2015年03月の記事 (1/4)

恵比須山(723m)~大黒山(724.9)その2

(「その1」から続きます。)
ピークに向かう途中にあった峰風さんの山頂標識です。
いろいろあって少なくなりましたが、この標識を見るとホッとします。



三角点のあるピークまでもう少しです。



二等三角点「大江」のある大黒山のピークに到着しました。
右手の羊蹄山は雲の中でした。



赤井川村方面です。



少し戻って北峰へ向かう途中に恵比須山が見えました。



北峰へ向かいます。



すぐに北峰へ到着しました。



展望は本峰よりいいかも。



恵比須山です。



本峰です。



北峰からは尾根を伝って下ります。
ラッセルはこれまでと違って楽ちんですが、かかと部分が雪玉になって歩きにくいです。
ペースが上がらない下りでした・・・・。



天気はすっかりよくなりました。



右手に頂白山が見えました。



林道を横切ります。



ぶじ下山して上りのラッセルに合流するとネコヤナギが芽吹いていました。
やっと春が来ましたね。



やはりラッセルがあると疲労が全然違います。
前半はヘロヘロでしたが、何とか無事に戻ることができました。



最終民家にいたワンコです。
かまってほしくて吠えていました。
ワンコも冬毛から夏毛に生えかわりのようです。



この日のGPSログです。



この日は小樽朝里川の湯の花で汗を流しました。



ラッセルに苦労しましたが無事リベンジを果たせて、ホッと一安心です。
お疲れ様でした。

○所要時間 2015/03/14(土) 往路〔3'51〕復路〔1'06〕
(内訳)往路:駐車スペース(2'00)Co421(1'10)恵比須山(41)大黒山
    復路:大黒山(10)北峰(56)駐車スペース
スポンサーサイト

恵比須山(723m)~大黒山(724.9)その1

2月末に挑戦して取付地点を勘違いして撤退した大黒山へ再びTさんとリベンジしました。
でも今回も話しに夢中になり取付地点を通り過ぎてしまいました(涙)。
戻って最終除雪地点まで行くつもりでしたが夜の降雪により途中で車が動けなくなりました。
何とか脱出でき、最終民家の駐車スペースにお許しを得て準備をして出発です。



通常の出発地点からはもちろんノ-ラッセルです。



思った以上に積雪があり、しかも湿っていてラッセルが重く辛いです。
一人だったら間違いなく途中で気持ちが折れていました。



Tさんとラッセルを交代しながら進みます。



前回途中で引き返した地点より少し先でスノーブリッジを渡りました。



恵比須山の尾根に向かって上ります。



重い雪に難儀して予定の倍の2時間かかってCo421に到着しました。
ふう、小休止です。



Co421から少し下って、恵比須山へ上ります。



急坂になり体力を消耗します。



ピークまでもう少しです。



ふう、何とか恵比須山に到着しました。
疲れました。
この「恵比須山」ですが、「大黒山東峰」とか「ふるとる」とかいろいろ名前があるようです。



気温は高いですが天気が崩れてきたのでツェルトを出して休憩です。
途中であられのような雪が降りましたのでツェルトが正解でした。



休憩を終えましたがどんよりした天気で展望はなし。



天気を諦めて大黒山へ向かうと晴れてきました。



余市町もくっきり見えました。



恵比須山からは大きく下ります。



コルから上り返しです。



上り返しも雪が重く、つらいラッセルが続きます。



ピークが見えてきました。



大黒山の山頂部に上がると何とラッセルがありました。
私たちの後に大黒山を目指してきた方がいたようです。ちょっと嬉しいですね。
ピークは山頂部の赤井川村側にあるようです。



(「その2」へ続きます。)

わかさぎ釣り 最終戦 かなやま湖



平成27年3月30日




本日は最終戦としてかなやま湖時計台下に行って来ました(^-^)



自宅を2:00に出発し、前回より30分早く始める予定で向います。

日高~平取周辺は深夜なのにプラス気温。。。ホントに暖かくなりましたね~~~(^^;






早めに始めるつもりで出かけましたが、実は早々にトラブル発生。。。(ーー;)





途中占冠を過ぎたあたりで・・・・




ん??


なんか寒いぞ・・・??




外気温は-2.4℃

流石にマイナス気温ではありますが、車内は暖房つけてますし、この程度で寒い訳はありません。。




・・・


・・・・・・・



?????




やっぱりヒンヤリする??




ふと吹き出し口に手をかざすと・・・・あれ?冷風が出てる。。。


風出てるからブロアモーターじゃない。。

ヒーターコアが冷たいって事か?

ジムニーは良くヒーターコックが固着しますが、冬ですしコックは開いたまま。。。



じゃ、クーラントが回ってない???




ふと目をやると・・・

水温激高!!!




うおぉ~~~~~~いっ!!


オーバーヒートかぁ~~~~いっ!!!!!



ソッコーで駐車帯に車を停めると・・・・

ボンネットから「モクモクモク。。。」と白煙が (ーー;)





エンジンルームチェックすると、エンジンヘッド横のホースに亀裂入りクーラント吹き出してます(笑)

どうやら白煙は蒸気でした。。

エンジン焼けてた訳じゃなかった。良かった~~~。。。。




ビニールテープ積んでないので車内を物色。

冷却後にホース外してアロンと医療用のテープで応急処置。



さらに運がいい事に、先日2リットルの水を買って車に積んだばかりでした!

マジで一瞬川に水汲みに行こうかと考えましたわ(笑)




で・・・・・

ラジエター内に 「南アルプスの天然水」 注入~~~♪♪







復活(笑)





まぁ、もう金山なので・・・


応急処置出来たし、このまま向います。

あ~~~暖房あったけぇ。。。♪







ちょっとトラブルはありましたが、結局到着は5:00・・・前回と同じですね




さっさと準備してアプローチ



早朝から既に氷上はシャーベット状態。。

当然想定内なので、今回はスノーシュー無しの長靴オンリーで来ています。

浮き水は意外と少なく、くるぶし程度??



前回釣り座に来ましたが、何とか盛った雪が残っています。。

今氷上の雪は殆ど溶けてシャーベットなので、新規の釣り座作りはかなり大変。。


前回釣り座にシャーベットを盛りながら整地。。

今回はアイスドリル要らずです(笑)














準備完了も前回と同じ位。。

前回と全く同じポイントですが、水深が1.5mも深くなっています。

放水もしてない?のと雪代も多いのでしょうね~。。







釣り始めますが・・・

前回より、かなり活性低い・・・



時速100程度でしょうか?




最終釣行なので、ガッツリか超マッタリか、どちらかにしようと思っていましたが・・・

マッタリに決定 (笑)


コーヒー飲んだり。。外散歩してみたり。。。釣りしてみたり。。。。


やっぱりわかさぎ釣りは楽しいな~~。。









快晴ですよ♪









完全シャーベットなので、乗れるくらいの島を作ろうと思うと結構盛らないとイケマセン。。










当然スノーペグ。。

スノーペグも必要です。こんなコンディションでも素晴らしい引っ張り強度を出す事が出来ます。

どんな仕組みでも良いので作っておいた方が良いですね。


スクリューペグも含めて、その内 「ペグシステムまとめ」 をやろうかと思っていましたが

シーズン終わっちゃいましたね(笑)

今書いても大して役に立たないので、来季アタマに書きますかね。。。














当然??私しか居ません (笑)












見慣れた釣り座。今日で見納め。。。











ちょっと早いですが、車屋にも行かないといけませんし・・・

11:00納竿 釣果525匹













最後まで好釣果をありがとう。。。。













まだ来る予定の猛者がおられたら、ここ使ってください。。

綺麗に盛ってありますよ(笑)












岸際は水浮いてます。

一度減水で岸になった氷が、再び水に浸かっているので流氷みたいになってますね。

小さな浮島に乗ると沈むかも??










深い所は長靴でも厳しいですよ。。。











まだ氷は50cm位ありますが・・・

インレット前は流石に薄いのが解ります。 付近には近づかないようにしましょう。。。






それにしても、やっぱりかなやま湖は楽しいですね。。

今季も本当に楽しませて頂きました。

こんな環境を維持して下さっている南富良野町さんには感謝です。

でもここから占冠方面に帰ると・・・南富良野にお金落とすところないんだよなぁ・・・

何か作ったらどうですか?(笑)




そう言えば、ご存知の方もそうでない方もおられると思いますが・・・

かなやま湖は漁協は絡んでいませんが、町がわかさぎの放流を行っているそうです。

観光資源でもあるので、理由は解りますが・・・

我々釣り人としては、こんな素晴らしい環境・魚を無料で提供してくれている事を忘れてはいけませんね。

ましてゴミの放置など以ての外です!!


これからもこの素晴らしい環境の中、皆で釣りを楽しんでいきましょう。










簡単にシーズンまとめ。。


かなやま湖 16回
ホロカヤントー 3回
網走湖 1回
阿寒湖 1回
糠平湖 1回
砂川オアシス 1回
あそ湖 1回
大沼 1回

シーズン累計釣果  17307匹


かなやま湖に半分以上行ってますね(笑)

ホロカはもっと行った気がしていましたが、3回か~~。。しかもアタリ悪かったなぁ・・・(笑)

網走~阿寒~糠平遠征は最高でした♪毎年やりたい(笑)

砂川は行くなら初期ですね。。来季行く?行かないかな??

あそ湖もシーズン1回は顔出しに行きます。誰か相手して下さい(笑)

大沼。。。最強。。。行けばわかるさ。。。(笑)



今季は遠征の少ないシーズンでした。

まぁ連休も余りありませんでしたから、仕方ないかな。。



シーズン累計は・・・ちょっとやり過ぎ感を感じずにはいられませんが・・・(^_^;)

なんか後半が調子良く釣れましたからね・・・

勿論全て私が食べている訳ではありませんが、配り先にも喜んで頂いています。

新ひだか界隈では、わかさぎ釣り場が無いせいか?ホントにわかさぎは喜ばれます。

ありがたい事です。。










ついでに・・・


これもいつか記事にしようと思っていて、ずっと忘れてました。。

今思い出して、写真撮りました(笑)  ついでに書いておきます。









これが何か解りますか??

そうですっ!!金属探知機ですっ!!!

以前私が、魚に付いているかも知れない針チェックをどうするか??

っていう話題を出したことを覚えておられますかね??(笑)


誰かさんのアドバイスもあり(笑)  ここに答えを求めてみました。。




余り安物だと感度悪いので、なんと6K円もします。。。

どうやらホッチキスの針でも感知してしまうとか・・・♪




で・・・・



結果は・・・・・














ただのガラクタになりました・・・(T T)


その内砂浜でトレジャーハントします。。。。(ーー;)












では、これにて2014~2015シーズンわかさぎ釣りを終了します。

今季も多くの方との交流が出来、とても充実したシーズンになりました。

ブログ仲間の皆様、コメント下さる皆様、いつも訪問して下さる皆様。

今季もありがとう御座いましたm(_ _)m














また来季!!

寒くて、熱~~い!  氷上でお会いしましょう。。。









宜しければポチッと応援お願いします



中華屋台「加匠」(札幌市手稲区)

小樽へ行った帰りにお腹が減って、手稲の中華屋台「加匠」で夕食を食べました。





この日はお客さんがおらず私たちだけでした。



メニューです。
以前に訪問した時は注文し過ぎたので、今回は控えめに注文します。





まずはメインのあんかけ焼きそばです。



ザーサイ。
ビールが飲みたくなりましたが、車なので飲めません(涙)。



エビシューマイ。



春巻きです。
中がアツアツで舌がやけどしました・・・(涙)。



もう少し食べたい感じでしたが、家でお酒を飲むのでちょうどいいかも。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合14点(20点満点)
○味     ☆☆☆☆★ 4点
○ボリューム ☆☆☆★★ 3点
○価格    ☆☆☆☆★ 4点
○雰囲気   ☆☆☆★★ 3点
(及第点は3点)

社満射岳(1062.5m)その2

(「その1」から続きます。)
進んでいくと前コブ(左)と右にタケノコ山です。



タケノコ山とそのすぐ右の尖ったコブ。
タケノコ富士かな(笑)。



前コブに上がると人影が見えました。



タケノコ山手前に6人の若者グループ、タケノコ山のピークに3人グループの1人がいました。
タケノコ山の由来は分かりませんでしたが、ネマガリダケの産地だからでしょうか?
タケノコ山から社満射岳を望みます。



振り返ると左奥に落合岳、右のトマム山です。



来し方を振り返ります。



水分補給して社満射岳へ向かいます。



隣の尖ったコブに立ち寄ります。



尖ったコブについて正面に社満射岳。



少し下って社満射岳へ向かいます。



上りになってタケノコ山を振り返ります。
手前は尖ったコブです。



社満射岳への上りは急坂ですが雪が安定しているので辛くはありません。



今日と昨日と思われるラッセルが残っていました。



もう結構体力を消耗してヘロヘロになりながら最後の上りです。



山頂部の稜線に到着しました。



ピークは山頂部の一番奥でした。
到着すると三角点の杭が頭を出してました。



夕張岳方向です。




表大雪です。



この日のGPSログです。



帰路、新得温泉で汗を流しました。
カメムシが凄かったです。
とても大人しい番犬のワンコ!



お疲れ様でした。

○所要時間 2015/03/08(日) 往路〔2'32〕復路〔1'42〕
(内訳)往路:第二リフト上(22)Co781(39)Co776(1'05)タケノコ山(26)山頂
    復路:山頂(20)タケノコ山(27)Co776(34)Co781(8)第二リフト上(13)スキー場

社満射岳(1062.5m)その1

なかなか歩けなかった南富良野の社満射岳を歩いてきました。
この社満射岳ですが、一等三角点がありその名前は「杜満射岳」(とまんしゃだけ)
似ていますが「社」(しゃ)と「杜」(と)と微妙に違います。
ずっと「しゃまんしゃ」と思っていたのですが、どうやら地図に名前を載せるときに間違ったようで「とまんしゃ」が正しいようです。
それなら修正してくれるとよいと思うのですが、そのままになっており大変紛らわしいです。

この山は、山スキーヤーに人気があるようで、みなさん林道を除雪最終地点まで行って、そこから手前のピークのタケノコ山経由で向かっているようですが、私は地味にスキー場経由です。
なぜかというとスキーじゃなくスノーシューなのと、珍しくスノーシューでもリフトに乗れるからです。だめなスキー場が多いですからね。
スキー場の駐車場に着いてスキー場を望みます。



スキー場のロッジ内にあるリフト券売り場で確認して、リフト1回券を購入しました。
「スノーシューでも大丈夫ですよ。タケノコ山に行くんですか?気をつけてください!」とレストランの女性がとても気さくでした。



ザックを前に背負って、リフトに乗車します。



10分で第二リフトの上について、動いていないさらに上のリフト乗り場へ。



ラッセルがあるかなと期待していたのですが、シカとキツネのラッセルのみでした(残念)。



雪は思ったほど締まっておらず、ラッセルにスタミナを奪われながら上ります。



スキー場のピークであるCo781に何とか到着しました。ふう。



まだ先が長いので尾根を伝ってタケノコ山へ向かいます。



進んで行くと左にタケノコ山、右に社満射岳が見えます。まだ遠いです。



大岩がありました。一ノ山の岩頭が浮かびましたが、すぐ通過でき大丈夫でした。



土場のような広い地点を通過します。



Co776に到着しました。



タケノコ山(左)、社満射岳(右)が見えます。まだ遠いです。



さらに進んでタケノコ山の上りです。



何と斜面は柔らかい雪が崩れて一苦労です。
膝ラッセルの直登にバテバテになりました。



ここで止めるわけにいかないので必死に進みます。



尾根というか稜線が見えました。



斜面の途中で小休止しながら振り返ります。



尾根に上がると何とラッセルがありました。助かったあ~!



やはりラッセルがあると楽ちんです。



(「その2」へ続きます。)

わかさぎ釣り 第24戦 かなやま湖



平成27年3月27日




皆様の情報を見ていてもまだ乗れそうなので、やっぱりもう少し延長します(笑)

ということで再びかなやま湖へ・・・



朱鞠内も終わり阿寒湖も今月末で終了の様ですから、あと乗れるフィールドは数える程となりましたね。



現地到着前、手前の駐車帯に立ち寄ると・・・

ん?見たことある車が来た・・・・


・・・・・


ちょげさん」でした(笑)




ちょげさんはこの辺りのポイントが気になって立ち寄ったとの事・・・

確かにかなやま湖は鹿越と時計台以外は余り入られていませんからね。。

私は余り新規開拓には精力的ではないですが、来季は別ポイントってのも面白いかも知れません。




で・・・いつもの駐車場へ・・・


本日は「ttyyさん」も来られると伺っていましたが、既に到着されています。




準備して、揃ってアプローチします。





朝はやはり歩きやすいですね。

水は変わらず浮いてますから、日中は確実にズボですが・・・



私は前回釣ったポイントへ入ります。

ttyyさん、ちょげさんもお近くポイントへ・・・










準備完了は7:00

前回と変わらず魚は浮いていますね。


タックル

プレミアDR 2刀流
マイティ(中硬)
本錘3g+捨て錘3号・捨て糸1m 途中から本錘2g+捨て錘4号
紅サシ
いつもの仕掛け1.5号









水深は10m、出来れば10mで20束/9hを狙っていますので、ギリギリの時速です。


が・・・

この後ちょっと失速・・・



前回に比べると、群れもやや薄。活性も今一つ。。

殆ど入れピクではありますが、誘いが必要な場面もあります。



時速で言えば200に届かない位、なかなかそれ以上のペースにはなりません。


















オガワ軍団 (笑)













10:30頃から錘システム変更し、時速ちょいUP

諸刃の剣、捨て錘4号投入です(笑)

4号はギリギリラインですね。スプール・シリコンリング滑りが時々起こります。

12:00で10束、平均200はなんとか維持ですね。。











15:00 1630匹

あと1時間では20束には届きませんので、ここで納竿としました。








ちょっと分かりにくいですが、小型が多かったですね。











ちょげさんはちょっと早めに片付けされていたので、ここで撤収されます。

本日はお疲れ様でした。

また来季?何処かのフィールドでお会いしましょう(^-^)
























そう言えば・・・・







前回気付きましたが・・・

マナスルのケース、数回使用しただけなのに・・・(ーー;)

特に引っ掛けたりした覚えはないですが、ちょっと耐久性に疑問が湧きます。。

これがハズレ個体だった事を信じて、ケースのみ今回は注文します。(2K円もしますけどね!)

またスグに破れたらボロクソ書く事にしましょう(笑)




マナスルは大量生産が出来ないとかで常に品薄状態ですが、

なんて言うか・・・設計等は良いですが、組立精度が今一つというか・・・

知り合いの購入者の中だけでも、新品不具合が非常に多いです。。

構造が単純なのでどうにでもなりますが、全く知識のない方は困るかもしれません。










帰り際、ttyyさんと駐車場でちょっと長話。。。


長く引き止めて申し訳無かったです(^^;

ttyyさんもまた来季、何処かでお会いしましょう(^-^)










表層は殆ど溶けてズボになりましたね。。

氷はまだ厚いので、乗れますが・・・

もうおススメは出来ないレベルになってます。


今日も結局我々しかいなかったので、もう来られる方もいないかな??

特にインレット周辺は雪代が増えてどんどん薄くなっていますから、近寄らない方が無難です。

行かれる方はどうぞご注意を。。。








宜しければポチッと応援お願いします










そば香房「わ膳」(音更町)

久しぶりに外でランチしました。
訪問したのは国道沿いにある、音更町の「そば香房/わ膳」です。



まだ新しいきれいな店内は、お昼すぐだったせいかまだ空いていました。



メニューです。
ちょっと高めですね。





すぐに出来上がってきました「冷やしたぬき」(850円)。



そばは少し色のついた田舎風ですが、しっかりコシもあり、なかなかいい感じです。
つゆも出汁が効いて、少し濃いめですが、そばとの相性もいいですね。
丁寧に処理されたきざみネギも好印象です。



漬け物と、ぷりっとした身の生たまご。



薬味のネギとわさび。



やや高めなのが減点ですが、上品で美味しいそばです。
次回は「かしわ」を食べてみたいです。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合14点(20点満点)
○味     ☆☆☆☆★ 4点
○ボリューム ☆☆☆★★ 3点
○価格    ☆☆☆★★ 3点
○雰囲気   ☆☆☆☆★ 4点
(及第点は3点)

(通称)清水山(365.3m)

若者達と飲んだ翌朝の土曜日、朝起きると雨交じりの小雪。
すっかり遠出の意欲をなくし、近場の低山を歩くことにしました。
目指したのは新得町と清水町の境にある(通称)清水山です。
この山には「二等三角点:清水」があるため、このように呼ばれているようです。
町道をはずれ、取り付き地点にしようかと車を端に寄せると、埋まりました(涙)。
幸運にもすぐ近くに牧場があったので、ワンコに吠えられながらもお願いして、トラクターで引き揚げてもらいました。感謝感激です。



気を取り直して、町道に戻り、あまり端に寄らないよう&邪魔にならないよう駐車して準備します。



目指す(通称)清水山を目指して、雪原をスノーシューで歩きます。



直登は急なので少し左に寄りながら進むと牧草地の水抜きの側溝を越えます。



カラマツの林になると道のようになっていました。



林道にでて交差するように進むと徐々に上りになりました。



尾根に向かいます。



尾根について山頂へ向かいます。



途中からカラマツの植林地を抜け、雑木林になりました。



木々の隙間から国道方向を望みます。



ピークが近づいてきました。



ピークかと思ったら前コブで、ピークは少し先でした。



すぐに(通称)清水山に到着しました。
Pテープと三角点測量の遺構のような杭がありました。
命名した日高全山会の赤布はありませんでした。



山頂からは木々の隙間から新得町方面が望めましたが、あいにくの天気でイマイチでした。



帰路は急斜面を下って、Co212のコブを目指します。



下ったコルの白樺の林でした。



林道を横切ります。



Co212コブ手前はシカのねどこでした。



すぐに平らなピークに到着しました。
展望はいまいちだったのですぐに下山しました。



この日のGPSログです。



この日は温泉に寄らず、そのまま帯広へ戻りました。
お疲れ様でした。

○所要時間 2015/03/07(土) 往路〔0'53〕復路〔0'36〕
(内訳)往路:駐車地点(19)林道(30)前コブ(4)山頂
    復路:山頂(19)コル(林道)(9)Co212(8)駐車地点

炙り主肴くまのや(帯広市)

職場の若者達と飲み会を「炙り主肴くまのや」で行うことになりました。





当日ちょっと用事が出来て、遅れて参加しました。
もうみんなで盛り上がっていましたので、負けずにビールで追いつきます。



宴会のみで食べられるというブリのカマ。



刺身です。ちゃんと一人分残しておいてくれました。



牛ステーキ。



若鶏の唐揚げ。



鍋はすでに食べられ、玉子ぞうすいになっていました。



最後はワインを少し飲みましたが、酔っぱらいに追いつけませんでした(笑)。



ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合14点(20点満点)
○味     ☆☆☆★★ 3点
○ボリューム ☆☆☆☆★ 4点
○価格    ☆☆☆☆★ 4点
○雰囲気   ☆☆☆★★ 3点
(及第点は3点)