• 藤野マナスル(316m)短大コース
    日曜の朝、事前の予報では午前9時頃より雨が止む予報だったので10時にTさんと待ち合わせです。この日は天気がイマイチなので札幌市内の低山歩きです。が、9時頃は結構な降りで10時になっても小雨状態でしたが予定どおり藤野マナスルに向かいました。久しぶりに短大コースから歩くつもりで文教短大の敷地に着くと建物が無くなっていて、以前と景色が異なり入口がわからない????仕方ないのでグランドへ向かいます。馬頭観音コ...
  • 三笠山(観音山)(120m)
    達布山の説明を見て、三笠市内にある低山の三笠山のことを思い出し、偵察がてら訪問してみました。訪問と言っても山の同定も出来ず、「確か小学校の裏だったなあ?!」といういい加減の私らしい、曖昧な記憶で裏道を走りましたが、まだ運の女神からは見捨てられず、何とか登山口を見つけられました。偵察だけのつもりで準備もしてませんでしたが、雨も止んだし、この低山だけを目的に再訪するのも何だかな~と思い直し、歩くことに...
  • 達布山(143.7m)
    最近は週末になると天気が崩れて雨模様で週末ハイカーにとっては悲しい。それでもどうしようかなと必死で天気予報を見ていると、土曜の午前中は何とか天気が持ちそうだったので目を覚まして降ってなかったら低山でも歩こうかなと思っていた土曜日ですが、起きると既に雨でした(涙)。それも結構な降りなので、諦めてふて寝しました。明るさに何度も目覚めて9時にはねていられなくなったので、起きて、部屋の掃除等をしてウダウダ...
  • カフェルーム今保羅(こんぽら)(深川市)
    深川市内の地域についていろいろ話し合う会合に参加することになり、時間があるので夕食を食べることにしました。場所は駅近くの「カフェルーム今保羅」(「こんぽら」と読むようです。)お洒落なカフェですが、パスタがメインのお店のようです。ウナギの寝床のような狭い店内ですが、なかなかよい雰囲気です。メニューです。メインパスタとコーヒーのセットを注文するとプラス各100円でいろいろ追加できるようです。私はサラダと...
  • 食べ処チロル(歌志内市)
    前に歌志内に行ったときに、お昼を用意してましたが折角だからと道の駅にあるレストランでお昼を食べました。もうお昼を過ぎていたので空いていました。地元名物の「チロル定食」(860円)を注文しました。出来上がってきました。馬のホルモンを玉ねぎた生姜と煮込んで味付けした「なんこ」の小鉢です。「なんこ」とは秋田の方言で「馬肉=なんこう」から由来しているようです。炭鉱で栄えていた頃、東北から沢山の農家の次男、三...
  • アポイ岳(810.2m)
    帯広に住む同僚のTGさんと山中一泊で日高の山を歩く予定でしたが低気圧の接近で中止になりました.ところが金曜日の朝の天気予報を見ると土日両日とも晴れマークです。日高から頭がなかな離れずにペテガリ岳へ一人で向かいました。土曜の朝、回復傾向の曇り空の下、元浦川の林道を進み、ゲートのところにある入山届けを見ると前日の記録で「林道が崩壊している」との記載があり、不安を覚えながら先へ進みます。進んでしばらくす...
  • 手打ちそば「きむら」(岩見沢市)
    深川へ異動して間もない頃、空知本支店へ呼び出しされ、岩見沢へ行く機会がありました。挨拶回りをした後、ちょっと時間があったのでランチをすることに。スマホでいろいろ調べてもらって、手打ちそば「きむら」に訪問しました。線路を渡り、ちょっとわかりにく場所にありましたが、何とか見つけました。こじんまりとした店内ですが、人気がある割には空いていました。メニューです。天ぷら系が少し安めです。そば茶とそばスナック...
  • 雄鉾岳(999.5m)その2
    (「その1」から続きます。)すぐに水のない沢になり雪渓も現れました。さらに進むとガスで何も見えませんが、岩壁基部に到着したようです。壁下のトラバースも草が茂っていました。小さなアップダウンが結構ありました。さらにトラバースかと思いきやこの標識を見つけて、上を見るとルンゼでした。この先もさらに踏み跡か獣道のようなものがありました。危ない危ない。ルンゼの急登を上っていくと途中からロープがありました。こ...
  • 雄鉾岳(999.5m)その1
    大平山下山後、八雲町で車中泊して起きると雲が低くたれ込めたどんよりした天気でした。雨が落ちてこないことを期待して雄鉾岳へ向かいました。おぼこ荘前にあった標識です。温泉から2キロ走って(もっとあったような気がしました。)、トイレのある分岐です。分岐から右に折れるとすぐに満願展望台へ分岐です。余裕があれば帰路に歩こうと思っていましたが、当然疲れ切って余裕はありませんでしたが、それ以上に草がぼうぼうに茂...
  • 大平山(1190.7m)その3
    (「その2」から続きます。)第三ピーク手前は残雪がなくなったのは最近なのかカタクリが群生しました。第三ピークまでもう少しです。第三ピークに上がるとハイマツの薮の奥にようやく山頂が見えました。・薮を漕いで進みと先行者に追いつきました。私が後ろから来るとプレッシャーになるので先に歩いてほしいとのことでした。仕方ないので先に行かせてもらい、雪渓に少し迷いながら薮を漕いで最後の上りです。第三ピークを振り返...

プロフィール

管理人

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ