秋田駒ヶ岳(1638m)~乳頭山(1478m)その6

(「その5から続きます。)
横岳でちょっと休憩して、焼森へ向かいます。



小焼砂がありました。



小焼砂はほどんど高低差がないので楽勝です。



すぐにケルンのある焼森に到着しました。



焼森の山頂標識です。



振り返ると、男女岳、阿弥陀池、男岳、横岳を望めました。



さきには、手前に湯森山(右)と笹森山(左)、奥に笊森山(右)と乳頭山(左)、そして一番奥に雲がかかった岩手山を望めました。、



ケルンの反対側にはこんな標識ありました。



焼森からいよいよ乳頭山への縦走路に足を進めました。



まずは砂地の道です。



登山道は深く浸食され、笹が人影以上の高さになっていますが、きちんと刈り払われ整備されていました。



上りになりました。



コルから焼森、男岳、男女岳を望めました。



標識がありました。



笹丈も低くなり、気温が上がってきました。



笹森山への分岐地点が見えました。



分岐に到着しました。
単独の男性が休憩していました。
ここに湯森山の標識がありました。



本当のピークはもう少しさきなので、進むと再び標識がありました。



三等三角点:黒沢野です。



山頂には休憩場所がないので、さきほどの分岐に戻って休憩です。
戻ると単独の男性が居ませんでした。
男女岳が随分と遠くになりました。



(「その7」へ続きます。)

コメント

非公開コメント

プロフィール

管理人

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ