2016年11月の記事 (1/4)

2016年11月29日のつぶやき




  • テスト
    Posted at 02:28 PM




  • にちじょう(*'▽') 更新しました~♪ https://t.co/DxYSlfoDQO
    Posted at 09:53 AM




  • 【連載マンガ】「ぼくらのへんたい ヒガン・バナ」を読みました!|人気マンガが無料で読める!LINEマンガ|今スグ読む→ https://t.co/UEQYxqri5b #LINEマンガ
    Posted at 08:11 AM




  • 【連載マンガ】「湯神くんには友達がいない 湯神くんは嘘つけない(1)」を読みました!|人気マンガが無料で読める!LINEマンガ|今スグ読む→ https://t.co/VhlSACBuZl #LINEマンガ
    Posted at 08:03 AM




  • 【連載マンガ】「影野だって青春したい メガネ、夢のガールズトーク(前編)」を読みました!|人気マンガが無料で読める!LINEマンガ|今スグ読む→ https://t.co/KOuwXUvZne #LINEマンガ
    Posted at 07:59 AM



  • https://twitter.com/testttop


[ 続きを読む » ]
スポンサーサイト

(砂川)豊平山(260.9m)

久しぶりに天気のよい週末、札幌へ戻る途中に砂川の豊平山を歩きました。
林道入口にある会社の倉庫に許可をもらって駐車します。



この日もスノーシューを背負って出発です。



すぐに最初の橋を渡り、沢沿いの林道を進みます。



林道は徐々に荒れ、ほんのり雪ののった笹や枯れ草がうっとうしいので途中からスノーシューを着けて歩きました。



二つめの橋を渡ります。



林道を沢を離れ上り道となりました。



林道はジグを切って上っていきます。



途中にあった見事なシカのX攻撃と言いたいところですが、古いのでX交差(笑)。




ところどころにあったやっかいな倒木です。
雪がどさっと落ちてきてうっとうしいです。



ようやく林道の分岐に到着しました。
ほぼ稜線上で、左手の荒れた道を進みます。



少し進むと市街地と石山(ポン神威岳)が見えました。



また倒木です(汗)。



徐々に笹藪となる林道は不明瞭となりました。



コブが見えました。



コブはピークではなくさらに先へ進むと林となりました。



林の上りは倒木がもの凄く、少し右がわへ回りこんで上りました。



豊平山のピークに到着です。



二等三角点と杭にテープが付けられていました。



予想どおりでしたが、木々で展望はありませんでした。



ピストンで戻って、ピパの湯ゆーりん館で汗を流しました。



温泉の後、過ぎ近くの美唄ICから高速で札幌へ向かいました。
高速の入口が近くで便利です。
お疲れ様でした。

○所要時間 2016/11/26(土) 往路〔1'07〕復路〔0'40〕
(内訳)往路:駐車地点(16)二つめの橋(31)分岐(19)山頂
    復路:山頂(11)分岐(17)二つめの橋(12)駐車地点

2016年11月28日のつぶやき


[ 続きを読む » ]

当麻山(292.3m)

地吹雪の中、途中で食事をしてチンタラと当麻山まで来ると少し風が弱まり、当麻山が見えました。



せっかくここまで来たので歩くことにしてツボ足で出発です。



公園を横目に道路を歩いて当麻山展望台という標識のある当麻山の入口です。



まずは車道を歩きます。



当麻山の説明板です。



途中から遊歩道へ。



ここも風がなく地吹雪がうそのように静かな林の中を歩いて車道と交差します。



再び遊歩道へ、。



木段が設置されていました。



大きな岩と四阿がありました。
スノーシューのトレースがありました。



さらに木段が続きます。



橋もありました。



最後は山頂ピークを回り込むように進みます。



回り込んで当麻山のピークが見えました。



当麻山に到着しました。



二等三角点が頭を出していました。



立派な展望台です。



一瞬かろうじて市街地が見えました。



帰路はスキー場経由で下りました。



GPSログです。



お疲れ様でした。

○所要時間 2016/11/23(木) 往路〔0'21〕復路〔0'16〕
(内訳)往路:駐車地点(4)入口(7)車道交差(10)山頂
    復路:山頂(5)車道交差(7)入口(4)駐車地点

シーキウシュナイ山(299m)

せっかくの祭日でしたがイマイチな天気なので旭川近郊の低山めぐりとしましたが、旭川市内に入ると地吹雪状態で前が全然見えません(涙)。
それでも何とか最初に歩くことにしたシーキウシュナイ山の林道近くにやってきました。

「シーキウシュナイ」ってアイヌ語由来だと思うのですが調べても判りませんでした。
地元で「ヘビ山」と呼ばれているというという情報もありましたが詳細は不明です。

林道入口には車が数台駐車していたので、手前に駐車して出発です。



林道に入ってすぐに何やら作業中です。



林業関係業者さんの伐採作業中でした。



どこへいくんだと聞かれましたが、この先の山へと答えて、邪魔にならないよう端を通過させてもらいました。



林道は風もなく、さきほどの地吹雪がうそのように静かでした。



雪の下が凍っていて滑るので途中から今季初スノーシューです。



靴でも大丈夫ですが、ツメがある分歩きやすいです。



適当なところから林へ取り付きました。



雪はくるぶしより少し上くらいかな。



まだ笹は完全にねていません。



最初の頃に降った雪が凍って、その上に新しい雪が乗っている感じで思ったより埋まりませんでした。



ザクザクと進んで、あっさりとシーキウシュナイ山のピークに到着しました。



テープと布がつけられていました。
三角点はありません。



木々で展望はありません。



無事に駐車地点へ戻りました。



GPSログです。



山から離れると再び地吹雪なので偵察に切り替えて当麻町へ向かいました。
お疲れ様です。

○所要時間 2016/11/23(水) 往路〔0'27〕復路〔0'15〕
(内訳)往路:駐車地点(17)取り付き(10)山頂
    復路:山頂(4)取り付き(11)駐車地点

2016年11月27日のつぶやき


[ 続きを読む » ]

2016年11月26日のつぶやき


[ 続きを読む » ]

2016年11月25日のつぶやき


[ 続きを読む » ]

2016年11月24日のつぶやき


[ 続きを読む » ]

円山(225m)旧道かな?その2

(「その1」から続きます。)
山頂からロープに沿って道らしいものがあったので先週、何かなと思い辿ってみました。



通行止めのトラロープを越えて先へ進みます。



しっかりとした道です。



さらに尾根の先へ向かいます。



途中から急斜面の下りになり岩場もありました。



滑り落ちないように慎重に下ります。



さらに急斜面が続きます。



倒木にも切り込みがありました。
いつ頃のでしょうか?



少し緩やかになると登山口が近いです。



木々の隙間から住宅地が見え始めました。



登山口が見えました。



あらら、ちょうど登山口のすぐ前に住宅が建設中でした。



登山口にある標識です。



建設中の住宅地の脇を通ります。
住宅が完成したら歩けないかも。



登山口を振り返ります。



階段から登山口を望みます。
やはり通過する人がいるようです・・・。



道を下ります。



イタリアンレストラン「レ・マドリ」の横に出ました。



道の両側にあったお店が一つになっていました。
そういえば札幌にいる頃「レ・マドリ」にはよく来ていましたが、最近来ていません。



帰路、旭山に立ち寄って帰りました。
GPSログです。



この道が旧道なのかは不明ですが、円山の標識があるところから考えると可能性大ですね。
住宅が完成したら歩くことが出来なくなりそうで残念です。
お疲れ様でした。

○所要時間 2016/11/20(日) 往路〔0'42〕復路〔0'54〕
(内訳)往路:円山公園(4)石碑(25)登山道(13)山頂
    復路:山頂(14)登山口(18)旭山公園入口(8)旭山(14)セコマ