椿山(727m)

「椿山」は、札幌定山渓のさきの中山峠手前にあり、以前は三等三角点「北椿」があった無名峰です。
かって営林署ではこの山を「椿山」と名付けていたようで、今も林道の名前として残っています。
また三角点は、木材伐採の際に埋もれてしまった(?)ようで、現在は単に標高点のみが残る山というか、山稜の一部でしょうか。
ほぼ長い林道歩きとなるため、降雪前の晩秋の時期を狙っていましたが、何年も時期を逸し、ようやく今年、歩くことができました。

目指す奥定山渓林道は、中山峠の1km手前に入口があります。
国道から緑の回廊という看板が見えるのでわかりやすいと思います。



進むとすぐにゲートがありました。
鍵は開いていましたが、ナンバーを知りませんで、閉じ込められるのを避け、ゲート前に邪魔にならないよう駐車して出発です。



目指す椿山は、林道入口より低い標高なので、歩き出すとずっと下り調子になります。


山菜採りの忘れ物でしょうか、カッパが木にかけられていました。



まだ新しい倒木処理の場所がありました。



倒木に落書きがありました(笑)。
懐かしい落書きですが、今の若者たちもわかるかな?



進んでいくと分岐があり、左に「駅逓の沢林道」が伸びていました。



古い解放されたゲートがありました。



ひらけた地点で狭薄山を望めました。



さらに進んでいくと、また左手に北椿林道が分岐していました。



心配していた熊の落としものもなく、林道歩きに飽きた頃、分岐が見えてきました。



Co728地点が椿山林道の入口でした。



椿山林道を少し進んだところの土場のような場所があり、木が植樹されシカよけ柵が設けられていました。



すぐに分岐があり、左の中山5号へ進みます。



中山5号林道を進んで、GPSで確認してピーク近いところで藪に取り付きました。



藪は意外と歩きやすい藪でした。
伐採でブルが通っていたせいでしょうか。



木々がなく、ひらけた地点が椿山の山頂でした。
三角点の標石はもちろんありませんでしたが、テープ類もありませんでした。
さすがにこの山を目指すもの好きは少ないのかもしれません(汗)



帰路はほとんど上りで、往路よりもきつかった(汗)
ひらけた地点で札幌岳(左)も見えました。



無事に駐車地点に戻りました。
ゲートの鍵が開いたままでした。
林道がしっかりしているので、鍵が開いていれば、取付き地点まで車で行けそうです。

下山後、今年10月末で営業閉鎖となる渓流荘で汗を流しました。
定山渓付近で好きな温泉がなくなるのは寂しいですね。
今度はどこへ行こうかな。



この日のGPSログです。



お疲れさまでした。

○所要時間 2018/09/29(土) 往路〔1'45〕復路〔1'41〕
(内訳)往路:林道入口(16)駅逓の沢林道(18)北椿山林道(46)椿山林道(16)取付(9)山頂
    復路:山頂(6)取付(19)椿山林道(41)北椿山林道(19)駅逓の沢林道(16)林道入口

コメント

非公開コメント

プロフィール

管理人

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ