2016年02月の記事 (1/4)

わかさぎ釣り 第18戦 ホロカヤントーで初体験。。




平成28年2月29日



本日はホロカヤントーに行ってきましたよ。。


新リールのテストであわよくば、浅場爆釣を試したかったのもあります。。



ハッキリ言って書く事無いような釣行になりましたが・・・

まぁ、一応書いておきます。





自宅出発は3:30


自宅を出た途端に結構風吹いてますね~(^^;


???これ大丈夫か???


私はワカ釣りにおいて、今まで天候による中止をしたことがありません。

が、一応予報はチェック。。。




日高は吹いてるけど、南十勝は穏やかな予報。

えりも岬越えて天気が真逆になる事はよくあるので、「そのパターンね~~。。」

なんて言いながら車を走らせます。






5:30現着。

まぁ予報通り、風は穏やかですがもの凄い雪降ってます。。

気温は-8℃。。雪降ってるからあったかいですね。



久しぶりなので管理人のおじさんと長話して6:00頃歩き始めます。




ホントは浅場で結構釣れて、リールテスト出来れば満足でしたが・・・

なんか7~8番方面が調子いいみたい。。



場所的には11~12番の対岸ですね。


多分距離にして1.5キロ程あるでしょうか、積雪は何もないところで30~50cmありますが、

おじさんが機械(アレなんだろう、除雪車??)で、踏んで道作ってくれてますから歩きすいです。



今まで行ったこと無いし、今日は奥まで歩いてみるかなっ!



って事で黙々と歩きます。

この時点で降雪量が凄いので、かなり嫌な予感がしながら歩いています。

これ、帰り雪凄そうだな~。。。おじさんまた踏んでくれないかな~~。。。(笑)


なんて考えているうちに到着。。。





私の前に入ったお客さんも1組おられました。

その1組のやや手前に場所決め。




フラットな場所は30cm以上積雪ありますから、まずは除雪が大変。

せっせと除雪して、テント立てて・・・






やっと準備出来たのは8:00位。

今日デジカメにSDカード入ってないの気付かずに来ちゃったので、画像はスマホで・・・

オマケにフラッシュ撮影になってたようで、見にくい・・・(^^;




釣り始めると良い感じで群れも寄ってきました。

これは今日期待出来そうですね~♪








スピードスターの前足は一番簡単な対応策として、クッション性のある両面テープ止めにしました。

家に転がっていたものですが、これで十分ですね。

元々マグなので、粘着弱い両面でOK。

私は以前エスプリミニに使用していた様に、ゼムクリップで足作ろうかと思いましたが、

まぁこれでも良いかな。。

ただこの足をインパクト等で使おうと思えば、ゴムバンドが塗装されていますからね。

塗装への侵襲も気になるところ。

まぁ私は持ってませんので良いですけど。(笑)







で、釣り始めてまだ10分位しか経ってませんが・・・

随分風が強くなってますね。(^^;


「なんか風強くなってきたな~~。フルペグダウンはしたけど、もうちょい張り綱にテンションかけるかな~。」


なんて思っている内に、あっという間に猛吹雪。。


テントの窓から見える景色は、雪が完全に真横に降ってますね。(笑)






仕方ないので、1度テントから出てもうちょいテンションかけます。。


なんか既に10mクラスの風が吹いてますね。。。(ーー;)


外に出ると先客さんが既に片付けて、歩いて来られます。

「大丈夫ですか~~!」 と声をかけて下さいますが、「まぁコレくらなら何とか・・・(笑) 」


ちょっと言葉を交わし、見送ります。

思いっきり向かい風の吹雪なので、帰りが思いやられますね。


再びテントに潜り込んで、開始します。



錘システムが中々決まらず、ようやく良い感じになってきた頃・・・



「お~~い。。大丈夫か~~。。。」


あれ??この声は。。。


管理人のおじさんが立っておられます。

???どうしたの?こんなところまで???


機械の音しなかったけど、乗ってきた??と尋ねると。。


「いんや、心配だったから歩いてきた。。」  って、マジですか??この中を???



「さっきもう1組のお客さんも帰ったから、やめた方がイイんでねぇか?」


いや・・・コレくらいならまぁ、許容範囲なので帰るまでにはちょっと収まるんじゃ???


っと考えていると、次に驚くべき言葉が・・・



「いんや、風は弱くなんねぇよ。。さっき予報でこれから30~40m吹くって言っでた。。」



!!!!!!!??????


30~40m ???!!!   風速???!!!

はあ???


それは無理だな~~(ーー;)





取り敢えず殆ど湖面につけた道路も見えなくなってきてますから、おじさん早く帰って。帰って!!

俺も止めるから、気をつけてね!!


っとおじさんと別れ、お片づけ開始。。








なんてこったい。。

まだ始めたばかりなのに・・・

魚探知にはもの凄く濃い反応が出てますね。今日は間違いなく爆だったろうに・・・



私は準備にも時間かかりますが、片付けも30分以上掛かります。。

やれやれ・・・(ーー;)


ワカ釣りを始めて何年になるでしょうか、天候による中止は初体験ですね。。。










もう吹雪で景色なんも見えず。

まだ風は10m位な感じ。。今季強風釣行が無かったので、このテント画像も久々かも。(笑)



ようやく全て片付けて歩き始める頃には、既に機械でつけた道路など全て無くなり・・・まっさらです。


風は弱まること無くどんどん強くなります。

うひゃ~・・・顔痛ぇ~・・・マジでゴーグル持ってくれば良かった。。








まぁ小さな湖なので、迷うことはありません。

左側にぼんやり見える13番の岬を目指します。
















殆どずっと膝位の積雪。もう道なんて見えないのでひたすらラッセル。

顔も上げられないので、うつむいたまま地獄の1.5キロ。(ーー;)


















海岸の砂浜が盛り上がっている影響で、湖面へのアプローチ周辺は吹き溜まりで更にエライ事に。。





もう股まであります。

これ釣り続けてたら、帰りどうなったんだろう。。(^^;







車に着いたら、丁度おじさんも撤収準備されて2人で退却します。(笑)

上手いこと除雪車が来てくれましたが、ホロカの駐車場って車も直ぐに出れなくなりますね。






帰り道も今季最高の吹雪味わいながら帰りました。

天馬街道、1箇所雪崩て道路半分埋まってましたが丁度視界良かったので何とか躱せました。

悪天候ってより、ホント災害レベル。(ーー;)





はぁ・・・まいった。。。


こりゃ、次回はホロカリベンジだな。。。(^^;)






宜しければポチッと応援お願いします。





スポンサーサイト

わかさぎ釣り 第17戦 糠平湖




平成28年2月26日



今回はブログ友達である「ttyyさん」とテント内コラボを約束していたので、糠平湖へ行きました。

ttyyさんとは数年前からコラボをしようと言ってたのに、1度も実現することなくきていましたので、

やっと実現ですね。(^^;



前日21:00頃出発して、26日1:00頃糠平到着。。

そのまま車泊します。






5:00前には5の沢駐車場に到着。

ttyyさんは既にこられていました。

今季お初ですね。。。今日はよろしくお願いします。。っと準備開始。




準備していると、本日来ると言っておられた「towaさん」「まーまーさん」「E・Kさん」もぞくぞくと到着。

towaさんも今季初でしたね。(^-^)




皆の準備が完了した所で、出発。。




本日はどこでやろうか悩みましたが、前回まーまーさんが村で好調だった様なので、

村の中で開始することに。。










左のプロックスにお三方。。右のコールマンに私とtyyyさんが入ります。









普段中々お会いしないものですから、テント一つ立てるにもドリルがどーやら、コーチがどーやら・・・

中々作業が進みません。(笑)












やっと準備完了が7:30。












まずはスピードスターテストですよ。。

前足、やっぱりマグだけだとちょっとズレますね。

これはリカちゃんも危惧されてましたが、まぁその通り。。

対応策何点かあるので、どうするかな・・・















釣り始めますが、ちょっとポイント外れた感じで群れの入りはイマイチな様子。

私は糠平釣れるイメージ無いので、これでも十分な感じはしますが・・・今季は釣れてますからね。(^^;










こんなデカサギもきましたよ。。












今日は対面でこんな釣り座。。。

リールは途中からプレミアに変更。









この後向こうのテント行ったりこちらに集まったりで、コアなワカファンが集まっているものですから、

皆んな釣りより情報交換が忙しい・・・(笑)

非常に楽しい時間を過ごすことが出来ました♪





まーまーさん、E・Kさんは早上がりで撤収されます。

towaさんは撤収後もこちらのテントで暫くお話。。。














お隣のテントが撤収されたら、群れが入りだし。。(笑)

折角なので3束まで釣らせて貰いました。

ttyyさんももう完全にオフ会モードで釣りしてないし。。(爆)











良型の魚が多いですね。































今季は29日で終了の様ですから、私も糠平ラストですね。

まだまだ氷は乗れそうですが、アプローチが5の沢インレットですからね~。

何とも残念ですが、薄い場所は実際に落ちる方もいらっしゃるみたいなのでしょうがないですね。(^^;












今季は結構来ましたね~。。


来季もまたお願いします。(^-^)










皆様当日はお疲れ様でした。。

お陰様で楽しい時間を過ごす事が出来ました。

ttyyさんもまた機会ありましたらテントコラボしましょう。(^-^)









ちょっと最近プライベートも忙しく、中々時間がありませんね~。。

でも釣りは行きたいし・・・(笑)



明日も釣行行きますし、今回はコメント無しとさせて頂きます。。





さて、もう寝ないと・・・(^^;






宜しければポチッと応援お願いします。





とんかつ雅(みやび)(帯広市)

ランチは最近コンビニでパンを買って済ませているのですが、美味しいトンカツを食べに行くという若者達につられて久しぶりに外食しました。
訪問したのは、とんかつ専門店「雅(みやび)」です。



この日は空いていましたが、その後、パラパラとお客さんが来ました。



ランチメニューです。



出来上がってきました「ローストンカツ定食」(970円)です。



サクサクとした衣にジューシューなカツでなかなか美味しいです。



接客も大変良く、お薦めです。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合16点(20点満点)
○味     ☆☆☆☆★ 4点
○ボリューム ☆☆☆☆★ 4点
○価格    ☆☆☆★★ 3点
○雰囲気   ☆☆☆☆★ 5点
(及第点は3点)

秘伝 最新型リール




さて、タイトルに書いたとおりですが・・・


何から書けば良いでしょうか・・・

なかなかキーボードが進みませんね~(笑)









取り敢えず・・・


現在手元に秘伝の最新型リールがあります。




このリールは現在リリースされているモデルとは若干異なり

私が高速手返しに必要な性能・形。それをお願いして作っていただいた物です。。





なんでこんな経緯になったんだっけな~。。。

実はあまり覚えてません。(笑)


何度かリカちゃんとやり取りをしている内に

「ほぉすけモデル」みたいな物を作ろう。。なんて話になったんだと思います。

「ほぉすけモデル」なんて、私如きがなんか偉そうでスミマセン。。。(ーー;)



基本的に秘伝リールのポテンシャルは元々高いです。

それを更に数釣りに少しでも活かせる様に、と私は無理な要望を言ってみたり、

自作で足を作ってみたり。。。。


元々秘伝推奨の釣り方とは若干異なるスタイルになっていますかね。。



まぁ、その中でもリカちゃんが1番気に入らなかった?のが4本足でしょうか?(笑)

私もなんか申し訳ない気もするが・・・

と思いつつも、まぁ使いやすいものはしょうがない。。と使っていました。


私が言うといやらしいですが・・・

私がそのスタイルで結構な数を釣るものですから、

リカちゃんも「なんだよ~~。。」って感じだったと思います。(笑)




で、、、渋々ながら?(笑)

今回のリールが出来上がった訳ですね。。。

因みに、私専用にオーダーリールを作ったって話ではありませんよ。


近々、秘伝より発売されます!


そんで、既に命名もされ完成形が届いたわけです。






そう言えば今回のオフ会の件も含め、なんか私が秘伝の関係者みたいな感じになってますが、

私は只のユーザーですからね。(笑)

リカちゃんも「広告塔だ。」 なんて言ってくれちゃってますが・・・(^^;

くれぐれも いちユーザーですよ。

秘伝のクレームなんて受け付けませんよ。(爆)

でも今回のリールに関しては私が関わっていますし、ご紹介させて頂きます。









んで・・・

余り勿体ぶってもしょうがないので・・・






新型リールがこちらっ。。











秘伝 スピードスター






私のブログを普段から見てくださっている方には見慣れたスタイルかも知れませんが・・・


完全公認4本足スタイルです!

当然この4本足スタイルで発売されます。。。




しかも・・・







前足完全新設計。。








固定足と違い、手持ち1刀流でも手ばね感覚でイケると言う、秘伝特有の性能もスポイルしません。
(この前足って・・・インパクトにも・・・ゴニョゴニョ・・・)




後ろ足については、現在付いているものは私が普段愛用している物ですが、

これを実際にどうするかは・・・知りません。(爆)


これと同様の物を塗装して仕上げるか、もうちょっと違う物の仕上げになるかも知れません。













大きさ比較。

私はインパクト持ってませんが、一番上のプレミアがインパクトと同サイズ。

上からプレミア・スピードスター・旧エスプリミニ。


通常サイズと、ミニサイズの中間サイズです。


現在リリースのシリーズでは、持ち手が以前より細くなった事もあり、

基本的にミニシリーズは1刀流で使うのがベストとなりました。(勿論2刀流でも使えますが・・・)

その為、コンパクトサイズでありながら2刀流で違和感無く扱える中間サイズを作って頂きました。










スッと持てて、ワンボタンで巻き上げ、そのままの手でスプール操作が行えます。

浅場高速手返しではシンプルにワンボタンこそ最良と思っています。














私は高速手返しモードの際、魚が上がってきたら即スプールはこの状態で固定します。

この状態でラインを固定することにより魚も外しやすく、

この後叩き台に置いた途端に落とし込みを始める事が出来ます。










私はわかさぎ釣り全般好きですが、やはり1番こだわりを持ちスタイルとしているのは手返しの速さ。

まだまだ未熟ではありますが、

「最狂最速の手返し」 にこれでまた一歩近づける気がします。(笑)





まだ実釣はしていませんが・・・


これを秘伝で売る売らないに関わらず、忙しい中わざわざ制作して下さったリカちゃん。

この場を借りて御礼申し上げます。

本当に有難う御座いました。m(_ _)m







「忙しいから、デビューはそっちのブログで書いといてよ。。」

「本家ではインフォしないよ。。(笑)」

な~んてまた無茶な事言っちゃってましたが・・・(^^;


興味のある方、お問い合わせは「オレ鮎&秘伝」まで。。。










さぁ。。デビュー戦は糠平湖予定ですよ♪








宜しければポチッと応援お願いします。





(糠平)温泉山(1281.0m)その2

(「その1」から続きます。)
また道道を離れスキー場跡を進みます。
ラッセルはあるものの風で風前の灯火です。



先行者はスノーシューで上り、スノボで下ったようです。



ラッセルをしながらゆっくり進んでいくと雪模様になって山頂が見えなくなりました。



第三リフトが見えました。



現在使用されていない第三リフト降り場に到着しました。



先行者はリフトまでだったようでピークへはノーラッセルでした。



雪の塊を避けながら進んでいきます。



山頂部の三角点の手前に文字の消えた古い標識がありました。



もう高さは変わらないのでここで十分と言えば十分ですが、やはり三角点ピークへ向かいます。



三角点ピークまでもう少しです。



赤い布があった温泉山の三角点ピークです。
展望はありません。



第三リフトまで戻って休憩していると天候が回復してきました。
下山後は久しぶりに湯元館で汗を流しました。



この日のGPSログです。



上の方は全然積雪状況が違っていたのでぜひ全リフトを稼働してほしいですね。
お疲れ様でした。

○所要時間 2016/02/07(日) 往路〔2'03〕復路〔1'00〕
(内訳)往路:駐車地点(31)第二リフト下(26)道道交差(54)第三リフト上(12)山頂
    復路:山頂(6)第三リフト上(24)道道交差(11)第二リフト下(19)駐車スペース

(糠平)温泉山(1281.0m)その1

糠平温泉のスキー場の山である温泉山を歩きました。
かっては山頂付近まで三つのリフトを乗り継いでいけたようですが現在は一番下のリフトしか稼働していません。
それでも少しでも楽しようと思い、リフトに乗れるか聞いてみるとあっさりダメでした。
仕方ないので一番上の駐車場までいって、そこから歩きます。



スノーシューでスキー場のゲレンデを歩きます。



しっかり圧雪された固いゲレンデを進みます。



最初の分岐を右へ折れます。



すぐに冬季通行止めの道道にでました。
ここもゲレンデ状態です。



道道からスキー場へ戻る分岐も急坂でした。



第二リフトの乗り場が見える地点に出ました。



第二リフト上もさらっと圧雪しているようです。
コース場には最初前日かと思った、この日早くに歩いたスノーシュー跡があります。



いったんリフトの下を通過します。



進んでいくと温泉山のピークが見えました。



振り返るとウペペらしい山の奥に見えるのはニペソツ山かもしれません。



第二リフト降り場横を通過します。



さらに進んで道道と交差します。



正面に温泉山が見えますが、徐々に雪模様になってきました。



レストラン「アリエスカ」。アラスカにある山の名前ですね。
建物はまだしっかりしていて営業していないのがもったいない感じ。



ここからはラッセルはあるものの圧雪されていない見た目以上の急坂でした。
ここまでは圧雪されて楽ちん歩きだったので余力がたっぷりあります。



道道へ上がります。



道道へ上がって振り返ると糠平湖が見えました。



楽そうなので少しだけ道道を辿ります。



こんな標識ありました。



(「その2」へ続きます。)

鱒見山(602.8m)

十勝幌尻岳方面へ続く林道を偵察後、三角点ピークを歩きました。
十勝幌尻方面は工事が行われているのが除雪されていましたが、うっすらと雪があったのでFF車の私は奥まで行かないで途中で戻ってきました。やはりこの時期は4WD車じゃないとだめですね。

戻って戸蔦別川に架かる拓成橋のふもとの駐車スペースで準備していると、一台の車が来て「帯広岳へ行くのか?」と話しかけられました。ここから帯広岳へ向かう人が多いようです。



看板とその下にある面白い標語。



先行するのはスキーとスノーモービルのラッセルです。



すぐに林道に出ました。



林道を進んでいくとすごいテープがありました。
スキー跡が残っており、どうやらこの付近で渡渉できるようです。



林道の分岐です。
私の進む方向にトレースが続いていました。



少し上っていくと今度はゲートがありました。



その先には地図上にある支線分岐です。



山頂まで距離はありませんが、稜線はまだ見上げるほどの高さにあります。



途中でスノーモービル跡はなくなり、スキートレース跡だけとなりました。



稜線に続く高さまで上がってきました。



尾根に取り付きました。



前コブまでもう少しです。



前コブに上がって鱒見山を望みます。



いったん下って細い尾根を進みます。



鱒見山への上りです。



鱒見山に到着しました。
三等三角点がありますが珍しくテープもありません(笑)。



十勝幌尻岳は雪雲がかかって見えませんでした。



八千代牧場方向です。



帰路は急斜面を下って戻りました。
雪に埋もれた倒木で何回か転びました(涙)
この日のGPSログです。



お疲れ様でした。

○所要時間 2016/02/06(土) 往路〔1'49〕復路〔0'53〕
(内訳)往路:駐車地点(28)テープ(10)分岐(32)斜面取付き(22)前コブ(17)山頂
    復路:山頂(13)林道(10)分岐(8)テープ(22)駐車地点

北海道十勝料理「えん」(帯広市)

北海道十勝料理と謳う居酒屋の「えん」を訪問しました。
実は二度目なのですが、来たことは覚えていてもその状況は全く覚えておらず(笑)





メニューです。どちらかというと中華料理メインな感じです。



まずはビールです。



お通しはモツ煮(ぼけました・・・)。



湯豆腐です。



髪の毛が風前の灯火の私には嬉しい昆布。



水菜のサラダです。



ザンギ(鳥の唐揚げ)。



ユリネ揚げ。ほくほくして好きです。



エビフライ。マヨがちょっと許せないかな。



もうお腹いっぱいですがどんどん注文されます(もう食べられないのに・・・)
餃子です。



日本酒の飲み比べセットへ。



最後にあんかけ焼きそば。



ふう、後半はほとんど食べず飲んでばかりだったけれど、この日も食べ飲みすぎでした。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合15点(20点満点)
○味     ☆☆☆★★ 3点
○ボリューム ☆☆☆☆★ 4点
○価格    ☆☆☆☆★ 4点
○雰囲気   ☆☆☆☆★ 4点
(及第点は3点)

わかさぎ釣り 第16戦 かなやま湖 今季は厳しい。。



平成28年2月22日




本日はかなやま湖に行ってきましたよ。。

時計台下と悩みましたが、鹿越橋も気になります。


最近ブロガーさん達も余り行ってないようですし、情報分からないので鹿越だな・・・

って感じでポイント到着は5:30




駐車場に着くと、少し向こうになんかモゴモゴしているプリウスがいます。。

あれ、何やってるんだろ・・・?

と思っていたら、迂回して近くに駐車。。

深雪でスタックしかけた「店長さん」でした。(爆)


今季はもう会えないかな~。。と思っていたら、会えるもんですね。

お久しぶりでした。。そんな感じしませんでしたけど。(笑)



大体入る場所話して、店長さんは先にアプローチ。。





呑気に準備していると・・・

「ほぉすけさんっ。。。」  っと・・・




あれ??「まーまーさん」!

これまた今季は会えないかと思っていたら・・・(笑)



しかも1台だけあった先客さん、まだ仮眠中の様でしたがまーまーさんのお知り合い「E・Kさん」でした。

E・Kさんにも何度かお会いしていますね。あまり覚えてなくてスミマセン。。。(ーー;)

あ~。。あの時の!! って適当に話を合わせることが出来ないのが私の悪い癖です。

正直者なので。。。(笑)




この後「ともちゃんさん」にもお会いするわ・・・

皆さんどうしちゃったんですか??

まさかの釣れないと噂の鹿越で、月曜に知り合いが集結。。(笑)




大体入る場所決めていたので、適当に探索して場所決定。。







今回画像殆ど撮っていなかったので、サクッといきます。。。











中央GFの2張が私とまーまーさん。左の黄色テントがE・Kさん。一番右のテントが店長さんですね。。









開始は7:40

魚影は結構ありますね。。






釣り開始間もなくすると・・・








魚は居るんですね~。

でもマイクロ。。しかも活性低く食いません。。。


オマケに大沼で1.0号仕掛け使っちゃったの忘れてて、1.5号しか持ってない。

アタっても乗らないこともしばしば・・・



開始はGT-S使っていましたが、途中から水中穂先のスーパージャイロへ変更。。

今日はどちらの穂先も変わらない印象。。

捨て錘2号+本錘1.5g or 1.0g

赤サシ3分の1カットでポツポツ釣ります。



こういう釣りも嫌いでは無いので、結構熱中。(笑)




途中皆さんとお喋りしたり。。。


そうこうしている内に、E・Kさん、まーまーさんはちょっと早めに納竿。。

皆さんも厳しかったみたいですね。(^_^;)








私は13:00までとして、飯食って終了にします。。







釣果212匹









マイクロ率高し。。スッカスカ。。。

まぁでも今季スッカスカ率も高いから、まだ良い方。。(笑)










今日も調子に乗ってカップ麺。。。

ワカ釣り日はチートデイ♪ なんてアホな事言ってるから、ちっともダイエット進まず。(笑)





撤収時に「とーりゃんさん」も声をかけて下さいました。

撤収時も皆でワイワイ話しながら帰ります。








本日は皆さんお疲れ様でした。(^-^)

まぁ・・・今季のXは無しの方向で・・・(笑)


魚影は結構あるので、減水の具合と活性によっては爆もあって良い様な気もしますが・・・



お次は時計台下かな・・・





わかさぎ釣りもそろそろ後半戦。。






お次は何処に行きますか・・・・






宜しければポチッと応援お願いします。





阿部山(703m)~峰越(860m)その2

(「その1」から続きます。)
二つめのピークに到着しました、
もはやスノーシュー単独のラッセルのみでした。



いったん下って大きく右へ回り込みます。



峰越、山としてどっぷりとしていい感じです。
右に三角点ピークが少し見えています。



倒木の尾根を歩きます。



上りになると若い木々が少々うるさいです。



ピークまでもう少しです。



峰越の最高点ピークに到着です。
木々がないので百松沢山や烏帽子岳がきれいに見えました。



さらに三角点ピークへ向かいます。



進む途中、手稲山がきれいにみえました。
左に西峰と鐘のなる丘ピークです。



Mさんが急に叫んだので左手を見ると定山渓天狗岳もくっきり見えました。



いったん下って次のコブが三角点ピークです。



ラッセルを辿っていましたが、先行のスノーシューの方は三角点ピークは立ち寄らなかったようです。



途中から戻るようにピークへ向かいました。



三角点ピークにあったテープです。



少し風が出てきましたが、百松沢山がきれいに見えました。
この日は沢山の人が歩いていることでしょう。



木々の向こうに烏帽子岳です。



こちらは迷沢山方向です。
こちらも沢山のスキーヤーがいそうです。
手稲山方向は木々でイマイチでした。



帰路は送電線下を下りました。



途中で阿部山からのスキー跡があって楽できました。
途中から登山道に合流したのですが、登山道とは分からずしっかりとしたトレースにどこへ向かっているんだろうと不思議でしたが、砂防ダムを見て気がつきました。



途中からスノーシューを外してツボで歩きました。
この日のGPSログです。



神社付近にはまだ沢山の車がありました。
寝坊しましたが天気がよく最高の山歩きでした。
Mさんすいませんでした。
お疲れ様でした。

○所要時間 2016/01/31(日) 往路〔1'56〕復路〔1'51〕
(内訳)往路:駐車場(20)尾根(22)Co515(27)阿部山(47)峰越(最高点)
    復路:峰越(最高点)(12)三角点P(1'14)登山道(25)駐車場