2017年09月の記事 (1/8)

2017年09月29日のつぶやき


[ 続きを読む » ]
スポンサーサイト

遠征準備







もうちょっと先の話になりますが・・・近々ショアジギメインで遠征に行きます。。。








どこに行くかは取り敢えず伏せときます。聞かないで下さい。

何か言っちゃうと行けないような気がして。。(笑)(笑)





同行者は釣友「ぷーおさん」です。



ホント・・・ここへ来るまで、一言では言い切れない程長い道のりでしたが・・・(^^;

何とか行けるまで漕ぎ着けました。(笑)



取り敢えず、季節的にも船が出る確率は30%位だと思っているので、

天候悪ければグルメツアーに変更です。。(笑)











んで・・・




結構前になりますが、新たにタックルを購入。


まずロッド。。。













メインをミュートス アキュラ 100HH にしました。

MCワークスのレイジングブルXR-2と悩んでいたのですが、ホント納期掛かり過ぎ。。(ーー;)










ルーフガイドです。 すんごいガイドの数。(^^;

一応ゼナックのお家芸みたいですが、余りのコンセプトの違いに戸惑いますね。。






で・・・

このロッド、結構ティップが柔らかいですね~。

ジグも振れるとの事ですが、まぁプラグ寄りには違いないでしょう。。。

オマケにプラグ用に考えているラインシステムで根掛りなんて考えたくも無いので、やっぱジグ用は必要か・・・

ロッキー100/13でやろうと思っていましたが、それで獲れない魚が掛かる可能性は十二分にある。。。


散々悩んだ挙句・・・










もう1本逝ってやりました。。。














ミュートス デューロ 96HHH です。

こいつでジグを振ります。

すげぇ反発。。。棒ですね。(笑)


実際に激流で200gとか振ってみないと、真価は解りません。。。

誰かのコメントで体に掛かる負担も凄い。。と書いてありましたが・・・


振る!振れるはず!!

その為に身体も作ってきましたからね。















リールは新規にキャタリナ6500Hを導入。

プラグ用にアキュラ100HH+キャタリナ6500 PE6号+スペーサーPE12号+ショックリーダー150~170ポンド。

ジグ用にデューロ96HHH+ツインパ8000 PE5号+スペーサーPE12号+ショックリーダー100~130ポンド。

こんな感じで考えています。

当然状況に応じて組み替えていきます。

ジグ用のリールまではコスト的に準備できませんでしたが、ツインパ8000でもドラグ力は十分ですし

PE5号も250mは巻けるので、これで出し切られたら諦めます。(^^;)

ホントは12000番のスプールは互換があるんですけどね。













予備のPEとショックリーダー

最近信頼しているPEラインです。コスパが素晴らしく不具合は感じたことありません。

ショックリーダーはナイロンのみにしました。100~170ポンドまで用意。
















ルアーはかなり悩みました。

実績の高いハンドメイドルアーは良く聞きますし、確かに良いのかも知れないけど・・・

値段が高すぎ。(ーー;)   & 使いどころが良くワカラン。(笑)

その内欲しいけど、今回は無理だな~。。。



なので、普段から使用しているプラグのアップサイズ版を幾つか揃えました。

これなら使い慣れてるし、動きも解っているので大体の使い分けも出来る。


上の6個が新規購入。

左上の別注平政220F、ヘッドディップ175F、スポウター190F、このダイペン、ポッパーが柱になる予定。

あとは普段もお世話になっている、ヘビーなシンペン ブリットペンシル ワークス170mmサイズ。

ほっとけメソッド用にオシペン ブルーフィンツナ150mm ローデットのLS140mm

普段余り使わないけどミノーも1個導入。 右下のタックルハウス shibuki186mmです。



当然ベイト小さい事も考えられるので、普段使っている140位のサイズも幾つかチョイスして持っていきます。

















ジグは以前隠岐島行った時、軽いのしか無くて苦労したので重いやつも持っていきますよ。(笑)

撃投ハイパー150・200g、レベル100~180g、これをメインに考えてます。

カラーはハッキリ言ってブルピンとピンクグローがあれば充分に思いましたが、プラス1色位持ちました。

この他に80g~100gのジグも幾つか持っていきます。










ジグ用フックはロックの9/0、7/0これだけでいきます。

最近はこればかり使っていて信頼度MAXなので、他の巻いて行っても多分これしか投げません。(笑)














ギャフ。。右側はソロの為に準備していた落とし込みギャフ。

左は今回買ってみたフライングギャフです。(今ロープは付けてません)

ギャフも高価なものから色々ありますが、何せ普段も使ってませんからどうなんでしょうね~。。。

このフライングギャフはナカジマさんのお安いやつです。

2人なのでフライングギャフも準備しましたが、2人で落とし込みギャフってのも安全な気がする。

こればかりは練習しようが無いので、現場で臨機応変にいきます。

ランディングシャフトは普段から使っている4mのアルミポールです。

これ以上足場が高かったら落とし込みギャフ使います。

















その他、自分の覚え書きの為にも載せておきます。












今回磯泊り予定ですが、テントは建てられそうも無いので、マットとシュラフ・シュラフカバーで寝ますよ。
















火気はプリムス173バーナー

クッカーはトレック900と”焚”のセット+お気に入りのチタンシェラを持っていきます。

左の袋は組立式の箸・スプーン・フォークのセットが入ってます。

シェラカップ以外はトレック900にスタッキング出来ます。














左上からキャップ・ハット・防虫ネット・ライトダウン・ブルーシート・ソリステ20 6本・ハンマー

エマージェンシーセット・虫除け・ムヒα・グローブ2種・タオル・ジンバルパッド

水汲みバケツ・レガース(居るかな~?)・スローロープ・ガイロープ













左からロープ・神経締めセット・ハーケン 2個・ピトンセット・バッカン

ジオロックソールの磯靴(カットラバーピンフェルトソールです)

ヘッドライト 2個・LEDランタン・ターポリン製遠征バック・レインウエア





あとクーラーは100L送ろうかと思っていましたが、ちょっと高くつくのでやっぱ60L持っていきます。

メインクーラーとは別に食料・飲料用に2人で20~30L程度のクーラーも1台用意します。

その他着替えや、細かい物もありますが取り敢えずこんな所ですね。




ショアジギ以外は夜にロックもやろうと思っているのですが・・・

やっぱシーバスロッドじゃ頼りない気がするので、

ツインパ4000にPE2号リーダー40ポンド位組んで、ブルスナ100MHでやろうかと思ってます。

1オンス~2オンス位のテキサスなら釣りになるのかな??

コレくらいなら大きめの根魚でもとれるような・・・





















それにしても、今準備してて・・・













こんなデカイルアー投げる日が来るとはね。(まだ投げれるか解んないけど。)

およそショアで投げるルアーでは最大に近いサイズ??

こんなの誰が使うの?(笑) って眺めてたのに。。(笑)(笑)









タックル準備してルアー触ってるだけで、血液が沸騰してくる気さえしますね。


はは。。。スゲーな、デカイ魚を狙うってのは。(笑)







どうか・・・天候に恵まれますように・・・・







宜しければポチッと応援お願いします。




暫く振りにノンビリ

いつも強い台風が来て大時化や大雨だったりしたら、各漁場でも網の見回りをして被害ないか調べます。

大雨は川から流れた流木が網にかかり傷めたり船での航行にも注意が必要なので意外に面倒です。

被害の大きかった漁場もあり、応援に行ったり自分の漁場の網交換作業もあったりして忙しいのに息子の野球のお手伝いしたりとしていたら
なんだか疲れてしまいました。

次の網交換の準備もしてあるんですが、天気予報では北西の風で時化、雨も降るので朝の出漁で待機だろうとタカをくくっていました。

朝、出漁して港を出ると予想異常の波。

帰って来たらゆっくり車中で寝ようと網を起こしていると何やらバチャバチャと群れが見えます。

ブリかイナダが居るんだろうと網をせばめて行くと。。。マグロ?

しかもかなりいる様子。

そこからは船上は一気に漁師モード全開でドンドン揚がるマグロのエラと内臓を取り、頭から針金を入れて神経を抜く作業をして全員返り血を浴びて血だらけです。

なんと20kg前後のマグロが650本近く揚がりました。

その後も網に設置してある魚群探知機に反応が出たと2回出漁して合計800本近くのマグロを揚げました。

かなり疲れましたが漁があるのはいい事なので喜ばしい事です。

帰って6時には寝ました(笑)



本日はマグロ一本、雨も降って虹も出ています。
今は久々のノンビリモードです。



2017年09月28日のつぶやき


[ 続きを読む » ]

2017年09月27日のつぶやき




  • 【無料】「妄想ショウジョ」を読んでるよ!LINEマンガなら今すぐ無料で第1話が読める!#LINEマンガ https://t.co/p7b6C4EQBF
    Posted at 03:38 PM




  • テスト
    Posted at 02:28 PM




  • 【無料】「僕と彼女の×××」を読んでるよ!LINEマンガなら今すぐ無料で第1話が読める!#LINEマンガ https://t.co/V9C7Jnu6dJ
    Posted at 02:15 PM




  • 【無料】「オトシアナ ~這い上がってきたらすべてをあげる。~」を読んでるよ!LINEマンガなら今すぐ無料で第1話が読める!#LINEマンガ https://t.co/HG5ChWwcTO
    Posted at 12:42 AM




  • 【無料】「怨み屋本舗 巣来間風介」を読んでるよ!LINEマンガなら今すぐ無料で第1話が読める!#LINEマンガ https://t.co/0phBxIbywO
    Posted at 12:38 AM




  • 【無料】「アカギ」を読んでるよ!LINEマンガなら今すぐ無料で第1話が読める!#LINEマンガ https://t.co/4KEA3x7SM4
    Posted at 12:31 AM



  • https://twitter.com/testttop


[ 続きを読む » ]

なんぷてい(上富良野町)

ゼロの山を下山後、Nさんと昼食を食べました。
上富良野町の「なんぷてい」です。



一番奥の部屋に通されると家族連れで賑わってました。
前回も同じテーブルだった・・・。



今回私が注文したのはエゾシカカツカレーとエゾシカカツ丼のハーフ&ハーフ丼(990円)を注文。



できあがりました。



下がカツカレー分、上がカツ丼部分です。
が、カレーをかければ同じになってしまう・・・(汗)。



問題?のカレーです。
熊笹茶付きでした。



ほんの気持ちのニンジンの酢漬け。



箸置きはシカの角を活用したものでした。



Nさんは初めての食材は苦手で、シカ肉を食べたことがないので無難なラーメンでした。
今まで何回も居酒屋で飲んで、好き嫌いはなさそうな感じだったので意外でした。



結局、私はまずカツ丼部分を食べてからカレーをかけて残りを食べました。
もちろん味は美味しかったのですが、これだと最初から分けて出してもらった方がいいかも。
ごちそうさまでした。

〔my評価〕総合15点(20点満点)
○味     ☆☆☆★★ 3点
○ボリューム ☆☆☆☆★ 4点
○価格    ☆☆☆☆★ 4点
○雰囲気   ☆☆☆☆★ 4点
(及第点は3点)

ゼロの山(743m)

左足の靱帯を損傷して約2週間。
まだゆっくりではありますが何とか平地では痛みを感じないで歩くことできるようになり楽ちん歩きということで、昨年道路が冬季閉鎖で断念した南富良野の落合岳へ向かいました。
帯広のNさんと簡単な山へ行こうと約束していたので南富良野の道の駅で待ち合わせ。
道の駅でNさんをピックアップして現地へ向かうと何と昨年の豪雨の影響を受け道路が閉鎖中。
あれ?確か昨年の秋は豪雨とかの話はなく単純に冬季閉鎖でしたが・・・・。
今回は軽い山ということしか考えていなかったので予備はなし。
どうしようか思案してゼロの山へ向かいました。

金山湖のホテルから林道に進むと不親切な標識がまだ健在でした。



森林ルートの入口にある登山ボックスは記入用紙はなく、蟻の巣になっていました(汗)。



駐車地点の林道はすっかり草木が茂っていました。



尾根コース入口の標識は健在でした。



登山口すぐにある倒木を根をかわして進みます。



笹は伸びていますがまだまだ道はしっかり残っていました。
上りになり左足に力を入れると痛みがでるので、左足に力を入れないようにゆっくりと進みます。



ダニがもの凄かった山ですが今回は全然見かけませんでした。



進んでいくと笹藪化が進み、Nさんは悲鳴を上げていました。



途中からは完全にヤブ化していました。(前もそうだったけれど・・・)



かろうじて足元を確認しながら進めました。



途中から左へ回り込みます。



木々のあるところは笹の勢力が弱くなり、道を確認できました。
木の根は左足の置き場に注意しながら上りました。



かろうじて残っている道を進みます。



岩コブが見えました。



岩コブに到着しました。
Nさんはもう文句たらたらです。



ピークへ向かいます。



すぐにゼロの山に到着しました。
何もなかった山頂に例の標識がつけられていました。



境界石と思われる石。



ピークは木々で展望がありませんが少し下ると枯れそうな金山湖が見えました。



何とか無事に下山してダニチェックです。
あんなにものすごかったダニは全くいませんでした???
まだ昼前でしたが金山湖の保養センターで汗を流しました。



Nさんは藪山は初体験と言うことでした。

左足は下りはともかく急な上りになるとまだ駄目ですね。
右足でかばっているのか膝の調子がいまいちかも。
お疲れ様でした。


○所要時間 2017/09/16(土) 往路〔0'27〕復路〔0'19〕
(内訳)往路:登山口(18)岩コブ(9)山頂
    復路:山頂(3)岩コブ(16)登山口

お久しぶりにマメイカ







最近シャコも釣れなくなってきたと言う事で、数日前に久々のマメイカに行ってきました。


最近釣れだしたと言うことですが・・・














やっぱりまだ小さいですね。

2時間半位で35杯。







もうちょっとサイズが欲しい所ですね。(^^;

ちょっと物足らないところですが、イカ自体久し振りに狙いましたから楽しかったです。



また暇があれば行ってみます。








もうシャコも終わりかな~。。。。







宜しければポチッと応援お願いします。




2017年09月26日のつぶやき


[ 続きを読む » ]

暑寒別岳(1596m)暑寒コースその3

(「その2」から続きます。)
いったん少し下ります。



コルから上りです。



一歩一歩ゆっくりと歩みを進めます。



上りの途中にある九合目です。



急登が続きます。



固定ロープも延々と設置されています。



途中で歩けなくなるのではと思っていましたが、やはり若さですね、何とか歩いています。



随分と時間を要しましたが、何とか山頂台地に上りきりました。
ONさん、よく頑張りました。



箸別コースとの分岐です。



後はなだらかな上りだけです。



この日は雲がなく360度の大展望です。
左手には赤茶けた雨竜沼湿原が見えました。



西暑寒別岳と群別岳。



ピークへ向かいます。



暑寒別岳はガスがかかることが多く、こんなに晴れた山頂はいつ以来だろう?



無事に暑寒別岳に到着です。



山頂では先行したグループのほか、箸別コースからのグループのみでした。



雨竜沼湿原と南暑寒別岳。



群別岳。



食事をして疲れ切って眠っていたONさんを起こして記念撮影。



下山もほぼ同じ時間を要して無事に下山しました。
自分も含め遭難騒ぎを起こさずに済んでホッとしました。
オーベルジュましけで汗を流し、食材を購入し、暑寒荘で焼肉パーティでした。



食後、若者達は留萌へ向かい、私とTNさんは小屋泊しました。
翌朝はもともと晴天が予想されたので朝早くから登山者が来ていました。

ONさんの次回は、運動(歩いて)して体重を落としてからですね。
私も人のことは言えませんが、若いからできるはず。
もし歩けなくなってもあの体重だと誰も助けることができませんからね。

私の左足は何とかだましだましで歩くことができました。
下りはゆっくりと歩けますが、左足に力が入りきらない分、上りがきついですね。
あと平らなところに足を置かないと痛みが走るのでちょっと大変でした。
当面は低山歩きで筋肉を落とさないようにして、早く直さなきゃ(汗)。

お疲れ様でした。

○所要時間 2017/09/09(土) 往路〔4'00〕復路〔4'01〕
(内訳)往路:登山口(58)佐上台(55)五合目(1'07)扇風台(1'00)山頂
    復路:山頂(59)扇風台(1'22)五合目(52)佐上台(48)登山口