2017年03月の記事 (1/8)

南白老岳(944.7m)~白老岳(968m)その3

(「その2」から続きます。)
羊蹄山にはさきほどより雲がかかったような。



恵庭岳も見えました。



風が少しでてきたのですぐに下山です。
下りもやはり急だった。



前山側に回り込みました。



前山へ向かいます。



前山への登り返しです。



前山に到着すると少し雲がでてきました。北白老岳です。



白老岳です。



さらに南白老岳。



無事に下山して、いつもの支笏湖休暇村で汗を流しました。
今年何回目かな?期限のないスタンプカード発行してほしいです(笑)。



この日のGPSログです。



先月はアイゼンをもってなかったので南白老岳はやめて正解でした。
無事に登頂できて、一安心です。
お疲れ様でした。

○所要時間 2017/03/26(土) 往路〔1'41〕復路〔1'42〕
(内訳)往路:駐車地点(51)南白老岳へ(21)コル(39)南白老岳
    復路:南白老岳(12)コル(30)白老岳(14)前山(46)駐車地点
スポンサーサイト

南白老岳(944.7m)~白老岳(968m)その2

(「その1」から続きます。)
コルを振り返ります。



右斜面は単独の先行者らしいトレースがあるものの雪が柔らかく埋まって大苦戦です。



急斜面をジグを大きく切りながら進みます。
ビビリながらも木々があるので少し安心です。



時折、手も使いながら上っていくと、ようやく山頂部が見えました。



ふう、何とか山頂部に上がりました。



左側に出来ている雪庇が崩れているので慎重に進みます。



ピーク手前です。



南白老岳に到着しました。



いい眺めです、オロフレ山。



肉眼では木々の隙間から羊蹄山が見えました。



白老岳のてっぺんが少し見えました。



ザックを下ろし、コーヒーを飲みながらゆっくり休憩しました。
下山は山頂部からコルへ急坂をまっすぐ下りました。



まだ時間が早いのでコルからはスノーシューに変え、白老岳へ向かいました。



尾根に上り返しました。



徐々に急坂になっていきます。



白老岳はスノーシューのまま上りました。
分かっていましたが結構な急坂です。



少し緩やかになって一安心です。



白老岳に到着しました。
この日は古い標識も現れていました。



こちらは北白老岳です。



さきほど歩いた南白老岳です。



(「その3」へ続きます。)

南白老岳(944.7m)~白老岳(968m)その1

好天が続く週末、先月歩き残した南白老岳を目指しました。
狙っていた取付き地点から少し先の除雪スペースは既に満杯で無理(涙)。
仕方なく雪が溶けて少し広くなった道路脇に寄せて駐車しました。



通行する車両に注意しながら、スノーシューを手に壁をよじ登ります、



斜面でスノーシューを着けて出発です。
すでに沢山のトレースがついています。



斜面を上って林道を横断します。



なだらかな台地を上っていきます。
木々の隙間から北白老岳と白老岳が時折、見えました。



途中、丹鳴岳、フレ岳、小漁岳もクッキリと見えました。



さらに進んでいくと本日のターゲットである南白老岳も見えだしました。



途中、先行グループが目をつけたウーパールーパー?がありました。



少し傾斜が出てきたところで分岐です。



先行グループは右の折れ、直接、南白老岳へ向かっていました。



振り返ると遠くに羊蹄山が見えました。



もう少し上る予定でしたが予定を変更して先行者のトレースを辿りました。
沢地形を乗り越えます。



二つめの深い沢地形を乗り越えます。



上り返して沢を振り返ります。



南白老岳のコルへ向かいます。



コルが見えました。



先行グループはザッグをデポしていったようです。



アイゼンに切り替えていると先行グループが降りてきました。
賑やかな男女6人組でした。



挨拶をして、私はザックを背負って南白老岳へ向かいました。
まだ時間が早く、山頂でゆっくりコーヒーを飲みたいからです。



少し進んで途中から正面から右へ回り込みました。



(「その2」へ続きます。)

わかさぎ釣り 第24戦 阿寒湖




平成29年3月26日



この日から3連休で、わかさぎ最終戦遠征に出かけました。


初日は阿寒湖。。。



夜勤明けで、色々用事あったので仮眠は2時間。。

2:00に自宅出発します。


ウトウト運転して、6:00過ぎには阿寒湖到着。。。





最近日の出が早くなったので、皆さんお早いですね~。(^^;



私は6:30頃にアプローチ開始。

















朝はやや霧がかかっていて幻想的な光景になってました。





この日は日曜日という事もあり、知り合いも何人か来られていますね。










奥のGF3にN川さん、テンティピ?って言うのかな?にどさん鯉さん、その奥にredsterさんもおられます。






コチラの奥のテンティピには接待釣行のどうみんさんもおられます。













私の開始はこれくらい。。

魚探で見ても、まぁパッとしない感じですね。(^^;

釣りを始めてもパラパラな感じです。




1~2時間釣りしますが・・・

眠くて眠くて、ウトウト釣法。(笑)






ちょっと散歩がてらお話タイムです。









それにしても良い天気♪♪




天気も良くて暖かいので、redsterさんのテント前で長~い事話し込んじゃいました。(笑)











テントに戻っても、群れが厚くなることはなくポツポツ拾い釣りが続きます。。









たまには天そばも食べたいな~。。と思い買ってきましたが、

お湯入れたの忘れてて、伸び伸び。(笑)(笑)


まぁ旨かったけど。(^^;













終了何時だったか忘れましたが、2束で納竿。。






この日の釣果はどうみんさんに貰って頂きました。。




片付けた後、帰りもredsterさんと長い事話してしまいました。

邪魔ばかりしてスミマセンでした。。。(^^;












帰りは天気悪くなっちゃって、景色写ってませんが・・・(^^;



今季の阿寒はホントに道東のオアシスでしたね。

最後まで魚も結構釣れていたみたいですし、このフィールドに救われた方も多いのでは無いでしょうか。。

私も年一は必ず来ますので、また来季。。。



















やっぱり阿寒に来たら、まりも湯は欠かせませんね。(笑)









時間が間に合わなくて「クマヤキ」買えなかったのは悔やまれますが・・・

この日は道の駅「あいおい」で車中泊。








明日は初チミケップ湖。。。






宜しければポチッと応援お願いします。

2017年03月30日のつぶやき




  • テスト
    Posted at 02:28 PM




  • 【連載マンガ】「社畜! 修羅コーサク ハゲとモヒカンと私(1)」を読みました!|人気マンガが無料で読める!LINEマンガ|今スグ読む→ https://t.co/KyHuLrHo5N #LINEマンガ
    Posted at 10:35 AM




  • 【連載マンガ】「坂道のアポロン SCENE9」を読みました!|人気マンガが無料で読める!LINEマンガ|今スグ読む→ https://t.co/68NXxELy8y #LINEマンガ
    Posted at 10:12 AM




  • 【連載マンガ】「神木兄弟おことわり 色葉にも衣装(前編)」を読みました!|人気マンガが無料で読める!LINEマンガ|今スグ読む→ https://t.co/Z4pTb9S4oa #LINEマンガ
    Posted at 09:54 AM




  • 【連載マンガ】「怨み屋本舗」を読みました!|人気マンガが無料で読める!LINEマンガ|今スグ読む→ https://t.co/geeusOWwYj #LINEマンガ
    Posted at 09:37 AM




  • 【連載マンガ】「イキガミ Episode3 純愛ドラッグ Act1」を読みました!|人気マンガが無料で読める!LINEマンガ|今スグ読む→ https://t.co/XrVQi4gNmu #LINEマンガ
    Posted at 08:46 AM




  • 【連載マンガ】「暗黒女子 (6)」を読みました!|人気マンガが無料で読める!LINEマンガ|今スグ読む→ https://t.co/hHekXFCIpn #LINEマンガ
    Posted at 08:41 AM




  • 【連載マンガ】「星の案内人 ビッグバン[後編]」を読みました!|人気マンガが無料で読める!LINEマンガ|今スグ読む→ https://t.co/Tj03bzilRS #LINEマンガ
    Posted at 08:37 AM




  • 【連載マンガ】「スイートホームシンドローム ばらの花 1」を読みました!|人気マンガが無料で読める!LINEマンガ|今スグ読む→ https://t.co/u8t4SAAlcN #LINEマンガ
    Posted at 08:33 AM



  • https://twitter.com/testttop


[ 続きを読む » ]

察来山(589.8m)~当別丸山(500.0m)その3

(「その2」から続きます。)
山頂部直下の急坂です。



一息ついて振り返ると増毛の山並みが見えました。



何とか広い山頂部に上りました。



ピークは奥ですが途中にポコがいくつかあって惑わされます。



進んでいくと本日と思われるスノーシューのトレースが現れました。
この日は誰とも会わなかったのでちょっと嬉しいですね。



いよいよ山頂です。



当別丸山に到着しました。
テープがありました。



当別町方向だけ開けていました。
神居尻山とピンネシリです。



当別町方向です。



コーヒー休憩して下山です。
下りは地図を見ながら複雑な尾根を進みます。
最初ちょっと横着したらすぐに行き詰まって上り返したので、その後慎重に進みました。



狭く急な下りもありました。



途中、察来山が見えました。



当別丸山も見えました。



送電線が見えると安心できました。
五番川への下りは急坂でした。



心配だった五番川もしっかりスノーブリッジがありました。



誰とも会いませんでしたが無事に下山して、帰路、中小屋温泉で汗を流しました。



この日のGPSログです。



お疲れ様でした。

○所要時間 2017/03/25(土) 往路〔1'45〕復路〔2'54〕
(内訳)往路:駐車地点(31)分岐(24)斜面取付き(51)察来山
    復路:察来山(25)Co545直下(19)Co566(1'06)当別丸山(58)林道(6)駐車地点

察来山(589.8m)~当別丸山(500.0m)その2

(「その1」から続きます。)
狭い察来山の山頂は360度の大展望でした。
徳富岳です。



新十津川方向です。



ピンネシリと神居尻山です。



増毛方向は雲がかかっていました。



予定よりも早い時間だったので、ちょっと休憩して当別丸山へ向かいました。
察来山のピークを下って林道へ。



ノーラッセルの林道を進みます。



上りになってCo545ピーク付近です。



いったん下って進んでいくと察来山が見えました。



Co566ピークへの上りです。



Co566ピークから望む、これから目指す当別丸山です。
こちらの方が高く、まだかなり遠いです(汗)。



Co566からいったん大きく下ります。



下りきると平坦な林道歩きでした。



変化の乏しい林道歩きは長く感じます。



そうこうしているうちにCo426ピークが見えました。
当別丸山も近いです。



Co426ピークは巻いて、林道が上りになり、振り返るとCo566ピークと右奥に察来山が見えました。



高みに上がるとミラミダルな黄金山が見えました。



当別丸山です。



少し下って進むと当別丸山が近づいてきました。



林道はいったん大きく右側へ巻くので、途中から直接斜面に取り付きました。



意外に急坂です。



(「その3」へ続きます。)

察来山(589.8m)~当別丸山(500.0m)その1

最近マイブームな山域の今回のターゲットは察来山です。
メインコースより富士形山方面からが近いなあと思ってましたが、地図を見ていたら当別丸山も近い。
メインコースから察来山を目指し、余力があれば当別丸山も狙う二兎作戦にして現地に向かいました。
良い天気でしたが取付地点となる林道入口には1台もなし。



スノーシューをつけて雪山を乗り越えます。



林道にはスノーモービルのトレースがあり、楽ですがちょっと歩きにくいです。



平坦な林道を歩くと2つめの鉄塔が近づいてきました。



暖かい日が続いているのでネコヤナギが芽吹きはじめています。



林道分岐です。
両方にスノーモービルのトレースがあり一瞬迷いましたが、地図で確認して右方向へ進みます。



分岐からは上りとなり、ようやく目指す察来山が見えました。



途中からスノーモービルは違う方向へ進んだようで察来山へはトレースなし。
雪は降っていないので最近はあまり来る人が少ないのかも。



いよいよ林道を離れ、斜面に取り付きました。



いったん緩やかになりました。



振り返ると当別丸山が見えました。



さらに上っていきます。



さきに見えるのはニセピークです。



ニセピークの奥にようやくピークが見えました。



ニセピーク付近は雪が崩れかけていました。
おお、危ない、注意して進みます。



ニセピークからさらに進みます。



ピーク手前も崩れて直接は上ることができません。



少し左へ回り込んでピークを目指します。



ピーク手前では腐れ雪になっていて、スノーシューでもズボズボ埋まり一苦労。



木々を掴みながら上って、何とか山頂部へたどり着きました。



(「その2」へ続きます。)

お引越しできませんがな

どないなってますか

お引越しできませんがな

どないなってますか