白馬山~朝日岳縦走第一日目その4

(「その3」から続きます。)
受付棟の入口にかわいい看板がありました。



受付棟の右となりはレストランです。



荷物を置いて、軽身になって白馬岳へ向かいます。



少し進むと二股になりましたが、先行者にならって右方向へ。



ザレと岩のミックスからザレ場になりました。



白馬開山の祖、松沢氏のレリーフがありました。
このような先人の方々の努力によって今日の登山道や山小屋があるのですね、感謝。



一瞬ガスが取れ、白馬岳が見えました。



振り返ると白馬山荘も見えました。



再び山頂への登山道と合流です。



山頂までもう少しです。



ようやく白馬岳に到着しました。
今年はテント泊登山をしていないので、重い荷物で結構ヘロヘロになりました。



一等三角点です。



方位盤には沢山のコインが・・・。



白馬岳の反対側がスパッと切れ落ち、危険です。



白馬岳山頂はガスで眺望はありませんでしたが、休憩していると隣の旭岳が見えました。
この山には残念ながら登山道はありません。



30分以上山頂にいましたが、ガスが取れそうもないので諦めて下山です。
白馬山荘へ戻る途中、ライチョウに出合いました。



子ライチョウは草の中です。



白馬山荘に戻って、宿泊受付をして、レストランでビールで祝杯です。



この日は50人くらいの宿泊者数で夕食は全員集合でした。



GPSログです。



夕方から雨となりました。
お疲れ様でした。

○所要時間 2018/09/02(日) 登山時間〔4'47〕
(内訳)往路:猿倉(55)白馬尻小屋(1'41)葱片(1'36)村営頂上小屋
                        (20)白馬小屋(15)白馬岳

コメント

非公開コメント

プロフィール

管理人

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ