 
 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 
 
 
いやいや・・・
 
ボウズ覚悟だったのに、思わぬ楽しい時間を過ごさせて頂きました(^-^)
 
 
これが今季最後のダム湖釣行となりそうです。
 
また来期お願いします。
 
 
 
 
 
 
折角連休なのに・・・あと2日どうしようかな・・・
 
そろそろワカサギ準備でもしますかね。。。
 
 
 
 
 
宜しければポチッと応援お願いします
 
 

炉ばた巴(帯広市)

少し前ですが職場の上司から若者たちと飲みたいとのリクエストがあり、採用2年以下の若手の飲み会とありました。
場所は酒好きの若者がセレクトした職場からそれほど遠くない「炉ばた巴」でした。





少し遅れて参戦すると、もうすっかり盛り上がっていました。まずビールです。



お通しのイカの酢みそ和え。



残っている手羽先。
若いのであっという間に料理がなくなります。



枝豆。



刺身の盛り合わせです。



ニンニクの丸焼き。



だし巻き玉子。



馬刺しです。
今、生で食べられる唯一の肉でしょうか?



ワインへチェンジです。



なす焼き。



イカ焼き。



アスパラ焼き。



あっという間に食べ物がなくなるので、飲んでばかりで酔っぱらいました。
若者たちのパワーに圧倒されました。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合15点(20点満点)
○味     ☆☆☆☆★ 4点
○ボリューム ☆☆☆★★ 3点
○価格    ☆☆☆☆★ 4点
○雰囲気   ☆☆☆☆★ 4点
(及第点は3点)

石山(862m)

前日に引き続き、翌日曜も十勝千年の森へ向かいました。
前日偵察だけで終わった石山を歩きます。
林道を少し上がって少し荒れてきたので、十字路の広い地点に止め、林道を歩き始めます。



進んでいくと林道の脇に大きな石がゴロゴロと転がっています。



キツネの落とし物。なぜかこのような石の上にあることが多いような。



Co550地点で林道が大きくカーブし、さらに上っていくとかっては地元の人たちがロッククライミングしていたという岩壁がありました。



クライミングの岩を過ぎると分岐があり、左へ折れます。
(ちょうどクライミングの岩の上あたりを通過します。)



進んでいくと道が荒れ始め、ゴロゴロと岩が現れました。



採石場跡です。



少し採石場跡を調べてから右側の作業道らしき跡を辿って進みます。



斜面の上へと向かうなぞのロープを発見。



ロープを伝って腰くらいの笹の茂る斜面へ上がりました。



笹藪を漕ぎながら斜面を上っていくと、時々ゴロッと大岩がありました。



さらに上って急になってくると岩塔群がありました。



岩塔の岩間から強引によじ登って岩塔を振り返ります。



岩塔の上は歩きやすい道です。



岩場が終わると膝丈の笹原となりました。



さらに進んでいったん少し下ります。



再び上りになると腰くらいの笹藪ですが、霜がついているのかズボンがビチョビチョになりました。



何の目印もない石山のピークに到着しました。
晴れていれば十勝平野の眺めがよいらしいですが、この日はガスって何も見えません。
この先にある面内山へ行くつもりでしたがズボンが濡れ、寒いのでここで下山しました。



下山途中、Co550を過ぎたところで十勝平野が少しだけ見えました。



この日のGPSです。



この後、駐車した十字路地点から千年の丘方面を探検しました。
お疲れ様でした。

○所要時間 2014/11/30(日) 往路〔1'15〕復路〔0'45〕
(内訳)往路:十字路(20)Co550(16)採石場跡(28)岩塔上(11)山頂
    復路:山頂(7)岩塔上(16)採石場跡(9)Co550(13)十字路